強くてニューゲーム

f:id:tureture30:20210624060157j:image

 

確か『クロノ・トリガー』というゲームに出てきた概念だ。


ゲームを一度エンディングまでクリアした後に、

強さはそのままで初めからやり直す。


今流行りの「異世界転生もの」なんてものは大体こんな感じ、

死ぬことで手にしたチート能力を元手に、転生先の異世界で英雄になったり、悠々自適に暮らしたりするという筋書きだ。


最近思うこと、

なにも「異世界に転生しなかった」としても、

経験を積むほどにこれに近い状態になっていくんじゃないのかな。


今いる場所を一歩抜け出してみたら全く通用しない。

そんな経験しか積んでこなかったのならば、環境が変わった時に侘しい思いをするだけだ。


人生100年時代と言われて久しい。

セカンドライフは「おまけ」ではなくなってきている。


そこでのQOLをあげないと、

「満たされた最後」というものを迎えることは難しいのだろう。


色んな場所に顔を出してさ。

首を突っ込んでみてさ。

たくさん経験をしてみればいい。


ここ最近の私は「コロナ禍」で停滞感に苛まれているからか、

「変化」に対してポジティブに捉えている。


新しいことがあれば手を挙げて、

うまくいかなかったら次につなげて、

その繰り返しで経験値を貯めていくのだ。


私は決して始めてやることでもうまくこなせる天才でない。

だけれども、コツコツと積み重ねた経験値を上手いことステータスに割り振る力はそれなりにあると思っている。


私みたいなタイプは回数こなさないと精度は上がっていかない。

だから地道に原資を増やしていくしかないのだ。


余裕があるときこそ挑戦するチャンス、

少し前までは手持無沙汰なくらいに余裕があった。


「ちょうどいいストレス」


折れてしまわないくらいの絶妙のストレス、

自らにそれくらいの課題を与え続ける。

その繰り返しの中で「成長」というものがあるのかな。


今回の私、

少し動いてみたら、大きな渦に飲み込まれてしまった。


環境は大きく変わりそうだ。

気が付くと地球の裏側に飛ばされてしまったような気分だ。


かなりギリギリのストレスだったようにも思うけれど、

何とかメンタルをやってしまうことなくここまでたどり着いた。


ここからはまだ2つも3つも山が残っている。

最初の山を越えただけ、

私自身がさらに成長していかなければいけないと強く感じる。


「強くてニューゲーム」


これまでの私はそれなりに経験値を重ねてきた。

持っていた「装備」は手放さないといけないかもしれないけれど、

レベルはそのままで新しい環境に飛び込むことができる。


「装備」に頼って生きてきたわけではない。

むしろ「装備」を使いこなせるように自分を鍛えてきたつもりだ。


だからここから先は「強くてニューゲーム」


新しい環境に飛び込んだとしても、

私の中に積み重なった経験値は奪われない。


必要なステータスは変わってくるだろうから、

足りない部分の補強はしつつも、通用する部分を武器にして、まずは信頼を勝ち取るしかないのだ。


この年での転職、

求められるものが大きいことはわかっている。


だからこそのチャンス、

もう一回り大きくなるためのチャンス、

甘えてしまうことの増えた今の環境から飛躍するチャンス、

人生を楽しむためのチャンスなのだ。

 

そう捉えて進んでいこう。