「努力」の方向性

f:id:tureture30:20210422063330j:image

 

生きているだけでも「努力」は必要だ。


「頑張っていない」


そうやって卑下してはいても、

人は心のどこかで「自分の努力」を認めていて、

それを誰かに「認めて欲しい」と願っている。


それぞれ程度の差はあるけれど、

「努力していない人」なんていないのだ。


だから鍵となるのはその「方向性」だ。


その「努力」の先にあるものが、

果たして「理想」へとつながっているのか。

その点はよくよく吟味する必要がある。


「ブレないこと」が正しいこともあれば、

「方向転換」が正しいこともある。


先のことなどわからないのだ。


だから「大事なこと」は、

「自分で選び取っているか」ということ、


敷かれたレールを歩いていてもいい。

だけれども、そこを「主体的に歩けている」のか。


一世一代の大勝負に出てもいい。

だけれども、その先何があっても「人生に責任をとれる」のか。


結局のところはさ。

「主体的に生きているかどうか」なんじゃないのかな。


どれだけ努力をしていても成果が出なくて、

人生に嫌気がさしているのならば、

きっとそれは「成果」に振り回されている証拠、


「主体的」に生きているようでも、

その実「主体的」ではないのだ。


暗闇の中を手探りで進むような時期があったとしても、

手足を縛られて身動きが取れない状態だとしても、

「生きること」に主体的でありさえすれば、

きっとどこか「喜び」が湧き上がってくるはず、


進んでもいいし、

進まなくてもいい。

時には「後戻り」が必要なこともある。


だけれども、自らの意思でそれを選び取っているのか。

それ以上に大事なことはないんじゃないのかな。


「努力」の方向性、


どれだけ先に進んでも、

そこに「喜び」がないのであれば、

「理想」へとつながる実感がないのであれば、

もしかしたら「誰かに人生をやらされている」のかもしれない。


色々な立場や責任があるけれど、

可能な限り、自分を解放してあげて、

「喜び」につながる道を模索する必要があるんじゃないかな。


「生きること」に喜びがなければ、

何のために生きているのかわからなくなってしまう。

 

もっと「主体的に生きたい」

おそらくその先に「幸せ」があるはずだから、

 

「自分の選択に責任を持つ」

そのことだけは忘れずにいたい。