言葉で人を惹きつけるセンス

f:id:tureture30:20220705080431j:image

 

その人が、その人らしく生きてきたか。

その人が、自分の言葉で話しているか。

そして、その人が本心からそのことを話しているか。

その辺りが重要なのだ。

 

人は、人の生き様に心を動かされる。

取ってつけたような社交辞令に心を動かされる人はいないだろう。

 

その人が差し出せるものを、惜しみなく提供する。

だから、人はその人の言葉に耳を傾ける。

そういうことなのだ。

 

若干のスキルやセンスは必要なのかもしれないけれど、語彙が少なくても、朴訥でも、心を動かされる話は決まって、その人の体験談だったりする。

 

人は誰しも脳内にアーカイブを設けており、そこに格納する知識に飢えている。

だから、その人にしか語ることのできない情報は価値を持つ。

 

テンプレ回答にうんざりして「このパターンか」と思うことは少なくないだろう。

 

我々は、言葉を都合よく扱うことでコミュニケーションを円滑に運ぶ術を身につけると同時に、表向きだけの関係に無駄な時間を割いているのだ。

 

私は「私の言葉」で話したい。

少なくとも、何かを代表するような場ではなく、自己責任で完結する場では、余計な駆け引きなどしたいとは思わない。

 

何のために目の前の相手と関係を結ぶのか。

「利害」のためだけではない。

相手への興味を全面に押し出して、相手の言葉に耳を傾ける。

そして、その言葉に対して、私の中から湧き出る言葉を提供する。

 

それを押し付けるのではなく、自分の意見として相手に伝えるのだ。

そうすると、相手も同じように少しずつうちから湧き出た「生の言葉」を提供してくれる。

 

表向きの言葉には潤滑油としての価値しかない。

その場を当たり障りなく過ごしたいのであれば、それも必要だけれども、そればかりに頼っていたら、ただ時間を浪費するばかりだ。

 

人と会うたびに、相手から何かしらの触発を受けたい。何かを学び取りたい。

私はそういう思いでいる。

 

そのためには、まずは自分から触発を与える言葉を提供したほうがいい。

それに呼応して、相手にもスイッチが入る。

 

「自己開示のメリット」

 

自分はこういうことを考えて、こういう思いで生きている。

それを相手に伝えることのメリットは、デメリットを軽く凌駕すると私は考える。

 

生き方に自信があればあるほど、その言葉は印象的に相手に届くだろう。

 

結局は、生き方が言葉に表れるのだ。

センスは、人に伝えたいと思うような生き方をする中で育まれる。

そして、言葉を伝えることにテクニックがあるのであれば、それは嫌味なく自己開示をするスキルなのかもしれない。

 

小手先だけで繕ったところで、

相手を惹きつけるものは「利害」だけ、

 

ビジネスではそれでいいのかもしれないけれど、プライベートまで、そんな対応を続けていて、何が楽しいのだろうか。

 

私はまだまだ人生を楽しみたい。

だから、人に話したいと思えるような生き方を目指す。

人に話すことで、さらに楽しくなっていく。

人との繋がりの中でしか、人が満たされることは難しいのだから。

甘いものが好きな人は「損害回避傾向」が強い

f:id:tureture30:20220704080941j:image

 

少し前に「ホンマでっか!TV」だっただろうか。

脳科学者の中野信子さんが、表記のことを述べていた。

なんだか、ふと思い出して不思議に思ったため、記事にしてみる。

 

「損害回避傾向」

 

新しいことに挑戦することを避け、安定した選択を好む。

短期的に見て、損をすることを避ける傾向、

というところだろうか。

 

要は、安定志向の人にはスイーツ好きが多い。

そんな理論のようだ。

 

印象としては、甘いものは脳の「報酬系」に作用して快楽物質を分泌するから、それを好む性質があれば、損害回避傾向が強い。

辻褄が合っているように思う。

 

しかし、「鼻先に吊るした人参」のように「ご褒美があるから走り続けられる」ということもあるのではないだろうか。

 

その「ご褒美」が甘いものであると、損害回避傾向が強いというのは、少し乱暴に感じる。

食欲の他にも、人間には短絡的な欲求はたくさんある。

 

そもそも人間誰しも、損害回避傾向は強いはず、

新しいことに踏み出すためには、多大な気力と労力が必要だ。

めんどくさいことはやりたくないから、それを避けようとすることは、本能レベルで人間の持ち合わせている性質だと感じる。

 

その先にある報酬を見据えて、めんどくさいけれどやらなければならなかったり、めんどくさいけれど後々自分のためになると思うからやる。

 

新しいことや、めんどくさいことに取り組む際の心理はそういうケースが多いのではないか。

 

そもそも、甘いものが好きではない人は、損害回避傾向が弱いのだろうか。

サンプルとして、真逆が真であれば説得力はあるが、その辺りは説明されなかった。

 

「新作スイーツ」というものが、次から次に開発されては消えていく。

損害回避傾向の強いコンシューマーをターゲットにして、次々と新しい商品を打ち出すスイーツ業界。

 

表記の通りであるならば、スイーツ業界は保守的である方が合理的なはずなのに、私の目にはそうは映らない。

 

安定志向の人にとって最も手軽に報酬系を満たすことができる手段が甘いものを食べることである。

そういうことであれば、多少なりとも説得力がある。

 

成功体験を掴んだり、異性との触れ合いで満たされるということは、それまでに努力をする必要がある。

甘味はお金さえ払えば、ハードル低く手に入れることができる。

それはあるのかもしれない。

 

スイーツは食べなくても生きていけるから、ご褒美的な要素が強い。

少々乱暴だが、スイーツに報酬を求める人は、手軽に自分に対するご褒美を与えたがる傾向にある。

 

そういうことなのかもしれない。

甘いものと、安定志向。

私にはその直接的な関連性があまり見出せなかったから、理由をつけてみた。

【プロ野球2022】史上最速でのマジック53点灯!

f:id:tureture30:20220703090746j:image

 

横浜1-2xヤクルト

 

ついにやりました!

6月中の点灯はなりませんでしたが、

好調の横浜を相手にサヨナラ勝ち!

これで横浜の自力優勝を消滅させてマジック点灯です!

 

これは2リーグ制に移行した後のプロ野球史上最速での点灯とのことです。

これまでの最速は1965年の南海ホークスが達成した

7月6日の点灯、

今回はそれを上回る7月2日での点灯です。

 

それだけ今年のスワローズは突き抜けています。

セ・リーグは2位の巨人が大失速で貯金ゼロ、

これで貯金のある球団は首位のヤクルトのみとなりました。

 

今年の交流戦ではセ・リーグが勝ち越していますからね。

それでも貯金を独占するというのは奇跡的です。

スワローズの突き抜け具合はもちろんのこと、今年のセ・リーグは2位以下の戦力が均衡しているのでしょうね。

 

これで2位の巨人とは13.5ゲーム差、

優勝はほぼ手中に収めた形になりますが、まだまだ半分近く残っていますからね。

全く油断はできません。

 

2008年阪神は、7月に2位と13ゲーム差をつけながら、歴史的なV逸を喫しています。

ここからも油断なく横綱相撲を続けてほしいところです。

 

さて、試合ですが、塩見がヒーローとなるサヨナラ打!

リードオフマンとして申し分のない働きをしつつも、ここぞで試合を決める一打を放ちますね!

 

もはや、間違いなく一流選手です。

打率も上がり首位打者を窺う位置につけました。

センターとしての守備も良く、盗塁ができ、さらに率まで高いとなれば文句のつけようがないですね。

 

2軍では突き抜けた活躍をするものの、

1軍ではなかなか結果を残すことのできない「2軍の帝王」と呼ばれていた期間を経て、

この塩見が昨年から大きく花開きました。

 

1番センターとショートの固定は、スワローズ長年の課題でしたが、今年は塩見の完全定着と長岡の台頭で、どちらも解消しています。

投手陣を含めた守備の堅さは、昨年の比ではありません。

その辺りが安定して勝ち続ける要因でしょう。

 

あとはサイスニードが今年はしっかりとローテを守っていますね!

安定した投球を見せています。

彼の持ち味は高めでも差し込むことのできる力強いストレート、

これを活かせている時のピッチングは安定感があります。

このまま最後までローテを守ってほしいです。

 

いよいよ、優勝に向けてのカウントダウンが始まりました!

時期としてはだいぶ早く、数字も大きなものですが、マジックを点灯させ続けてほしいです。

 

今年のスワローズはどこまで突き抜けるのか!

これからも楽しみです!

7月は予定が目白押し!

f:id:tureture30:20220702074631j:image

 

始まったばかりの7月だが、

既に休日の予定は埋まっている。

 

ちらほら空いてはいるが、

おそらくすぐに埋められてしまう。

 

誰に埋められるかって?

もちろん私の彼女にだ。

 

将来に向けて決めなければならないことだらけだから、彼女は次々に予定を入れていく。

何とも頼もしいパートナーだ。

 

もはや、私の秘書のように休日の予定を管理してくれる。

私は予定の時間に予定の場所に行けばいい。

 

そこで予定通りやるべきことをこなして、彼女にご飯をご馳走する。

それだけで彼女の笑顔を守ることができるのだ。

 

はじめは「二人だけの世界」だった。

そこから「同じ方向」を見て進むようになった。

 

だけれども、思えば私たちは、お互いに向き合う関係ではなくて、はじめから同じ方向を見ていたのかもしれない。

だから、新生活に向けて行動を起こしてからも違和感はほとんどない。

 

それどころか、私は彼女と周りの関係を微笑ましく思うし、彼女は私の対外的な姿勢を見て、頼もしく思うらしい。

 

もしかしたら私にとっての彼女は、

35億に広がる可能性の中でもトップクラスに相性が良い人なのかもしれない。

 

結婚に向けて進んでいるのに、いまだにプラトニックな関係を続けている。

しかも、そこにお互い違和感を感じていない。

おそらくそれは一般的ではないはずだ。

 

男女としての関係を通り越して、既に家族に近い関係にある。

ゲマインシャフトではなくゲゼルシャフト

関係の成り立ちが紹介だったのだから、その辺りはそうなるのだろう。

 

「割り切った関係」というわけではない。

お互いがお互いを人として大事に思っているし、適度に気を遣いながら過ごしている。

 

伊達に年を取ってはいない。

その辺りはちゃんと大人だ。

 

私も彼女もきっと、多くのところで他人に合わせることを苦と思わないのだろう。

お互いの「譲れない部分」は重なりが大きいから違和感がない。

そして、その他の部分では、お互いがお互いに寄り添うことができる。

 

何とも理想的な関係だ。

自分でも驚くくらいに相性の良い相手と出会えたことになる。

 

私と彼女は、この7月に大事なイベントをいくつも控えている。

関係はどんどん先に進んで行く。

 

暑い夏にも負けないくらいに、

熱く絆を結んでいきたい。

 

7月は大変だ。

でも、楽しみだ。

 

笑顔で「忙しい」と言い続ける時でありたい。

それくらい心に余裕のある7月を目指そう。

 

「流行りのアイテム」を片っ端から身につけている女子を見て思ったこと

f:id:tureture30:20220701082429j:image

 

先日電車で見かけた女子は、

「これでもか」というくらいに流行りのアイテムを身につけていた。

 

アームカバーに手持ちの扇風機、

動画をながら満員電車で周りをキョロキョロして、

まるで「私の振る舞いは間違っていないよね」

とでも言いたそうな目をしている。

 

流行りが一周回って昔に回帰するということはあるのだろう。

首から財布をぶら下げている幼稚園児のようなファッション。

暑いのに厚いものを身に待とうアームカバー。

オタクファッションと揶揄されたTシャツのインも今ではオシャレみたいだ。

 

周りと同じ格好をして、周りからはみ出さないようにして、他人を評価し、他人から評価される。

 

披露宴に呼ぶ友人のほとんどは、数年会っていないような人たち、

女子たちは、人の披露宴に参加した数だけ、自分の披露宴にも人を呼ぶ権利を手に入れるのだ。

 

「人間らしさ」

最近そのことについて考える。

 

機械的ではない不正確な「本能的なところ」を人間らしいと表現することが多いけれど、そもそも比較対象が機械になっていることは気にならないのだろうか。

 

他の動物と比べて人間はとても理性的だ。

だから、比較対象を動物にするならば「理性的」なところが「人間らしい」ということになる。

 

「人は社会的な生き物」

 

今、発達障害と呼ばれているものの多くは「コミュニケーション」に対する発達が定型ではないことを指す。

人は「空気を読むこと」を強いられて、そこから外れたら異端扱いされる運命にあるのかもしれない。

 

だから、冒頭の女子のように、周りをキョロキョロしながら、自分がいたんではないかを気にして生きる。

 

私はその女子の姿を見て、

「電車に乗っているだけなのに大変そうだな」とそう思った。

 

若ければ若いほど、未来に対して高い理想を持つ。

その「理想」が実は厄介で、自らの行動の枷になることは多い。

 

その厄介なものを、どれだけ若いうちに血肉に変えることができるかで、その後の人生は大きく変わるのかもしれない。

 

「信念は諸刃の剣」

 

何度も書き続けてきたことだけど、

信念は自らを傷つける刃にも変わる。

 

妥協しないことが美学だと思って、とんでもないところに辿り着いてしまうと、気がつくと一人ぼっちだったりもする。

 

自らをとことん追い込んでたどり着く場所。

そこにたどり着いた喜びを分かち合う相手がいないのであれば、その価値は半減してしまう。

 

結局のところ、人は人の中でしか生きることはできないのだ。

だから、周りのことを気にする必要がある。

しかし、その傍でアイデンティティを確立しなければ、誰の人生を生きているのかわからなくなる。

 

だからバランスが大事、

自分らしく生きられるバランスを模索しながら、チューニングを怠らない努力が必要なのだ。

 

環境に合わせて、自分も変わらなければならない。

その繰り返しでたどり着いた場所が、自分らしく輝けるものであれば、おそらくチューニングは間違っていなかったのだろう。

 

人に揉まれて、

人に育てられて、

人は生きていく。

 

そして気がつかないうちに、

人を育み、

人と繋がり、

人と感情を分かち合っている。

 

だから、冒頭の女子にとっては、

「流行りのアイテム」もまた、

そのためのツールなのかもしれない。

 

生き方は人それぞれだし、

同じ人でも時と共に変わっていく。

 

彼女は彼女なりに、

自らのバランスを探り当ててほしいと思う。

 

そして、私も常にバランスをとり続ける。

何度も地殻変動が起きている最中だ。

 

いつだって足元はグラグラしている。

その中を、力を抜いたり、力を入れたりしながら、

ちょうどいいところを模索している途中だ。

 

いつまで経ってもバランスをとり続ける。

それが「生きる」ってことなのだろうか。

 

続・「漠然とした忙しさ」の正体

f:id:tureture30:20220630072301j:image

 

前にこんな記事を書いた。

tureture30.hatenadiary.jp

 

1か月ほど前のことだから、

そこまで日が経っているわけではない。

 

しかしながら、私の中で「漠然とした忙しさ」の占める割合は、

緩和させるどころか勢いを強くしている気がする。

これは対策の必要があると感じたため、改めて筆を執る。

 

1か月ほど前の私は「漠然とした忙しさ」の正体を、

「メリハリをつけられず、仕事の疲労をプライベートに持ち込んでいること」

だと考察した。

ふとした時に脳内リソースを仕事に取られていることから、

「常に忙しい」と錯覚しているのだと考えた。

 

おそらく、それは概ね正しく、それを解消できていないから、

私は今でも「漠然と忙しい」と感じ続けているのだろう。

 

元来、私はまじめな性格で、

先のこと見据えた行動計画を立てることが多い。

いわば「無駄な先読み」をしすぎなのかもしれない。

 

少し前に話題になったけれど、

「不安の9割は杞憂に終わる」という理論がある。

人が不安だと感じていることの9割は実際に起こることはなく、

ただ人が勝手に不安がっているだけ、との話だ。

 

私は「先読み」が過ぎるのだろうか。

彼女との将来がある程度現実味を帯びてきたものだから、

環境を大きく見直す必要がある。

 

しかし、思い返してみると、

「転職」を決断したときの私は「不安」よりも「清々しさ」が大きかった。

 

そう考えると、今回の環境の変化に対しても、

私は「清々しさ」を感じてもいいようなものだが、

いまのところ、そのような気持ちはあまり湧いてこない。

 

抱えている仕事に終わりは見えないし、

私は「独身」に未練を感じているのかもしれない。

「転職」の時とは違い、私は将来に希望を抱くことができていないのだろうか。

 

楽しみなイベントはたくさんあるけれど、

それ以上にやらなければならないことがたくさんある。

短期集中で詰め込みすぎている。

 

結婚したらしたで落ち着くことはなさそうだ。

お互いの生活を知るために時間がかかるし、お互い子供を望むから、それについてもあまり時に余裕はないのかもしれない。

 

私はいつまで忙しなく過ごすことになるのか。

「終わりが見えない」

おそらく、その精神的負荷が大きいのだ。

 

どこかで落ち着くことがわかっていれば、それに向けて頑張ることができる。

だけれども、終わりが見えないといつまで頑張ったら良いのかわからない。

 

転職したばかりの私は、「仕事に慣れれば落ち着くだろう」とそんなことを考えていた。

しかし、そんなに甘くはなかった。

慣れれば慣れたで、また新たな課題が降りかかってくる。

それもまたエンドレスだ。

 

成長の実感はあるけれど、コントロールできている感じは全くない。

ここも大きいのだろう。

 

「終わりが見えない」

「コントロールしている実感がない」

 

このあたりにメスを入れる必要があるのか。

 

しかし、所詮は目の前の課題をこなし続けるしかないのだろう。

仕事をコントロールできるような状況にはない。

 

仕事以外でもコントロールできることはコントロールする。

身近な喜びや楽しみにフォーカスする。

 

私にできることはそれくらいだろうか。

 

とにかく乗り切るしかない。

どこかのタイミングで、今の忙しさが日常に変わり、「忙しい」などと思わなくなる日が来るのかもしれない。

その時までは、やり切るしかないのだ。

 

「忙しい」と感じるから忙しい。

結局は心の持ちようなのかもしれない。

6月も終わりに近づいて

f:id:tureture30:20220629073149j:image

 

梅雨が明けた。

梅雨と聞くと3年ほど前に、私の前に現れた雨女さんのことを思い出す。

 

梅雨と共に現れて、梅雨とともに私の元を去っていった。

会う日は決まって雨だった。

あの時の私は、彼女の存在に心を躍らせていた。

ちょうど3年前のこの頃、私は恋に落ちていたのだ。

 

さて、そこから3年が経ち、私は結婚をしようとしている。

もちろん、その時の女性とは今はなんの繋がりもない。

 

新たに関係を結び直し、驚くほどの速さで「夫婦」へと歩みを進める女性との出会い。

確かに心は躍っていた。

今は忙しさにやられそうなところはあるけれど。

 

今の私にとっては、ひと月がものすごく長く感じる。

転職する前は「今月ももう終わりか」だなんて、自席の後ろに貼っているカレンダーをめくりながら先輩と談笑していた。

 

今はそんな余裕が全くない。

ほぼ余力なく仕事に励み、休日も結婚に向けて、おおむね同じような動きをしている。

 

忙しくしているものだから、時の流れを早く感じるかと思いきや、そんなことはない。

 

「毎日が濃すぎる」

そういうことなのかもしれない。

 

5月も大変だったが、6月はもっと大変だった。

7月も少なくとも前半は既に忙殺されそうだ。

そして、8月も落ち着くことはない見込み。

 

いつになったら落ち着くのだろう。

年度内は忙しいことが確定している。

合間を見ながら神経を休めていくしかないのだろう。

 

朝の疲労感が強い。

目覚めた時が一番だるい気がする。

 

睡眠の質を確保できていないのだろうか。

ヤクルト1000を飲むと良いらしいけれど、どこにも売っていない。

 

これからは、暑さで寝苦しい日々に突入する。

対策を打たないと体がもたない。

 

自律神経がバカになってから、私の体は無理が効かなくなった。

もう元に戻ることはないのだろう。

誤魔化しながら生きていくしかない。

 

昔は「寝られない」なんて考えたこともなかった。

活動的に動き回ることができた。

もう、その時の私ではないのだ。

 

着実に少しずつ、前に進むしかない。

そういう地に足ついた継続力を養うことはできた。

自分のことを監視しながら、行動をコントロールする術を学んだ。

 

遠くへといってしまわないように、

世界と自分の関係をなるべく正しく捉えられるように、

私は私のことを監視し続ける。

 

誰からどう思われようが関係ない。

私は私にできることをし続けるのだ。

 

それでいい。

むしろそれしかできない。

 

すっきりと目覚められる朝は、

自分で作り上げるしかない。

 

今はまだ気負いすぎている。

だから必要以上に疲れる。

私は私のことを信じることができていないのだ。

 

7月はその辺りに折り合いをつけたい。

オーバーヒートしてしまわないように、