人を笑かすことが好きだ

f:id:tureture30:20210115060446j:image

 

私の変わったところの一つ、

私は人を笑かすことが好きだ。


悪意からくるものでなければ、

「笑いものになる」ことも苦にならないどころか、

「おいしい」と思っている。


前にも書いたかもしれないけれど、

中学時代のエピソードだ。


体育会系の部活、

自主練の時に伝統の「後輩いびり」があった。


「おもしろいことをやれ」

先輩からそういう命令をされるというもの、


周りの仲間たちは「最悪だ」と、

陰で口々に言っていたけれど、

私はそれが苦でははなかった。


その天然でつかみどころのない芸風は、

先輩たちにも概ね好評だったと記憶する。


私は芸人気質なのかもしれない。

「ゆりあんれとりぃばー」にシンパシーを感じているくらいだ。


「笑いを生み出すこと」


もちろんTPOはわきまえないといけないけれども、

「意識すること」の一つに加えてもいいのかもしれない。


人は笑顔になりたいのだ。

このような世の中だから尚更だ。

だから面白い人のところに人が集まる。


難しい顔を崩さない。

そういう人だって不器用なだけ、

本当は笑顔になりたいのだ。


「Giver」

与える人は人からも与えられる。


「施されたら施し返す!恩返しです!」

きっとまだまだ世の中はそういう風にできているのだろう。


難しい顔、浮かない顔、疲れた顔、

知らず知らずのうちに毒をまき散らしている。


笑顔になりたければ、

人を笑顔にすればいい。

それが巡り巡って自分の笑顔につながる。


なんとも簡単なことだ。

 

「好意の返報性」

 

よほど事情がない限り、

人は好意に対しては好意を返す。

 

だけれども気をつけなければならない。

人の善意を食い物にするような、

そんなサイコパスもいるのだ。

 

基本は「いい人」でいればいい。

だけれども「都合のいい人」にはならない。

誰かの評価に自分の価値を委ねるからそうなる。

 

自分の価値は自分で決める。

 

そのことさえ忘れなければ、

失敗して笑い者になることだって、

意外と「おいしい」のだ。

 

隠そうとするから面倒なことになる。

自分から失敗を開示すれば笑いになる。

 

なんとも簡単なことだ。