【プロ野球2021】スワローズ9連勝!球団新記録となる13試合負けなし!

f:id:tureture30:20210928221721j:image

 

ヤクルト4-0横浜

 

10連戦から一日休養日を挟んだのでどうなることかと思いましたが、勝ちをつなげることができました。

 

これで9連勝です!

そして4試合連続完封!

しかも13試合負けなしは球団新記録とのこと、

 

ここに来て勢いを増してきました。

この日は阪神、巨人が負けたので一歩リードです。

 

とにかく奥川が凄まじいですね。

これで7試合連続の無四球と8試合連続のQS、

抜群の安定感で8勝目を上げました。

 

しかもこの日は調子が良くなかったとのコメント、

それでも強力ベイスターズ打線を相手に6回を無失点でまとめるとは、

もはや「凄まじい」の一言です。

 

流石に新人王は栗林でしょうけれど、

二桁勝利も見えてくるという仕上がりぶり、

中10日ではもったいないくらいです。

 

今年のスワローズはその辺りは徹底しているので、

おそらく今年はこれでいくのでしょうね。

 

そうなると次は10/9の阪神戦、

大一番となりそうなカードでの登板です。

そしてその次も10/20は阪神戦、

ここに二つ奥川をぶつけて連勝して10勝となれば、

これまた「凄まじい」ですね。

 

10連戦を終えても先発が頑張ったので勝ちパターンを温存できていますし、

チームとしてはとても良い状態です。

 

このまま良い形で10/5からの上位6連戦に臨めるのが理想です。

 

しかしながら阪神も喰らい付いてきています。

これだけ勝っていてもゲーム差は1つしか離れていません。

 

勝率の差で実質は2ゲーム差程度となりますが、

3連戦3連敗で入れ替わりますからね。

直接対決はまだ5試合あります。

 

そして直接対決に分がある阪神はもちろんのこと、

巨人はなりふり構わず中4,5日のローテを組んできています。

 

5ゲーム差がつき一歩後退と見られがちですが、

優勝争いを毎年のようにしている経験値は侮れませんからね。

まだまだ油断は全くできません。

 

チームを鼓舞するベテランと伸び盛りの若手、

 

石川が好投して勝ち星を収め、

青木のグランドスラムで試合を決める。

ここ2試合は大ベテランの活躍で勝利をもぎ取りました。

本当にバランス良くチームが回っています。

 

優勝した2015年も終盤の結束感は凄かったです。

混戦にもつれ込んだなかで見事に差し切りました。

 

ここに来て石川に勝ちがついたり、

青木で試合を決めたり、

その時のような雰囲気があるのですよね。

 

連勝はいつかは止まりますが、

次のゲームは上位3チームとも勝ち頭の先発予定です。

落とすわけにはいきません。

 

とにかく小川で10連勝!

まずはそこに全力です。