【プロ野球2021】田口麗斗!移籍後初勝利!しかもカープ森下に初勝利!

f:id:tureture30:20210420222905j:image

 

ヤクルト2-1カープ

 

勝ちました!

この勝ちは大きい!

 

田口は移籍後初勝利です。

好投を続けるもなかなか勝ちがつきませんでした。

試合後に見せたガッツポーズには痺れました。

 

実はこの試合は先発を見た瞬間厳しいと思っていました。

スワローズはカープの森下に勝てないんですよ。

 

去年から5試合ぶつかって4敗、

1試合は勝敗つかずと一度も勝てていません。

しかも防御率は0.78でしたからね。

 

1試合平均で1点も取れていないことになります。

これではどう考えても勝てない。

 

しかも大学時代に投げていた神宮球場が大の得意なのですよね。

 

奥川を取っていてなんですが、

森下こそヤクルトに来るべきだったのにと思うくらいにやられています。

ホントFAしたらヤクルトに来て欲しいくらい。

 

しかし、その森下、

前に登板した阪神戦では初めてなくらいの大崩れでした。

 

これはワンチャンあるか。

田口ならば勝てるかもと淡い期待の中での戦いでした。

 

結果としては森下には相変わらずやられるも、

チーム一丸で泥臭く1点をもぎ取る勝利!

 

決勝点は天才・川端慎吾の代打タイムリー!

去年もサヨナラを打っていますからね。

腰はボロボロで守備につかなくてもここぞの一打が光ります。

 

全て代打で6打数3安打2打点です。

代打は試合感のないところから打席に入るので、一般的に率は悪くなるのです。

その中でのこの勝負強さは驚異的!

まさに代打の切り札です。

 

投手陣も安定していますね!

田口が6回を1失点に抑えて勝利の方程式へ!

9回の石山は3者三振の快投です!

 

接戦を物にできているのが大きい。

 

去年のスワローズだとエース格が相手だと打ち崩せないばかりか守備ポロから集中途切れて大量失点みたいな負け方が多かったですから、

今年はしっかりと投手戦を物にできています。

 

さて、新外国人のサンタナは初戦から2軍で強烈なホームランを放ったみたいです。

同じく巨漢のオスナにメジャーでリリーフだったサイスニード、

実績のある元ソフトバンクのバンデンハークも合流しました。

 

青木も戻り、伏兵の松本友や打撃開眼ぽい元山も一軍で結果を残しています。

急に層の厚くなったスワローズ!

 

ここからは1軍枠を争う熾烈な戦いとなりそうです。

チーム内競争がないとチームは強くなりませんからね。

 

このまま上位争いに食い込んで欲しい!

今年は行けそうな気がします!