新感覚ビール「アサヒ ビアリー」というものが出るらしい

f:id:tureture30:20210327083108j:image

 

1000以上の記事を書いているが、

お酒のことをメインに取り上げた記事は初めてかもしれない。


20代の頃はザルのように酒を飲んでいた私だが、

一度メンタルをやってしまってからはめっきり弱くなった。


ここ最近は自粛で飲みに行く機会もないものだから、

たまにオンラインで飲み会をしたりすると、

自宅だという安心もあってか缶を2本も空ければ相当酔ってしまう。


そんな中で面白い商品が発売されるようだ。


従来のビールであれば5%程度のアルコール、

この「ビアリー」は10分の1の0.5%らしい。

単純計算10本飲んでも1本分しか酔わないことになる。


記事によると、

今の時代、欧米では「スモールビール」という、

低アルコールビールが流行っているらしい。


たまにノンアルコールビールを飲むことがあるけれど、

どれをを試してみてもおいしいと感じたものはなかった。


苦味は確かにビールなのだけれども、

口に残る酸味というか余韻が足りないのだろうか。

とても買ってまで飲もうとは思わなかった。


それにアルコールとの相関関係があるのかはわからないけれど、

少しアルコールが入っているというだけで、

味も大きく変わるのかもしれない。


なんとも楽しみな商品だ。


週に一度あったかどうかの晩酌の頻度、

ここ最近は2,3度に増えている。

世相の変化やしみじみと年を重ねた結果なのか。


髪には白いものがいくつか見えてきて、

鼻毛にまで白いものをみつけてしまった。

私も立派に「おっさん化」している。


このまま頑固で気難しい方向に進んでいくのは、

勘弁してほしいところだ。


「私と世界との関係」は何も変わらなくても、

私はどんどん年を取っている。


一晩で日本酒を一升空けていた私が、

低アルコールのビールを楽しみにしているのだ。


私の体はどんどん変わっていくのだな。

ここ数年で急激に衰えを実感する。


反面、直感は鋭くなるばかり、

いらぬストレスが増えすぎている。


さて、たまったストレスを発散するために、

ふるさと納税の返礼品として届いた北海道のチーズを肴にして、

身の丈に合ったアルコール量でリラックスするとするか。