「手に入らなかったもの」に思いを馳せるたびに心が疼く

f:id:tureture30:20201129075726j:image

 

思い出したくもないのに、

ふとした時に、

ふとしたものに触れて、

ふと思い出してしまう。


思い出したら最後、

思考を停止することなどできない。


私は「自省的」だ。


「傷」をしっかりと「傷」として、

自分の心に刻み込む。


だから私の心は傷だらけで、

傷のないところを探すほうが難しいくらいだ。


だから、

私にとっての「自分と向き合う作業」


必然的にそれは、

「自分の傷」と向き合うものになる。


作家の話なんかを聞いていると思うのだけれども、

とことん自分の内面と向き合って、

それを絞って絞って絞り切って、

そうして作品を生み出している。


その中には当然、

「傷」もあれば「恥」もある。


綿矢りさ『インストール』

確か執筆当時、女子高生だった彼女、


その彼女の作品に出てきたシーン、

 

どうでもいいおじさんと、

オンライン上で卑猥な言葉をやり取りする女子高生、

その最中の身体的変化を表現する、

唐突に表れた「濡れた」という官能的な一言、


学生時代に一度だけ読んだ本だけれども、

少しだけお姉さん、

自分と大して年の変わらないうら若き乙女が綴る、

そのたった3文字は、

今でも頭に残るほど印象的だった。


「自分の脳内をさらけ出す」


作品なんてものは、

途方もないくらいに、

それを繰り返した先にできるもの、


そういう作業を重ねてきた人の言葉には、

なんだか魅力的な響きがある。


だから私がこうやって、

ブログに「恥」ばかりを書き綴っていることは、

ある意味では「自分」になるために、

もがいているということなのかな。


綿矢りささんがテレビに出ているのを見て、

この「濡れた」という言葉を思い出す私、


ふとした時に、

ふとしたものに触れて、

ふと思い出してしまう。


記憶というものは厄介なものだ。


一度染みついた印象は、

なかなか消えてはくれないのだ。


「傷つく」


多くの女性から、

そんな鮮烈な印象を植え付けられたものだから、

その印象はそう簡単に消えてはくれない。


「傷が疼く」

 

嫌いなあの子と、

似ている芸能人がテレビに映るだけでも、

疼いてしまうのだ。


ポルノ動画の女優さんが、

「過去の痛み」と似ていた場合は最悪だ。

だから最近は海外のものばかりを見ている。

 

だなんて、

そうやって向き合うことを避けている限りは、

いつまで経っても、

この「傷」は疼き続けるのかな。