男性における「間接的性被害」について

f:id:tureture30:20201210060908j:image

 

私の属性は「童貞」


決して「非モテ」ではないと、

これまでの体験を綴ることで、

自尊心にATフィールドを張っているけれど、

どう考えても私は「性的弱者」だ。


「直接的な性被害」


時代とともに性癖が歪んできたのか。

それとも認識が広がって被害が公になることが増えたのか。


近頃は「男児」に対する「イタズラ」

そういうものが目に付くようになった。


そういうことをする加害者にとって、

満たしたい欲求は「性欲」よりも「支配欲」


以前どこかで読んだ記事で印象に残ったものがあった。

「痴漢」加害者男性の多くは痴漢行為の最中に勃っていないらしい。

(どうやって調べたのかは知らないが)


多くの場合で「女性」は身体的弱者、

だからターゲットにされやすい。


だけれども「弱者」

「加害者ども」にそうみなされれば、

性に関係なく「直接的な被害者」になりうるのだ。


前に小柄な後輩女子と繁華街でご飯を食べに行った時、

やけに尖がった服装をしていたので指摘すると、

彼女は「こういう格好していないと舐められるんですよ」と言っていた。


彼女は「ミニモニ」に入れる身長と、

中身はヤンキーだが普段は「ゆるふわ系」な容姿の持ち主、


バイト先では「キモい男」から、

興味を引くための雑ないじりをされたり、

過去にはストーカー被害に合ったりと、

何かと苦労しているらしい。


彼女の性格は知っていたから、

その言葉に引っかかる部分はあったけれど、

私にはわからない苦労なので、

「君にも問題があるんじゃない?」という言葉を飲み込んで、

「大変だね」と率直にそう伝えた。

 

f:id:tureture30:20201210061438j:image


話が逸れたけれど、

「性被害」

それは強姦やそれに準ずるものだけではない。


「生きづらさ」

それも含めて「性被害」だ。


そう主張したら、

おそらく多数の女性から賛同を得られるだろう。


その「生きづらさ」


それを「間接的な性被害」と呼ぶならば、

身体的強者である「男性」においても、

この被害は大いに受けている。


女性は社会的な生き物だから、

男性と比較して多くの「コミュニティ」を形成する傾向が強い。


つながりの強弱は問題ではないのだ。

そこに「属していること」

それにより一定の「居場所」を得る。


そしてそれを「武器」に変えて、

「群れ」で強者に立ち向かう。


いわゆる「互助作用」

「私が助ける代わりに私のことも助けてね」


みんながそうとは言わないけれども、

そうしたコミュニティを駆使して、

それを対抗手段として社会という荒波を乗り越えるのだ。


以前こういう記事を書いた。

tureture30.hatenadiary.jp


冒頭に書いた通り、

私は「性的弱者」なものだから、

「トリックオアトリート」と言われるがままに、

「優しさ」という名のおやつを渡しては、

気が付くと手元には何も残っておらず、

搾取されていたことに気が付く。


女性たちの「草刈り場」なのだ。


女性たちは「女性としての自尊心」を満たして、

多少の罪悪感と共に意気揚々と私のもとを去っていく。


そして分が悪くなると、

「私は何も悪いことはしていませんよ」って、

手のひらを返したように友好的に迫る。


私がそのような態度を受け入れないと、

一方的に悪者にして集団攻撃を仕掛けてくるのだ。


それが彼女たちの生存手段、


私が暴走して攻撃してきても、

それに対抗するためのリスクヘッジ

身を守るために必要なことなのだろう。


こうして私は「間接的な性被害」を受けている。


「男」というだけで、

「しおらしくしている女性」には勝てないのだ。


いくら理路整然と正当性を論じたところで、

そんなものは「女性の涙」の前では無意味なもの、

マシンガンに刀を持って立ち向かうようなものだろう。


「集団」という無数の弾丸を避けて、

ようやく攻撃の機会が訪れる。

多くの場合はその前にハチの巣だ。

 

f:id:tureture30:20201210061844j:image


「男らしさ」


それは、

どこか「自分の力」だけでやり遂げる。

そんな風味を帯びている。


数で優位に立つよりも、

タイマンで負けない力、

それを追求するのが「男らしさ」なのだろうか。


比べて女性は手段を選ばない。

勝ちさえすればなんでもいいのだ。

加えてそれを「正当化する術」に長けている。

 

どうも、

都合が良すぎて涙が出てくる。

出てくるのは何の価値もない「男の涙」だけれども、


「直接的な性被害」はさ。

まだまだ女性のほうが圧倒的に多いだろう。


だけれども、

その加害者なんて、

男全体からしたらほんの一握りだ。


それにも関わらず関係ない男にまで、

「過剰防衛」なんじゃないのかな。


だからひとたび自身の不誠実さが引き起こしたことにまで、

「正当防衛」に使うべき武器を取り出して、

数の暴力で理不尽になぎ倒す。

「己の不誠実さ」と向き合うことなどしないのだ。


ただ「しおらしくして」被害を訴えれば、

所属するコミュニティが何とかしてくれる。

 

何度もそういう場面に出くわしたけれど、

そういう女性の性質には反吐が出る。


女性であることが特権なのだ。

権利ばかりを主張して、

自分の「生きづらさ」ばかりを主張して、

相手の「生きづらさ」を理解しようとは思わない。


挙句の果てには「正当化」

「私は悪くない」

そうやって「のうのうと」生きているのだ。


「自分の不誠実さ」に蓋をしていないでさ。

少しは向き合ったらどうなの?


その場はそれで済んだところで、

今後も同じように数の暴力で解決するのかな。


だから「舐められる」んじゃないのかな。

恰好ばかり尖ったところで中身はスカスカなんだから、


「生きづらさ」


そこに性差は間違いなくある。

だから理解し合うことは難しいけれど、

それを放棄して「自分さえよければ良い」

そういう解消の仕方に未来はあるのかな。

 

私は嫌いなあいつのことを、

「人として軽蔑」し続ける。

 

いつも自分は安全なところから、

強かに狡猾に加害者のくせに被害者面をして、

周りを味方につけようとする「あいつ」のことを、


私の「女性不信の病理」はそこにあるのだろう。


「女性」

私はまた一括りにして敵視しているな。


これまでに受けた「不誠実さ」を集合させて、

「憎しみを向ける先」を作り出しているのだ。


手放したくても手放せない。

どうにかならないものか。