「痛み」や「苦しみ」を誤魔化すことなく、どこかで向き合っていかないといけない

f:id:tureture30:20201126084616j:image

 

なるべく考えないようにしていた。

直近の「痛み」や「苦しみ」について、


それどころか、

誤魔化そうとしていた。

「傷ついてなどいないんだ」って、


だけれども、

その「痛み」は、

その「苦しみ」は、

確かに私の中に蓄積されているのだ。


私の前から去っていった、

10個年下の「晴れ女」さん、


去年の「雨女」さんとは対照的に、

会う日はいつも「晴れ」だった。

 

日の光の暖かさに包まれて、

時折吹く秋風を心地よく感じながら、

並んで散歩をする時間が楽しくて、

その時だけは話題が尽きなかった。


だけれども、

向かい合って食事をしている時、

その時ばかりはどうもギクシャクしていた。

 

おそらく、

お互いそのことには気づいていたのだろう。


4度目の約束、

「私も楽しみにしています」

その言葉を最後に返事は途切れた。


「このまま終わりたくない」


そんな思いから再度確認の連絡をする。

「このまま会い続けるのは少し違うと思う」

そんな返事が来た。


そうして終わった。


私の中にも「迷い」はあった。

「私は相手の若さに惹かれているだけなんじゃないか」って、

そんなことばかりを考えていた。


だからそれを盾にして、

このダメージを無かったことにしようとしたけれど、

そんなことはできないのだ。


地上最強の矛で突かれたわけではないけれど、

おそらくこの「痛み」は、

地上最強の盾でも防ぐことはできない。


「矛盾」


「私も楽しみにしています」

彼女の言葉の裏にある感情に薄々気が付きながらも、

私はそれを考えないようにしていたのだ。


人は都合のいい生き物だから、

都合のいい方向にばかり進もうとする。


その先に「望むもの」があればいいのだけれども、

私の場合はいつも奇跡的に、

その逆を選ぶのだ。


チャンスを前にしては尻込み、

ポジティブに進めば手に入ったかもしれない幸せ、

ここ4年間で何度もそれを逃してきた。


二分の一のように見えて、

二分の一ではないのだろう。


私の頭の中の「こじらせ回路」が、

無駄に勤勉に働いて、

いつだって「不正解」を選び出す。


「不正解」


少なくとも今は「不正解」

まだ「痛み」を感じているから、


思い返してみると、

私はいつから「痛み」と向き合っているのだろう。


動いた分だけ傷は増える。

大小様々あるけれど、

私はどれだけの傷を負えば気が済むのだろうか。


「もう立ち上がれない」


そう思っても立ち上がる。

傷だらけになりながらも、

新たな傷を負うために立ち上がるのだ。


どれだけ業が深いのだろうか。

私はどれだけ業が深いのだろうか。


「痛み」や「苦しみ」と、

どれだけ向き合えば報われるのだろうか。


だけれども、

向き合うしかないのだ。


消化しない限りは、

どこまでも追いかけてくる。


少しづつ、少しづつ、

受け入れるしかないのだ。


2度目に会ったときは、

1度目にはしていないリップをつけていた。


3度目に会ったときは、

2度目と同じ服装だった。


「私も楽しみにしています」


言葉とは裏腹に、

既に気持ちは離れていたのだ。


いつだって手遅れ、

私の「恋愛」はいつもそうだ。