「真剣に相手を探しています」の「真剣」って何だろう

f:id:tureture30:20201209073549j:image

 

「婚活」の謳い文句としてよく見かける言葉、


「真剣に相手を探しています」

「真剣な方のみお願いします」


私は男の立場から見ているので、

見えないところがたくさんあるのだろうけれど、

おそらく「体目的」

遊び感覚のアプローチをする男がいるのだろう。


そういう人を避けるための防衛策、

それが「真剣」という言葉なのだ。


「真剣」


そう謳っているくせに顔写真すら出さないで、

無駄にキラキラした写真たちとプロフィール、

人となりは全くわからない。


「真剣」


便利にそういう言葉を使っているけれども、

当の本人は「真剣」に相手と向き合っているのかな。


積み重なる「いいね」に翻弄されて、

とりあえずマッチングしてはみたものの、

場合によっては何度も会って、

毎日連絡を取り合っていても、

他の男と天秤にかけたり、些細な違和感で切り捨てる。


「真剣」だと書いて関係を進めたくせに、

人とは「真剣」に向き合わない。


「どの口が「真剣」と言っているのだか」

そう思うことが多々あった。


結局、人は都合の良い生き物だから、

自分が「受けた」辛さや苦しみは必要以上に主張する癖に、

自分が「与えた」辛さや苦しみには気が付かないのだ。


私はお断りをするにしても、

合理的な判断基準を設けて、

できる限り「誠実」であろうとしてきた。


どのような出会いであっても、

画面の向こう側にいる人は生身の人間、

そういう視点を忘れたら人として終わりだと思うから、


だけれども、

その考え自体が婚活という「戦場」には合わないのかな。


結局「婚活」なんてものは「弱肉強食」で、

死屍累々の上に築かれた、

たった一つの幸せを享受するシステム、


「うまくいった」という結果以外はゴミなのだ。

そして「うまくいった」という結果すら勘違いかもしれない。


それでも人は希望を求めて群がる。


所詮、社会は需要と供給、

「ニーズ」があるからビジネスとして成り立つ。

人の欲望を食い物にした「ビジネス」なのだ。


「真剣に相手を探している」


そう謳っている人で、

私から見て「真剣」だと感じた人に出会った試しがない。


いや、そう書いていなくてもアプリ自体で、

「真剣」だと感じた人に出会った試しがないな。


結局みんな「結婚がしたい」と思いながらも、

そこまで「結婚がしたい」と思っていないのだ。

 

そして婚活なんて恋愛の下手くそ同士の集まりだから、

うまいこと先に進む方が稀だ。

 

もちろん私もその一員なのだけれども、

 

それにアプリだと少しでも気に入らなければ、

ボタン一つで切れる関係だ。

「真剣」に向き合う事とは対極にある。

「お手軽」この上ない出会い。

 

そこで「真剣」だなんて主張したところで、

それはただのパフォーマンスでしかない。

 

もはや何かしらの強制力が働かないと、

未婚率は増える一方だ。


「結婚して子供がいる家庭」


そっちのほうがマイノリティになったら、

きっとそういう家庭は生き辛い世の中になるんでしょ。

 

そうやって、

自分がうまくいかないからって、

未婚の正当性を探っているのだ。

 

ゼクシィのCMで話題になったフレーズ、

 

「一人でも幸せに生きられる時代に、

私は誰かと生きることを決めました」

だっただろうか。

 

人類は生殖活動やスキンシップによる幸福感よりも、

大きな快楽を得られるものを発明しすぎたから、

その結果として滅びることになるのかな。

 

女性たちは自立して、

「選ばれる側」から「選ぶ側」に立場を変えた。

そのくせ「恋愛」というシステムは旧態依然のままだ。

 

そんなことはどうでも良い。

私の知るところではない。

 

確かなことは一つ、

私は「婚活」には向いていないのだ。