好き好んで「自分の頭の中を晒す」変人

f:id:tureture30:20210124091429j:image

 

前にも書いたけれど、

はっきり言ってブロガーは変人が多いのだろう。

ましてや長く続けているほど変人だ。

 

そうすると900日も毎日投稿している私は、

かなりの変人ということになる。

 

始めてからもう少しで3年だ。

とても長い3年だった。

10年生きた分に匹敵するくらいはあると感じる。

 

病気で「下手したら死ぬ」と言われたし、

20人近い女性たちと出会いを重ねた。

 

ジェットコースターのように、

心を揺さぶられてばかりの期間だった。

 

私のブログ、

 

収益を得ようとも思っておらず、

大した目的もなく続けている。

 

強いて言えば、

「自己承認欲求を満たすため」

そのために続けているのだろうか。

 

書き留めることによって、

より「濃く生きる」という効果は実感している。

 

そして、

「人を笑かすことが好きだ」と自負しているから、

何か反応があると嬉しいのだ。

 

ブログを開始した当初は、

毒ばかりを吐き出していた。

自分の投稿した記事を吐瀉物と呼んでいた。

 

今はだいぶ毒気を抜かれてしまって、

書きたいことも概ね書き尽くして、

アウトプットに私のアップデートが追いついていない。

 

「芸術の到達点は人間讃歌」

少し前にそんな記事を書いた。

 

tureture30.hatenadiary.jp

 

とても芸術とは言えない代物だけれども、

私のブログも少なからず「人間賛歌」に向かっているのかな。

 

以前算出したところ、

私は文庫本にして20冊以上の分量となる記事を書いている。

そろそろどこかに到達してもいい頃なのだろう。

 

1000日連続更新に向けての期間は、

ブログの集大成のように感じている。

 

テーマは「私と世界との関わり方」

それは開始当初から一貫しているつもりだ。

 

私は世界とどう折り合いをつけていくのか。

一つの答えが導き出されるのかもしれない。

 

ハードルばかり上げてしまって、

大した結論も出ずに終わってしまうかもしれないけれど、

それはそれでいい。

 

私は変人、

そして変態、

頭の中を晒す「露出狂」だ。

 

自分のためにブログを書いている。

これまでも、

そしてこれからもきっと、

 

自分を気持ち良くさせてあげればいい。

 

そうすれば、

世界は今日も輝いて見える。