デート代の男女負担割合について

f:id:tureture30:20210211125646j:image

 

相手との関係性にもよる。

そして正直なところ相手に対する本気度にもよる。


私は童貞だけれども、

この手の金銭感覚は人並みであるつもりだ。


自分で自分のハードルを上げたうえで、

表題の考察をしてみる。


昨年まで婚活をしていたものだから、

休止していた期間を除くと、

実質10ヶ月ほどで17人の女性たちと出会いを重ねた。


デート回数で言えば、

述べ30回弱に及ぶと思う。


知人から紹介された人もいたけれど、

多くはアプリでの出会いだ。


カジュアルな婚活、

気に入らなければすぐに切れる関係、


多くは途中で音信不通となり終わる。


冒頭に書いた通り、

多くの男性からすれば、

「相手による」というのが正直なところだろう。


先日はてなブックマークに掲載されていた記事、


これによると、

世代が若ければ若いほど、

デートは「割り勘」だと考える女性が増えるようだ。


生きてきた時代によるのか。

女性が経済的に自立する時代に向かっているという、

一つの証左と言えるのだろうか。


私が会った方は20代~30代、


基本スタンスとして、初回は全額出すつもりでいる。

相手から拒まれない限りは2回目以降も多めに出している。


さすがに「おごってもらうのが当たり前」

そういう人は一人もいなかった。


そして確かに若い人ほど、

「割り勘」を好む傾向があるとは感じた。


年の差があるからと、

毎回当たり前のように支払っていると、

「いつも出してもらっているから」と、

コーヒーをご馳走してくれたりもした。


別の方からは、

お手洗いの隙に会計を済ませると、

明らかに不機嫌に「払いますよ」と言われたこともある。


逆に、年上の方だったけれど、

「就活中だからこれでいいですか?」と、

向こうから少ない金額を出してきた人はいた。


その時はありがたく頂戴したけれど、

もともと全額出すつもりではいても、

そう言われると萎えてしまう。


「女性の価値観」は、

時代と共に変化しているのかな。


「スマートに支払いを済ませてくれる」よりも、

「自然と割り勘の流れになるような振る舞い」


そういうものが求められているのかもしれない。


「養ってもらう」のではなく、

家事も育児も仕事も分担して「共生」する。


「稼ぎの良い人」よりも、

「居心地の良い人」


単に「デートでの支払い」という、

男女関係に一端に過ぎないけれど、

そこに「理想像」が隠されているのかもしれない。


かと言って、

安易に男性の方から「割り勘でいい?」と提案すると、

相手を幻滅させてしまうという。


そこにもっていくまでの演出、

なんとも難しいものだ。


もちろん「居心地が良くて稼ぎもいい人」

そうであれば女性からすれば万々歳、


そう考えると、

相手に気を使わせることなく、

支払いを済ませるスキル、

そういうものが必要になるのかな。


結局は「おごる」に越したことはないのだ。

求められる要素が複雑になっただけ、

 

求められるものは増えていく。

 

女性が経済的に自立すればするほどに、

男に対するハードルは上がるのだ。


男はつらいよ