「1000の記事を書くこと」にどれだけの価値があるのか

f:id:tureture30:20210304062214j:image

 

先日1000記事投稿を達成したわけですが、

これにどれだけの価値があるのか。

 

結論から申し上げますと、

「プライスレス」です。


なんて書くと、

この時点で読むのをやめる方が8割ほどでしょうか。

 

少し考察してみます。


確かホリエモンさんだったかと思うのですが、

個として尖がった存在になるために、

複数の要素を掛け算して「100万人に一人」の存在を目指せと主張されていました。


今は個性がお金になる時代、

全体の100万人に一人の存在と言うだけでインフルエンサーになり得る。

そんな主張だったかと思います。


その観点から考察して、

ブログで1000記事投稿することにはどれだけの価値があるのか。


それを独断と偏見でフェルミ推定してみようと思います。


まず日本発のブロガー数です。


2008年の総務省データですが1690万ブログが存在したとのこと、

そのうちアクティブブログは300万ほど、


そしてあるブロガーさんの2017年の調査では、

個人ブロガーの平均ブログ運営数は2.7個とのことです。


実感としてはかなり多いですが、

中央値で見るとおそらく低くなるのでしょう。

10以上運営している方が平均を引き上げているものと思われます。


算出したいのはブログ経験者数ですので、

1690万/2.7ブログ=約626万人

日本人口の約5%がブログ経験者と算出できます。


こちらを参考にさせていただきました。


印象としては妥当なところでしょうか。

私の周りでは「ブログ書いています」って人ほとんどいません。

私も周りの誰にも言っていませんが、


そして2009年のデータですが、

同じく総務省の調査によるとブログの1年継続は30%、3年継続は3%とのこと、

3年継続していても1000記事となるとほぼ毎日投稿しなければなりません。


そうするとさらにハードルは上がります。

調べてみても1000記事を達成したブログ数と言うデータはないのですよね。

 

なので1%と推定、


これを掛け合わせるとと5%かけ1%=0.05%、

2000分の一となります。


一つのブログで1000の記事を投稿したブロガーは、

日本人の2000人に一人くらいでしょうか。


そう考えると100万人には程遠いですが、

まずまずのバリューになりそうですね。


これが連続1000日更新となると、

更に数は絞られそうです。


ネット上で何か商売をするつもりはありませんが、

客観的な根拠として自信につながるということで、

考察してみました。

 

エビデンスが古いのと独断を含んでいるので、

参考程度にと思います。