「成り行き」に身を任せるということ

f:id:tureture30:20210920072108j:image

 

何か目には見えない大きな流れがあって、

それに抗うように生きていても、

もしかしたら、それはロスの多いサステナブルではない生き方なのかもしれない。

 

村上春樹さんは『ノルウェイの森』の中で、

主人公の性質を通してこれを「自分のやり方にこだわりすぎている」と表現していた。

 

私もそういう性質を持っていて、

それは歳を取るごとに強くなっていく。

 

心が耐えきれなくなり、

一度多くを手放した末にここまで辿り着いた。

 

だから今は割と自分のことを客観的に見て、

どこか自分を研究対象のようにしている節がある。

 

心の動きをつぶさに観察して、

こういうときの自分はこんな心の動き方をするのかと、

どこか別の視点から眺めているような時もある。

 

精神的と身体的、

一度ずつ死にかけたものだから、

心の振れ幅は小さくなったのかもしれない。

 

その小さな振れ幅に物足りなさを感じて、

「転職」という形で環境を大きく変えてみたけれど、

悪戦苦闘しながらも、口では「大変だ」と言いながらも、あまり振れ幅は大きく変わらないようだ。

 

慣れないことばかり、

できないことも多い。

期待されている水準からは程遠いだろう。

 

もちろん努力はしている。

だけれども、淡々と任されたことをこなしながらも、

どこかで予防線を張っている自分がいる。

 

「時間をかければなんとかなる」

「これまでの経験上、一定の立ち位置は確保できる」

「最悪、出来なくても死ぬわけではない」

 

そうやってどこか割り切っているのだ。

 

「必死で頑張る」とか、

「何がなんでもやるしかない」とか、

どうもそういうスタンスにはなれない。

 

少し前に記事にしたけれど、

これは「高揚感に身を任せられない」ということと同義なのだろう。

 

ここを変える必要があるとは感じている。

一つギアを上げて、キャッチアップに取り組まないといけない。

求められているものが想像よりもずっと高かったのだから、

 

この客観視、

 

ブログを通して身についたものだけれども、

これは私にとって「武器」であり「弱点」でもあるのだ。

 

このことに気がつけただけでも、

環境を変えた意味はあるのかもしれない。

 

今回の転職はキャリアアップ、

だけれども、私は私のことを過大評価していたのかもしれない。

 

「自分のやり方」を手放したと思っていたけれど、

気がつくと新しい「自分のやり方」に沿って生きている。

 

少なくとも今の状況では、

必死で食らいつく「前のやり方」の方があっているのだろう。

 

パッパッと自由に切り替えられるほど器用ではない。

それならば「出たとこ勝負」

 

「淡々とこなす」にしても、

「必死に食らいつく」にしても、

結局のところ、地道に積み上げていくしかないのだ。

 

環境が変わったことで、

前よりも「生きた心地」はする。

 

それをありがたく思いながら、

進めるところまで進むしかない。

 

そのうちにまた、

今の環境が「当たり前」になっているのかもしれない。

 

その繰り返しなのだ。