侍JAPAN!悲願の金メダル!村上の先制にして決勝本塁打!

f:id:tureture30:20210807222719j:image

 

日本2-0アメリ

 

やりました!

オリンピックでは初となる悲願の金メダルです!

 

準決勝では山田哲人が試合を決めて、

この決勝では村上宗隆がグッと勝利を引き寄せました!

泳がされながらも気持ちで運んだ先制にして決勝点となる一発、

両投手が好投を続ける中で試合を優位に運ぶ一打でした。

 

スワローズの二人がJAPANにおいても大活躍!

存在感を示しました。

 

同じくスワローズのマクガフは日本戦では二つとも失点、

日本にとっては助かりましたが、ファンとしては少しかわいそうに思います。

 

それでも両チーム死力を尽くしました。

韓国も強かった。アメリカも強かった。

そして日本が一番強かった。

無敗での金メダルと文句なしの王者です。

 

いやぁ、稲葉監督!

本当に良かったですね。

召集も采配も散々叩かれていました。

こちらには見えない事情もたくさんあるのでしょう。

 

最後は見事な継投で無失点!

難しい局面からの代走・源田、

そのままサードに入り村上はファーストへ、

用意していたオプションが機能したように思います。

 

不振でも4番に置き続けた鈴木誠也にも決勝戦ではマルチヒットが出ました。

チーム一丸で勝ち取った金メダルです。

 

MVPを挙げるならば「山田哲人」と言いたいところですが、やはり「甲斐拓也」でしょうか。

 

好調の打撃のみならず、捕手としてチームを支え続けました。

ブルペンに直接電話をする姿はシーズンでは見られないもの、

とても印象的でした。

投打の要として陰に陽に苦労は絶えなかったことでしょう。

 

※追記

公式では山田哲人がMVPに選出されたようです!

また一つ新たな伝説が加わりました!おめでとう!

 

さて、これからプロ野球は後半戦、

共に戦った仲間たちがそれぞれのチームに戻り熱戦を演じます。

後半戦はさらに盛り上がりそうですね!

 

日本の投手陣、

本当に頼もしかった。

しかし、スワローズにとっては後半戦は敵として立ちはだかります。

そう考えると恐ろしい。

 

スワローズからも日本代表の投手が出てきて欲しいです。

ケガがなければ、防御率0点台で無双を続けていた近藤弘樹なんかはチャンスがあったかもしれないのですけどね。

 

奥川や金久保、高橋など、若手で楽しみな投手が出てきました。

山田、村上、マクガフに続いて欲しいです。

 

何はともあれ!

侍JAPANの金メダル!

おめでとうございます!!

 

最高のチームでした!

本当にお疲れ様でした!