言葉で人を惹きつけるセンス

f:id:tureture30:20220705080431j:image

 

その人が、その人らしく生きてきたか。

その人が、自分の言葉で話しているか。

そして、その人が本心からそのことを話しているか。

その辺りが重要なのだ。

 

人は、人の生き様に心を動かされる。

取ってつけたような社交辞令に心を動かされる人はいないだろう。

 

その人が差し出せるものを、惜しみなく提供する。

だから、人はその人の言葉に耳を傾ける。

そういうことなのだ。

 

若干のスキルやセンスは必要なのかもしれないけれど、語彙が少なくても、朴訥でも、心を動かされる話は決まって、その人の体験談だったりする。

 

人は誰しも脳内にアーカイブを設けており、そこに格納する知識に飢えている。

だから、その人にしか語ることのできない情報は価値を持つ。

 

テンプレ回答にうんざりして「このパターンか」と思うことは少なくないだろう。

 

我々は、言葉を都合よく扱うことでコミュニケーションを円滑に運ぶ術を身につけると同時に、表向きだけの関係に無駄な時間を割いているのだ。

 

私は「私の言葉」で話したい。

少なくとも、何かを代表するような場ではなく、自己責任で完結する場では、余計な駆け引きなどしたいとは思わない。

 

何のために目の前の相手と関係を結ぶのか。

「利害」のためだけではない。

相手への興味を全面に押し出して、相手の言葉に耳を傾ける。

そして、その言葉に対して、私の中から湧き出る言葉を提供する。

 

それを押し付けるのではなく、自分の意見として相手に伝えるのだ。

そうすると、相手も同じように少しずつうちから湧き出た「生の言葉」を提供してくれる。

 

表向きの言葉には潤滑油としての価値しかない。

その場を当たり障りなく過ごしたいのであれば、それも必要だけれども、そればかりに頼っていたら、ただ時間を浪費するばかりだ。

 

人と会うたびに、相手から何かしらの触発を受けたい。何かを学び取りたい。

私はそういう思いでいる。

 

そのためには、まずは自分から触発を与える言葉を提供したほうがいい。

それに呼応して、相手にもスイッチが入る。

 

「自己開示のメリット」

 

自分はこういうことを考えて、こういう思いで生きている。

それを相手に伝えることのメリットは、デメリットを軽く凌駕すると私は考える。

 

生き方に自信があればあるほど、その言葉は印象的に相手に届くだろう。

 

結局は、生き方が言葉に表れるのだ。

センスは、人に伝えたいと思うような生き方をする中で育まれる。

そして、言葉を伝えることにテクニックがあるのであれば、それは嫌味なく自己開示をするスキルなのかもしれない。

 

小手先だけで繕ったところで、

相手を惹きつけるものは「利害」だけ、

 

ビジネスではそれでいいのかもしれないけれど、プライベートまで、そんな対応を続けていて、何が楽しいのだろうか。

 

私はまだまだ人生を楽しみたい。

だから、人に話したいと思えるような生き方を目指す。

人に話すことで、さらに楽しくなっていく。

人との繋がりの中でしか、人が満たされることは難しいのだから。