Mr.Children「Documentary film」に考えさせられる

f:id:tureture30:20210812081647j:image

 

昨年、アルバムに先駆けてミュージックビデオが話題になった楽曲、

 

冒頭から意味深なナレーションで始まる。

 

見聞きしたことすべてを記憶してしまう少女、

一日が立つと記憶を失ってしまう少年、

その二人の物語、

 

少女は「記憶に追われること」を疎ましく思い、

少年は「記憶が蓄積しないこと」が悩みだ。

二人の記憶を共有するものは1冊のメモ帳だけ、

 

「人は経験を信仰する生き物」

私がたびたび使う表現だ。

 

そうだとするならば「経験が蓄積しない人」は何を拠り所に生きていくのだろう。

そんなテーゼを突き付けられたような気がする。

 

「今この時を生きる」

その繰り返しが人生だ。

 

だから「今この瞬間」にも人生はある。

もしかしたら人は、そんな簡単なことを忘れて生きているのかもしれない。

 

過去に縛られて、未来にばかり思いを馳せて、

「今の気持ち」を後回しにして生きているのかもしれない。

 

「経験」を蓄積した先にあるもの、

それは「今の気持ち」だ。

 

過去から紡がれてきて、今、この時に浮かぶ気持ち、

それこそ「大事にしなければならないもの」なのかもしれない。

 

「忘れられない少女」と「覚えることのできない少年」

 

対照的な二人だけれども、

心はつながることができる。

 

サビにある、

「誰の目にも触れないドキュメンタリーフィルム 」

 

それぞれの人生という「Documentary film」を紡いでいく中で、

少しでも気持ちをつなげることができる人と、

あとどれだけ出会うことができるのだろう。

 

「たいせつなともだち」

それは、心を通わせることのできた相手を指す言葉なのだ。

 

 

Mr.Children「Documentary film」

youtube