「初めて同士でしたい女性」からメッセージが届いた話

f:id:tureture30:20201121080051j:image

 

少し前の話になるから時効だということにして、

ブログのネタにさせていただく。

もし当事者から要請があればこの記事は削除する。


このブログを投稿しているTwitterのほうに、

ダイレクトメールが届いた。


内容はいたってシンプルに、

「はじめまして、フォローありがとうございます」

そんなものだったと記憶している。


私にとってTwitterは、

ほぼブログ記事拡散の用途でしか使っていない。


だから基本的にフォローされたら、

無条件でフォローバックをしている。


失礼ながら、

そのメッセージをくれたお相手のアカウントは、

全く拝見していなかったのだけれども、

メッセージをいただいたものだから初めて確認してみた。


するとどうやら、

「処女をもらってくれる人を募集しています」

ということらしい。


きれいな女性の写真でもあれば、

その時点で「釣りだな」と思うのだけれども、

写真どころか年齢など情報は一切ない。

そして「初めて」の相手には厳しい条件が設けられている。


「初めて同士じゃないといけない」というものだ。


ツイートを見てみると、

「お金を払ってしてもらうしかないのかな」など、

割と真剣に悩んでいるみたいだ。


それにフォローしているアカウントは、

「童貞」だということを公表しているものばかり、


私も男だし性欲はある。

初めて同士は望むところだったので、

正直なところ数分間悩んだ。

そして「リスクが高すぎる」と放置した。


しばらくして確認してみると、

どうやらアカウントはなくなっているようだった。

 

この手のものは釣りばかりだけれども、

これは割とガチだったのかもしれない。


話はこれで終わるのだけれども、

「初めて同士」

女性でもそれを望むことに驚いた。


経験がないことを焦る気持ちはわからないでもないけれど、

多くの女性は自分が初めてならば、

相手にはリードして欲しいのだろうと思っていた。


逆ならば割と聞くことはある。

「処女じゃないとダメ」って、

女性に対する「支配欲」から来るものだろう。


私にその属性はないけれど、

気持ちはわからないことはない。

 

だけれども、

この年でそんなことを言っていたら完全にアウトだ。

もはや2次元でしか生きていけなくなってしまう。


「私の童貞」


全くの「コンプレックス」でしかなかったけれど、

そこに対する需要があると言うことだ。

本件は「童貞じゃないとダメ」って人が一定いることの証明になる。


相手はどこぞのお嬢様かはわからないし、

マダムかもしれない。

はたまた単なる「美人局」かもわからない。


だけれども、

単純に「おもしろいな」とは思った。

 

f:id:tureture30:20201121082838j:image


なるほど、

ついに女性が強くなって、

「童貞」に価値がある時代になったのか。

 

どうやら、

時代が私に追いついてきたようだ。


私の「初めて」を巡って、

繰り広げられる女性たちの骨肉の争い。


「私のために争わないで!」って、

私はオロオロしながらそれを止めに入り、

はじき出されると「キャッ」と地面に倒れこむ。


そんな私を見た女性たちは、

「大丈夫かい?」とこぞって手を差し伸べる。


なんとも気持ちが悪い。

そんな時代が来るのだろうか。


ドラマ『#リモラブ』での衝撃的なシーン、

 

食事中のアクシデントに対応するべく、

女性が席を立つと同時に鳴る彼女の携帯電話、

着信相手の表示は「セフレくん」


それを見て固まる男性陣、

その中にはお忍びで付き合う彼氏もいる。


戻ってきた彼女に対して、

必死に取り繕う男性陣、


それを見た彼女は、

「私にはセックスフレンドがいます」って、

「そんなに驚くほどのことでしょうか?」って、

会社の人たち(彼氏を含む)に堂々と宣言した。


なんとも女性が強い時代になったものだ。

 

これからの未来は、

「体目当て」の女性というものが、

言葉巧みにかわいい男の子たち(成人)をさらっていくのだろうか。

 

「体目当てだったの?」

別れ際にそう言って涙する男性たち、

 

「やり逃げ」「ヤリモク」

もはや男の特権ではないのかもしれないな。

 

女性の身体的リスクは相変わらずあるけれど、

暴力を行使しない草食男性が増えて、

経済的自立に伴い、

「選ばれる立場」ではなくなった女性が増えて、

男女同権という名の男性差別の時代になっていくのかな。

 

だいぶ話が飛躍した。

 

私が感じているのは、

身体的優位を行使しない男性にとって、

女性に対して優位な部分はほとんどないということ、

 

少なくとも私の周りでは、

強かに居場所を奪い合う女性たちがいるし、

周りに皺寄せが来るほどに、

産中・産後の特権を遺憾なく使用している。

 

そのくせ「男らしさ」は相変わらず求められて、

当たり前のように責任は押し付けられるし、

ニコニコしながら優しく仕事を教えてもらうこともないし、

女性と違って少しばかりの体調不良は考慮されない。

 

もちろん身体的特性は見えない部分が多いから、

理解に努めようとは思うけれど、

パニック障害を患った私にとっては、

不定期に襲う自律神経の不調と向き合うことは日常だし、

強かな女性たちに「優しさ」という名のおやつとして食い物にされてきた。

 

私は女性が好きだ。

それと同時に女性を恐れている。

 

社会要請に呼応して、

ますます女性の権利は拡大するのだろうけれど、

「か弱い男性」の存在も、

どうか忘れないでほしい。