2021年のゴールデンウィークはヤバい

f:id:tureture30:20210504225342j:image

 

ひとまず5連休の最終日、

私は「何のために生きているのだろう」と感じる日々だった。

 

ランニングをした。

生活に必要な買い物をした。

実家に入り浸った。

ずっとゲームをしていた。

溜まっていたドラマを見た。

本を読んだ。

 

それくらいだ。

 

ご飯を食べたり、食べなかったり、

泥のように眠って、起きたら画面を見る。

起きている時間の半分くらいはデジタルに触れていたのではないか。

 

だから頭痛が酷いのだろうか。

「デジタルデトックス」が必要だ。

 

あまり体調は良くない。

ほとんど出かけてもいないのに、

いや、ほとんど出かけていないから、か。

 

自粛になればなるほどに、

デジタルに支配されていく。

私の生活はこれでいいのだろうか。

 

スマホゲームが元凶のようだ。

自粛が始まりテレワークで時間ができた1年ほど前から本格的に始めたゲーム、

気がつけば生活を侵食しているようだ。

 

何度か記事にしているけれど、

適度なゲームは「簡易なやりがい」を与えてくれる素晴らしいツールだ。

 

tureture30.hatenadiary.jp

tureture30.hatenadiary.jp

tureture30.hatenadiary.jp

tureture30.hatenadiary.jp

 

だけれども、そこに「生きがい」を求めてしまったら、本末転倒になってしまう。

ケチな私は課金こそしないが、この連休で毎日5時間くらいはゲームをしていたのではないか。

 

冷静に考えるとヤバい。

そろそろ向き合わなければならないのかもしれない。

 

予想はしていたけれども、こんなにも不毛な連休になるとは思わなかった。

政府の方針に照らせば理想的な連休の過ごし方だったのだろうけれど、はっきり言ってヤバい。

 

コロナ禍が続いて疎遠になった友人も多い。

この連休は野球でも見に行きたいと思っていた時期が懐かしい。

 

なんだかヤバくないか?

去年のゴールデンウィークは、今年よりは充実していたように思う。

 

コロナ禍、

 

特に私のような独り身は、精神的に荒廃していく気がする。

この年で既に社会から孤立しているような気すらする。

 

意味もなく、やることもなく、実家に充電器とスマホタブレットを持ち込んで、ただゲームをしているだけでも、誰かがいることに安らぎを感じる。

 

自覚していたけれども、

私は「寂しがり屋」なのだ。

 

家賃は無駄だし、将来の予定もないし、

いつかは家を継ぐ予定なので実家に戻ろうか。

 

結婚は遠のくかもしれないけれど、今よりも余計に貯金して、親に対する責任を十分に果たせればそれでいいのかな。

でも、平均寿命まで生きるならば、どうせ最後は1人で長いこと生きていくことになるのか。

 

ライフステージをすぐに進めることはできないけれど、何か孤独を埋めるためのおすすめの方法があれば、是非とも教えてもらいたい。

 

感染はしていなくても、

もはやコロナ禍に蝕まれているな。

 

今日一日は有意義に過ごしたい。