miwa『ヒカリへ』から感じる「生きる」ための力強さ

f:id:tureture30:20210916064019j:image

 

この曲は石原さとみさん主演のドラマの主題歌だった。

見てきた数あるドラマの中でも不思議と印象に残っている。

 

リッチマン、プアウーマン

 

石原さとみさん演じる、東大卒、高学歴で記憶力がずば抜けているものの、世渡り下手で就職が決まらないヒロインと、小栗旬さん演じる天才プログラマーベンチャー企業を立ち上げて大金持ちのIT社長、

 

全く性格の合わないところから始まって、徐々に距離を詰めていく二人、

諦めない「女性の力強さ」というものが際立つ作品だったと記憶している。

 

調べてみるともう9年も前のドラマらしい。

 

9年前の私、

まだバイタリティに溢れていた頃だ。

 

一番最初の会社に勤めていた頃、

ちょうど関連会社への出向が決まった時期だ。

あの頃も今と同じように慣れない環境に移る戸惑いを感じていた。

 

新会社を設立して第二期の派遣メンバーとして、

管理職だった先輩の後を引き継ぐ形、

 

私はまだ20代の若手、

振り返ってみると結構な逆境だったと思う。

 

力は不十分だったけれど、

それもなんとか乗り越えた。

 

結局そこで働いたのは3年だったけれど、

少なからず現在の糧になっている。

 

当時はそこから二度も転職するとは思ってもいなかったはずだ。

そして9年後も「独り身」どころか童貞を貫いているとは、

思っていなかっただろう。

 

人生はどうなるかわからないもの、

だけれども、積み重ねてきた「選択」の先に今があるのだ。

 

自分で選んできた。

 

どんなに理不尽な目にあったとしても、

選択肢がないように思えた場面でも、

そこには必ず「選択」があったはずだ。

 

その先の今、

そのことだけは忘れてはならない。

 

今の私の立ち位置は、

私が敢えて厳しい道を選んだ先にあるものだ。

 

私は私の力を過信していたのだろうか。

もしかしたらそうかもしれない。

 

だけれども、例えそうだとしても、

一歩を踏み出し続けるしかないのだ。

 

私は一日一日を積み重ねて、

それを「日常」にしていくしかないのだ。

 

いつだってそうだった。

環境を変えるたびにそうだった。

私はどちらかと言えば「変化のある人生」を歩んできたはずだ。

 

始めはうまくいかないこともあったけれど、

そのたびに適応してきた。

そして、いつもそれなりのポジションを確保してきた。

 

今回も大丈夫なはずだ。

 

『ヒカリへ』

 

久しぶりに聞いてみて「いい曲」だなと感じた。

miwaさんの声は好きだ。

 

音の外し方が絶妙な『441』という曲にハマっていたことがある。

 

小柄なのにパワフルで通る声、

大きなアコギを抱えて全力で歌う姿が魅力的、

 

その姿は勇気を与えてくれる。

 

「大丈夫、きっと大丈夫」って、

一日を積み重ねるための後押しをしてくれる。

 

「生きる」ための力強さが溢れているな。

なんだかそう思えた。

 

 

miwa『ヒカリへ』

youtu.be