「許す」と言う選択をした場合の感情の着地点

f:id:tureture30:20210512072955j:image

 

始めは相手が一方的に悪かったとしても、

感情がもつれてしまった場合、

時を経れば経るほどに「どちらか一方が悪い」と言うことはなくなる。


言わば「許せない自分」

そういう類の罪悪感が顔を出すのだ。


「許す」


それは簡単なことではない。

度し難い迷惑をかけられて、傷つけられて、

一生消えない傷を負うこともある。


それでも「許す」


「許せない自分」と向き合っていくうちに、

なんだか自分のほうが悪いんじゃないかって思えてくる。


「ユルセナイ」


顔を出した罪悪感を押し戻すように、

相手に対する怒りを燃やしていくうちに、

その感情は心の奥底にこびりついて、

やがて「憎しみ」という名のプラークに変わる。


先細の歯ブラシで丹念に磨いたところで、

なかなか落ちてはくれないのだ。


「許す」と「ユルセナイ」を繰り返していくうちに、

心はどんどん疲弊していく。


「許す」ことのほうが大変だから、

心はやがて「憎しみ」の引力に吸い寄せられて、

「ダークサイド」へと落ちていく。


こうしてアナキン・スカイウォーカーは、

ダース・ベイダーになってしまったのだ。


「許す」には覚悟が必要、


自分に生まれた「罪悪感」を糧にして、

相手に「歩み寄りの姿勢」を見せる必要がある。


もしくは究極に「損得勘定」に身を委ねることか。

「許す」「許さない」に思考のリソースを割くことはどう考えても無駄だ。

だから「損得勘定」で「許す」

その後は相手に一切何も期待しない。

最も無駄のない対処法だろうか。


そうやって割り切れればいいけれど、

なかなかそうもいかないのが「感情」というもの、


やはり多くの場合、

「許す」には大きな苦しみを伴う。


苦しんで苦しんで苦しみぬいた末に、

「自分にも悪いところがあった」

そこにたどり着いて相手に対する情状酌量が生まれる。


だから「許す」ためには「罪悪感」が必要なのかな。


「怒り」と「罪悪感」のバランスが等価に近づいてはじめて、

人は「許すこと」ができるのかもしれない。


そう考えると「心」というものは「不確か」なように見えて、

紐解くと実は合理的なものなのかもしれない。


「感情の出所」に思いを馳せて、

冷静に立ち止まってみると、見える景色は変わるのだ。


「感情的になった方が負け」

 

「許す」ためには、冷静であることが不可欠、

「相手に対する憐れみ」と自分の中に生み出された「罪悪感」

そういうものが緩衝材となって、初めて「許す」ことができるのかな。