「ヒーローになりたい。ただ一人君にとっての」というフレーズに思うこと

f:id:tureture30:20210909072444j:image

 

何が「ヒーロー」だ。

何が「ただ一人」だ。


断っておくが、私はミスチルのファンだ。

この記事にアーティストや曲を貶す意図はない。


「ヒーロー」への憧れ、

言い換えればこれは「幼稚的全能感の集大成」だ。


子供の頃は無限の可能性が広がっているように思えるから、

自然と憧れは大きなものに向いていく。


テレビの中のあの人たち、

圧倒的な存在感のスポーツ選手、

引いては二次元のキャラクターにまで飛び火する。


「天上のない世界」

それは子供が子供であるために必要なものだ。


だけれどもどこかで挫折を味わうたびに、

どんどん天井は頭上へと迫ってくる。


やがて膝を曲げないと窮屈になり、

場合によっては立つことすらできなくなることもあるだろう。


それでも人は、床と天井に挟まれて、

自分の「居場所」を確保することすらままならなくなっても、

「ヒーロー」への憧れを捨て去ることはできないのだ。


「どこかで誰かの役に立ちたい」って、

心のどこかでそう願い続けているのだ。


だから「ヒーローになりたい」


「ただ一人 君にとっての」

それが最後の「妥協」なのだ。


人の「自意識」

それまで時間をかけて積み重ねてきたもの、


だからどんなに非合理的で無駄なものだったとしても、

それを簡単に捨て去ることはできないのだ。


「ヒーローになりたい」


どんなにそれをバカにしたところで、

どこか心の奥底に残るむず痒さ、


それは「ヒーロー」に憧れているという証拠に他ならない。


こんなにボロボロになった男としての自尊心を抱えながら、

それでもやっぱり私も「ヒーローになりたい」


ただ一人、誰かにとっての、

きっとそれが「最後の砦」なのだ。


私はいまだにきっと、

「努力は報われる」と信じているのかな。