【2020プロ野球】ペナント終了!お疲れさまでした!

f:id:tureture30:20201115112045j:image

 

セ・リーグがレギュラーシーズンの全日程を終え、

無事に幕を閉じました。


120試合、

ホントによくもまぁできたものです。

陰で奮闘して下さった方がたくさんいるのでしょう。


今年は半ばあきらめていましたが、

私も2試合に参戦することができました。


どちらも別の友人と行ったのですが、

口々に「やっぱり野球っていいよね」との感想、


コロナ禍での野球、

とてもいい経験でした。


我がスワローズは前半こそ奮闘するも、

後半は希に見る大失速で、

終わってみればダントツの最下位、

 

それも2年連続です。


「新監督初年度は強い」

「下馬評の低い年は強い」


そんなジンクスはどこ吹く風、


前半の強さに夢を見ただけ、

ファンの失望は大きいシーズンとなりました。


失速の原因は「層の薄さ」

これに尽きます。


序盤は水物の打線をけん引した、

坂口や山崎、西浦、それに山田哲人

不調に陥るや否や代わりの選手が出てきませんでした。


調子が悪くても使い続ける。

代わりの選手がいないからなのですよね。


投手陣はさらに悲惨、


先発投手がゲームを作れずに、

中継ぎ陣に負担がかかり、後半は投壊状態でした。

序盤リードをしていてもひっくり返される。

どうしたら勝てるのかわからない状態、


7-0から逆転された試合は象徴的です。


FAでの主力流出濃厚、

進む野手の高齢化、


どこから手を付けたらいいのかわかりませんが、

真っ先に意識を変えないといけないのは、

フロントと指導者でしょう。


ドラフトでの育成枠4人指名、

人気選手を容赦なく戦力外にするなど、

編成への意識改革が見て取れます。


やはり「勝てるチーム」でないと、

ファンも選手も気持ちが離れてしまいます。


「劇薬」が必要な時期なのかもしれません。


さて、スワローズはさておき、

残すはパ・リーグのCSと日本シリーズです。


今年の巨人は見事なチーム作りをしました。


育成選手や下位指名選手の躍動のみならず、

ウィーラー、高梨をピンポイントで当てる。

悔しいですが、

原全権監督の手腕によるところが大きいでしょう。


ただそれ以上に、

ロッテの優勝を目指す姿勢が素晴らしかった。

スワローズが見習うべきはこの姿勢です。


ソフトバンクが来れば素直に巨人を応援しますが、

ロッテが来た場合はそちらを応援したいと思います。


野球ファンの皆さん!

1年間お疲れさまでした!