自由な人

f:id:tureture30:20210619072413j:image

 

何物にも縛られない。

困難に直面してもそれを「成長の糧」として楽しめる。


そんな人が「自由」と言えるのだろうか。


人は「楽しむため」にこの世に生まれてきた。

そのはずなのに、人生は苦しいことばかり、


環境に引っ張られて、

現状に不満ばかりを募らせて、

そのくせ一歩を踏み出す勇気すらない。


いつまで経っても「辛い」「苦しい」「思い通りにならない」

そんな愚痴を心の中に溜め込んで、

いつだって軽く絶望しながら生きている。

 

そうこうしている間に「持ち時間」はどんどん減っていく。

今日一日だって、貴重な「待ち時間」

 

あまりにも長すぎるように感じても、

「死」を身近に感じたときに気がつく。


時は限られているのだ。

時は待ってはくれないのだ。

 

そんな当たり前のこと、

あまりにも簡単に忘れて生きている。


自分を「自由な人」にしてあげられるのか。

それとも鎖につなぎとめてしまうのか。


それは自分の心ひとつ、


目の前には「無限の可能性」が広がっているのに、

二重にマスクをして、サングラスまでして、

おまけに飛沫防止のついたてまで立てて、


「今は自粛だから」だなんて、

「臆病」の言い訳づくりに躍起になってさ。


おかしくて惨めで笑えてくる。


難しいことばかり考えていないでさ。

飛び込んでみたらいいんじゃないの?


きっと何とかなるし、

それだけの経験は積んできたんでしょ。


自嘲する割には自信があるくせにさ。

傷つくことが怖いからって「予防線」ばかり張り巡らせて、

自分で張った「予防線」で身動き取れなくなっていたら世話はない。


ダメだったらダメだったでさ。

別に死ぬわけではないんだから何とかなるでしょ。


「損をしたくない」だとかって、

そんなことばかりに囚われてさ。

「楽しみ」を見逃しているんじゃないのかな。


私はここしばらく、

「心を自由にしたい」と思って生きてきた。


そのためには、

「先のこと」ばかりに不安を感じないで、

「過去」にばかり引きずられないで、

「今」の気持ちを大事にしなければいけないはずなのに、

ビクビクと見えない何かに怯えながら、

自分の心を縛り付けてきた。

 

体は前ほどうまく動かないし、

いつまた自律神経がバカになるかわからない。

 

だけれども、そんな自分に全く満足をしていない。

このままで終わって良いとは思わない。


不安はたくさんあったとしても「楽しそう」と思える方向へ、

どんどん進んでいけばいい。


「主体的であること」

それが人生を楽しむための秘訣なのだ。

 

いつでもどこでも「主体的な人」

そういう人が「自由な人」なのかな。

 

私はそうありたい。