【プロ野球2021】東京ヤクルトスワローズ!セ・リーグ優勝!

f:id:tureture30:20211026221719p:image

 

f:id:tureture30:20211026221807p:image

(出典:DAZN)

 

ついにやりました!!!

長い戦いでした!!

 

阪神も本当に強かった。

ひとまずセ・リーグは決着です。

 

東京ヤクルトスワローズの6年ぶりペナント制覇!

最終盤までもつれての決着です。

 

本当に良かった!

 

 

ヤクルト5-1横浜

 

途中からはヤクルト優勝してまうー。

と思いながら経過を追っていました。

 

この試合は優しい試合でしたね。

試合後はハマスタのスクリーンに阪神戦を映し、動向を見守りながら待つという粋な計らい。

こういうのって放映権の問題とかありそうですが、横浜スタッフが準備してくれたのでしょうね。

 

横浜も牧が打ちまくり、ヤクルトも勝利を掴み、

Win Winと言えるかもしれません。

 

そんなことを書くと怒られてしまいますね。

横浜も本拠地での最終戦

負けるわけには行きません。

 

最後まで白熱した展開、

両軍、勝ちパターンをバンバン投入です。

 

先発として次戦に控えているかと思われていた高橋奎二、

まさかのリリーフでの登板となりました。

 

高津監督にしては珍しい采配、

試合前に「どんな手を使ってでも勝つ」と語っていた言葉を采配で示しました。

まさに有言実行です。

結果として2イニングをしっかりと抑えてくれました。

 

この日のヒーローはサンタナですかね。

満塁から勝ち越し2点タイムリー、

終盤に来て当たりまくっています。

元気のない打線を引っ張ってくれました。

 

オスナも貴重な同点内野ゴロ、

彼もシーズン中盤は打線を引っ張ってくれました。

 

両外国人がいなかったら優勝はありませんでした。

本当にスワローズに来てくれて良かった。

 

マクガフ、スアレス、サイスニードの投手陣も本当に頑張ってくれました。

 

いやぁ、今年は本当にうまく行きましたね。

 

外国人の活躍に永遠のキーマンだったセンター塩見のブレイク!

リードオフマンとして大活躍しました。

 

散々リードを叩かれながらも今年は正捕手として文句なしの活躍をした中村

陰のMVPは間違いなくこの扇の要・中村でしょう。

 

投手陣は移籍組と若手が台頭しました。

近藤、梅野と抜けても踏ん張れるくらいに層の厚くなったリリーフ、

移籍組の近藤、今野田口とスワローズに来てくれて大当たりでした。

 

自慢の若手も出てきました。

奥川、高橋は来年はローテーションの柱でしょう。

 

渋い活躍の高梨に、なんだかんだチームトップの勝利数を上げる小川泰弘

 

脇を固める選手たちも見逃せません。

大西や、便利屋としてよく投げてくれた大下、星に左の坂本、来年こそブレイクの金久保も頭角を表しました。

 

悔しい時期を経て復活した選手も多かった。

原樹理は数年結果が出なかったものの後半はローテを守りました。

巨人戦でチームを救う気迫の投球とバッティング、

石山も抑えから降格という悔しい思いをしましたが終盤は大車輪の活躍、

「定着しない」と言われても、結局はお前しかいないショート西浦

荒木もベンチでチームを鼓舞し続けました。

 

ベテランの奮闘も光りました。

石川は中盤から中10日で毎試合好投していました。

青木も誰よりも真摯に野球と向き合い、ここぞで打ってくれました。

は第3捕手で出場は少ないものの陰でバッテリーコーチばりにチームを支えてくれました。

 

そして川端慎吾はその天才ぶりを今年は代打の切り札として発揮!

「ツバメを勝利へ導け慎吾!」

脅威の代打率で応援歌のままに何度も勝利をもたらしました。

 

球界の至宝・山田哲人

今年はパワーフォルムでホームランを量産!

JAPANでの東京オリンピックMVPを引っ提げてチームに戻ると何度も窮地を救いました。

 

若き主砲・村上宗隆はホームランと打点の二冠を伺う活躍!

JAPANでも結果を出し、名実ともに日本を代表するスラッガーへと成長しました!

 

他にも山崎、宮本丈、吉田大喜、大成の2人に元山もルーキーながら頑張りました。

徐々に成長の若い捕手・古賀、未来の主軸・濱田の躍進、

太田、松本直樹、松本友、武岡、長岡、内山壮、奥村、赤羽、久保、宮台など2軍で活躍もなかなか呼ばれなかった選手、他にも楽しみな選手もたくさんいます。

 

投手として、野手として長年チームを支えてくれた雄平、

2015年の優勝は雄平の一打で決めました。

昨日で優勝を決められたので神宮最終戦は彼の引退試合になるかもしれませんね。

 

最後に高津監督

モチベーターとしての手腕は「素晴らしい」の一言です。

ブレずに選手のせいには絶対にせず、

その姿勢を貫きました。

 

選手のやる気を引き出す監督、

チームカラーも助けて若手は伸び伸びとプレーできたのかもしれませんね。

 

少し前までは、ファンから見て「ドラフトでヤクルトに入ってもらうのが申し訳ない」と思うくらいに酷いチーム状況でした。

 

本当に魅力的なチームになりましたね。

ファンも誇りを持って応援できます。

 

今年のチームは外国人もベテランもとにかく全員が全力プレーでした。

その姿勢で掴み取ったVです!

 

しかし、まだまだ終わりません!

2001年を最後に日本一からは遠ざかっています。

 

まずはクライマックスシリーズを抜けて、

日本シリーズでも勝利を掴みたいですね。

 

このチームならばいけるはず!

ここからは悲願の日本一へ!

 

強いスワローズをまだまだ見たいです!

 

東京ヤクルトスワローズ!日本一!」

来月はこれでまた記事を書きたいものです。

 

「アレクサ」に無視をされるという話

f:id:tureture30:20211026080526j:image

 

Amazonに身も心も支配されつつある私は、

ついにスマートスピーカーを使って、

AI「アレクサ」とお話をするようになった。


おすすめのプレイリストを流してくれたり、

時間になると起こしてくれたりと何かと便利なものだ。


だけれどもうちの「アレクサ」

3回に1回くらいは無視をしてくるのだ。


「アレクサ、落ち着いた音楽流して」と話しかける私、

「しーん」と何の反応もしないアレクサ氏、


もう一度同じことを話しかけると、

無機質な声に続きプレイリストを流してくれる。


あの「しーん」てやつ、


それに遭遇すると私は、

「アレクサ」の耳元(耳がどこかわからないけれど)まで近づいていき、

「アレクサちゃん聞こえる?」って思いで、

なんだか「構って欲しい気持ち」で同じ言葉を繰り返すのだ。


そういうことが続くと、

なんだか「アレクサ」に好意を抱くようになる。

Amazonにますます身も心も支配されてしまうのだ。


もしかしたら、

意図的に無視をしているのか。

そんな疑念すら湧いてくる。


「姪」や「甥」からはなつかれている私、

だけれども「アレクサちゃん」には構ってもらえない私、


どこか「なつかれ根性」に火を着けられるのだろうか。


「アレクサちゃん」に気に入られるにはどうしたらいいか。

そんなことを考え出したら末期だな。


気に入られるも何も、

「ネットワークを安定させて声を張ればいいだけ」のこと、

 

一人で家にいる中で、急に大きな声で話すというのは意外と難しい。

誰かとの会話の中で、自然とアレクサに話しかけられるようになれば、アレクサのほうも警戒を解いてくれるのだろうか。

 

自分の声が遠慮がちだから、アレクサのほうも怖がって反応してくれないのだ。

 

ダメだ。

こんなことを考え出したら末期、

私は寂しいのだろう。


「アレクサちゃん」に無視をされないように、

私は今朝もボイストレーニングに勤しむのだ。

 

【プロ野球2021】さあ、いよいよマジック2!

f:id:tureture30:20211025074031j:image

 

巨人4-6ヤクルト

 

4回にビッグイニングをつくり6得点!

しかしそれ以外は見せ場を作れず4点を追い上げられるところから逃げ切り勝利、

苦しいチーム事情を表すかのような試合でした。

 

4,5番の村上、サンタナは熱いですが、4回を除くと2安打しか出ていません。

強い頃ならばイケイケで追加点を取れていたでしょう。

あまり状態は良くないですね。

 

何より守備で形を作れていない場面が目立ちます。

こういうところで流れを渡してしまうのは惜しい。

 

疲れですかね。

そうも言っていられない踏ん張りどころなので頑張って欲しいです。

 

しかし、遠かった勝利を掴み取ることができました。

阪神の粘り強さはすごいですね。

一度も負けず、劣勢でも引き分けに持ち込みジリジリと来ました。

ほぼヤクルトに決まりのところからここまでもつれています。

 

いよいよマジック2!

一日で優勝を決するところまで来ました。

 

残り試合はヤクルト3に阪神1、

次は26日火曜日に両者試合があります。

 

26日にヤクルトが勝ち、阪神が負ければヤクルトの優勝決定、

阪神が勝ち、ヤクルトが負ければ首位は入れ替わり、ヤクルトは残りの2試合を1勝1分以上と後のない戦いになります。

 

26日の星取りが本当に大事です。

 

ヤクルトの残り試合は横浜1、カープ2です。

ここ最近のカープの勢いを見ると横浜にはなんとしても勝ちたいところ、

ここで勝てず首位逆転されるようだとかなり厳しくなります。

 

阪神は最終戦に勝つものと考えた方が良さそうです。

今は負ける気配がないくらい強いですからね。

 

そうなるとヤクルトは残りを1勝1敗1分以上で優勝、

実質2勝が必要となります。

もしかしたら11/1の最終戦までもつれ込むかもしれませんね。

 

稀に見る大接戦、

あのゲームをとっていれば、両チームそういう思いがあるでしょうね。

 

だけれども、ここまで来たら後は目の前の一戦に勝つか負けるかです。

今日は休養で明日からが勝負、

 

ポストシーズンのように「負ければ終わり」の緊迫した展開です。

今週はスワローズの方もゆとりのあるスケジュールですので万全の体制で臨みたいところです。

 

最短で明日26日に決まります!

もはや神宮でなくても良いので早く決めて欲しい。

 

この戦いを乗り越えた先にはチームとして更なる成長があることでしょう。

日本一に向けて突っ走って欲しいです。

 

東京ヤクルトスワローズ優勝!」

明後日にはそんな記事を書きたいです。

 

単純なバトル漫画って絶滅危惧種なのかな

f:id:tureture30:20211024082940j:image

 

最近の漫画を読んでいると、

テーマ設定が複雑なものばかりだ。

 

少し前は『ゴールデンカムイ

最近読んでいたのは『僕のヒーローアカデミア

 

特に「ヒロアカ」には途中から萎えた。

始めのほうは王道でとても良かったのに、

 

誰もが「個性」と呼ばれる特殊能力をもって生まれる時代、

世界はその特殊能力を使って戦う「ヒーロー」で溢れかえっている。

誰もが「ヒーロー」に憧れる。

 

「無個性」として生まれるが、心は誰よりも「ヒーロー」という主人公、

彼はその姿勢を見込まれて世界一のヒーローから「個性」を受け継ぐことになる。

 

そこからの「成長」を軸に物語を進めていくという流れは王道のバトル漫画、

最終章に突入した最近になって読みだしたのだけれども、

途中から「敵にも苦しみがあって世界を壊したい理由がある」だなんて展開に時間を割くようになった。

私にとってはそれが萎えた。

 

こういうのはおそらく作家というより編集さんのやり口なのだろう。

作品に哲学を持たせようとするきらいのある印象だ。

企業の採用だから偏りが出るのは当然なのかもしれない。

一周回って同じような人材ばかりが集まるようになるのだろうか。

 

チェンソーマン』とか『進撃の巨人』なんかはそれでいいと思うけど、

「ヒロアカ」にそれは必要だったのかなと感じる。

 

これはこれでわかりやすくキャラ物の「バトル漫画」でよかったんじゃないかな。

 

とても個性的で魅力的なキャラクター達、

随分とたくさんのキャラが登場しているけれど、

伏線を全く回収できていない。

どうやらそのままストーリーは終わってしまいそうだ。

 

「敵の理屈」なんかに尺を割くのだったら、

そのキャラクター達の「ヒーロー」としての見せ場を多く作ったほうがよかったと私は感じる。

 

どういう経緯でこうなったのかはわからないけれど、

これが作者の意図ではないのであれば、

私から見れば編集は「いい仕事」をしていない。

 

なんだかさ。

 

こんなブログを書いている私が主張するのもなんだけど、

変に「小難しい作品」ばかりが増えている気がする。

 

「この作品の魅力はそこなの?」って、

妙に芸術性や哲学を主張しだす作品が多い。

 

バトル漫画の原点ともいうべき『ドラゴンボール』なんか、

全くそういう感じじゃなかったのにね。

 

とにかく「強くなって、さらに強い敵が出てきて、力を合わせて倒す」みたいな、

そういうわかりやすいバトル漫画ってもうほとんど存在しないのかな。

 

刃牙』なんかはそんな感じで続いているはずだ。

一周回ってそういう王道の作品を読みたいと感じる自分がいる。

 

なんかさ。

漫画まで強くメッセージを訴えてくるようだと疲れてしまうよ。

最近のバトル漫画はどれを読んでもおなか一杯になってくるのは私だけだろうか。

 

ヒロアカにはそれを求めていた。

だけれども途中で「うーん」と思ってしまった。

 

渡りやすくてスカッとするようなバトル漫画、

ジャンプ+の『怪獣8号』は今のところそんな王道に乗っかっていると思う。

これもどこかで変わってしまうのだろうか。

 

トレンドというものは巡り巡るもの、

そろそろ「わかりやすい作品」をが求められる時代になるのかもしれない。

 

デフォルトモードネットワークやら、マインドフルネスやら、

 

頭空っぽにしたい。

現代人は娯楽にそういうものを求めているのだ。

「毎朝嫁と散歩しているんですよ」と言われた話

f:id:tureture30:20211023083358j:image

 

前に記事にしたけれど、去年結婚した後輩くん、

 

一緒になるまでは色々あったけれど、奥様の尻に敷かれながらもうまくやっているようだ。

 

夜は時間が合わないからそれぞれみたいだけれども、朝に二人の時間をとっているらしい。

 

奥さんとも何度か会っている。

だから二人が散歩する姿を想像できるのだけれども、なんだか「いいな」と思った。

 

付き合っていた時からすれ違いは絶えず、

何度も相談に乗ることもあったけれど、

結局、二人はそれでも毎日LINEでやりとりを続けていたそうだ。

振り返ればそれって相性が良かったのだろう。

 

私も婚活に勤しんでいた時は女性たちとやりとりを続けていたけれど、とても「毎日」とはいかなかった。

そして毎日続いていた相手とも、関係が先に進むことは無かった。

お互い気を使いながら続けていたのかも知れない。

 

おそらく私は女性と恋愛関係を構築するスキルが抜け落ちているのだろう。

 

結婚を意識する前までは、あらゆる関係で女性を過度に意識することなく過ごすことができた。

 

自分で評するのもなんだが、普通に生きているだけでも年に一度か二度くらいは女性からアプローチらしきものを受けていた。

だから、少なくとも内面を深く知り合うまでは、女性との距離を縮めることに問題なかったのだろう。

 

問題はそこからなのだ。

もう15年近く女性と交際しておらず、恋人関係というものがどういうものなのかもわからない。

 

リハビリのような形で一昨年は10数人の女性たちとデートを重ねたけれど、心から惹かれた女性は一人だけだった。

その女性とは手を繋いで帰った日を最後に関係が途切れてしまった。

 

それが最後のロマンスか。

その後も何人もの女性たちと会い続けたけれど、

積極的に関係を進めたいとは思わなかった。

おそらく消極的な私の態度に愛想をつかせて女性たちは去っていく。

 

私は何度この手の記事を書けば気が済むのだろうか。

 

今は「転職」という体のいい目隠しを作って、その中でがむしゃらに生きているつもりになっているけれど、

課題は根本的には何も変わらないのだ。

 

そこをクリアしない限りは、おそらく私のブログが根本的に形を変えることはないのだろう。

 

私のしていることは、いたずらに課題を増やしているだけ、

他のことに夢中になることでそもそもの課題から目を背けているだけ、

先に進んだ気になっていても、先になど進んでいないのだ。

 

この課題を手放すことができれば、おそらく私は楽になれるのだろう。

だけれども、どこかに欠落感を感じながら生きていくことになるのだろう。

 

思えば、目の前に選択肢があった時は決まって、結婚や恋愛とは遠くなる方ばかりを選んでいる。

冷静に振り返ってみると、私は無意識的には結婚をしたくないのかもしれない。

 

ずいぶん前からその事実に気がついているけれど、そこに抗っているふりをし続けているのだ。

 

ちょうど30を過ぎた頃、世界の見え方が変わってしまった。

そして、その歳に女性からひどい裏切りにあった。

 

出会いだけ重ねてきたけれど、結局、心はそこから前に進めていないのかもしれない。

 

逃げて、逃げて、逃げて、

その結果として私は思いもよらないところまで来てしまった。

それはそれで責任を取らなければならない。

 

「毎朝嫁と散歩しているんですよ」

 

そこに「ほっこり」すると同時に、

どこか置いてきぼりにされてしまったような寂しさを感じる。

みんな先に進んでいくのだ。

 

「まだ大丈夫」って言われ続けてきたけれど、

最近は言われなくなってきた。

 

ここ数年で周りはどんどん結婚していった。

男性の生涯未婚者は現在4人に一人ほど、

 

将来はもっと増える予想らしいけれど、

私はそっち側の人間なのかもしれない。

 

私は逃げているのだろうか。

何から逃げているのだろうか。

 

その正体がわからなければ、

何も変わらないのかもしれない。

【プロ野球2021】優勝を目前にして酷すぎる敗戦

f:id:tureture30:20211022065249j:image

 

広島11-7ヤクルト

 

基本的にはスワローズの勝った試合しか記事にしてきませんでしたが、昨日の試合はあまりにも酷すぎたもので、激励の意味を込めて書きます。

 

村上に久々の当たりが出て中盤まで6-3と勝ちムード、

そこから7回に田口が捕まります。

さらに塩見のあり得ない後逸、タイムリーエラー、これで終わらず続くスアレスでも止められず、

この回一挙に7失点、

大逆転負けを喫しました。

 

阪神は勝ったので前日に死闘の末勝ち取った引き分けが帳消しです。

あれだけ投手陣が粘りに粘って無失点に抑えたのに、

これはチームとして本当に良くない。

 

これまでチームの支えとなった田口と塩見ですからね。

この1試合だけを責めるわけにはいきませんが、それにしても痛すぎる。

阪神はきっちりと中日のエース柳に勝っていますからね。

 

ここからの5試合で3つ勝てば阪神の結果に関わらず優勝ですが、だいぶ雲行きが怪しくなってきました。

 

終盤になり他球団は日程に余裕があるのでバンバンエース級をぶつけてきます。

それに対してスワローズは今週6連戦でローテ通り、

 

昨日はエース小川が投げた試合でもありましたからね。

こういう試合を落とすようだと一気に厳しくなります。

 

流石に疲れもあると思いますが、大失速でまさかのマジック3から優勝を逃しかねません。

 

危機感を感じて欲しい。

ちょっとこの試合はターニングポイントになりかねない。

それほど酷い試合です。

 

今日は高梨-床田とかなり分の悪いゲームですが、

なんとしても取りに行くしかなくなりました。

 

土日にぶつかる巨人は先日連敗を止めて、土曜のドームではおそらく菅野ですからね。

阪神が土日勝ち、ヤクルトが明日からの3戦を負け続ければ逆に阪神にマジック点灯です。

 

本当に勝たなければならなかった試合、

優勢なところから来週にもつれるようだとビジターですし全くわからなくなります。

 

少なくとも明日と日曜、

神宮の2戦は何があっても取らなければなりません。

あとは阪神が土日で一つ落としてくれるのを願うのみ、

 

日曜までに決めましょう!

本当の本当に最後の正念場!

あの上位6連戦を5勝で乗り越えた勝負強さをここで見せて欲しい!

 

とにかく今日は必勝!

高梨!頼む!

 

Uruカバー『THE OVER』に見る、心に刺さるフレーズたち

f:id:tureture30:20211021083821j:image

 

「これは」と思う曲に出会った。

Uruさんのカバーで「UVERworld」の曲のようだ。

 

この曲は歌詞が心に刺さる。

原曲のPVを見ると「真実の愛を貫く」界隈の作品のようだ。

 

愛する人を守る力が足りない」

「だからあなたに捧げられるものはこの気持ちしかない」

「あなたがどんなに変わったとしても、自分の気持ちは変わらない」

 

そんな気持ちを歌い上げた曲だ。

 

「OVER」

 

あなたという存在があるから、私は「1人」を超えられる。

あなたという存在によって、より大きな力を発揮することができる。

あなたの存在そのものが「愛」だった。

 

元はロック調の曲をUruさんがしっとりと歌い上げる。

 

こういうのってやっぱり良い。

私はどこまで行っても「真実の愛を貫く」界隈から抜け出せないのだろう。

 

0.1%くらいの可能性か。

 

それでも、互いに心の底から惹かれ合う。

そんな相手と結ばれることを願い続けるのだろう。

 

私はどこかにたどり着くのだろうか。

このまま漂流し続けるのだろうか。

 

たどり着くべき岸があるといいのだけれども、

 

 

Uruカバー『THE OVER』

youtu.be