従業員が辞めないシステム

f:id:tureture30:20210911091109j:image

 

転職して身の置き場所を変えてみて感じることがある。

 

やはり大きな企業ほど、

「従業員を辞めさせないシステム」が出来上がっているのだ。

 

入社時のオリエンテーションで、

普段は関わりのない部署の気さくな方がかけてくれた言葉、

 

「ますをさんの部署は、少なくとも自分が入社してから誰も退職していないと思いますよ。だから安心してじっくりと働けば大丈夫だと思います」

 

その方も中途だというが、おそらく10年くらいは努めている。

 

なるほど「辞めないシステム」ができているのだな。

私はそれを聞いてそう感じた。

 

外資系はまた話が違うのだろうけれど、

私の勤め先ではガチガチの日系企業というか、

「終身雇用」を謳うような仕組みが充実している。

 

昇進昇格の機会は比較的年功序列で、

勤続年数が増えるほどに退職金、年金は充実する。

私の歳からでも定年まで勤めようものならば、

国の示した基準額と比較してもお釣りがくる。

 

ガチガチの管理体制が敷かれており、

何をするにも申請→承認のフローを通さなければならない。

 

手が空くことのないように、従業員はデイリーで業務を管理され、

こまめに進捗報告を求められる。

 

労働問題が起こらないように、

空残業はもちろんのこと、打刻後の無賃残業はできないシステムになっている。

残業時間は厳しく管理され、与えられた業務量を時間内にこなすことを求められる。

 

中小企業では常態化している、

残業の多い部下よりも給与の低い「名ばかり管理職」という、

残念な逆転現象はなく、評価されて昇格すれば給与も十分に上がる。

 

そうやって従業員を飼いならしているのだ。

 

まだ転職して日は浅いが、

これまでとの違いを感じる機会は多い。

 

「自由はないが保証はしてくれる」

そんな印象だろうか。

 

「社会の歯車」として役割を果たしていれば、

金銭面での保証はしてくれる。

 

労働力の対価として賃金を得る。

非常に合理的で本質的、

遊び心の入る余地もない。

 

前の職場は「自由」だった。

 

立場上、企画力を求められる機会が多かったため、

役員クラスの方にプレゼンをしながら改革を進めていた。

 

その点が評価されていたから、

ある種、わがままを聞いてもらえたし、

立場に見合わないくらいの発言力もあった。

 

何度か記事にも書いたけれど、

その環境に「居心地の良さ」を感じながらも、

頭打ち「これ以上の成長を実感できない」との思いから、

新たな環境に身を置く決断をした。

 

身一つでのスタートだ。

私の思惑は成功して、慣れない環境に悪戦苦闘の日々を送っている。

 

あまりにも大きなギャップ、

慣れれば気にならなくなるものなのだろうか。

 

「会社に利益をもたらしてくれ」というザックリとした要求から、

「これをやってくれればいい」という限定された要求への変化、

 

もちろん評価されて立場が変われば求められることも変わるのだろうけれど、

あまりのギャップに困惑する部分は大きい。

 

慣れるしかないのかな。

 

「自由」は与えられた役割をこなす中にこそあるという、

いわゆる「良き市民たれ」という監視型のパノプティコン的思想、

ルールさえ守っていれば安全なのだ。

 

ずっと記事を書いてきて、長年の読者の方ならばわかると思うが、

私はそういうものに対して割と「取り込まれたくない思い」が強かった。

 

今感じている違和感は、私をどこに導くのだろうか。

 

暇なく仕事を与えられ続けて、

時間と業務を厳しく管理されて、

ルールさえ守れば生活の補償してくれる。

 

素晴らしい世界だな。

私は私のままでいられるのだろうか。