「フェミニストはモテない」説

f:id:tureture30:20211205121742j:image

 

長年の童貞経験からして、一つの仮説を打ち立てた。

それは「フェミニストはモテない」というものだ。

 

男性「フェミニスト」という人種は、

例外なく女性の権利を尊重するという立場をとっているはずだ。

その立場を取る限り、女性に対して一歩引いた姿勢になる。

 

「傷つけやしないだろうか」だとか、

「失礼に当たらないだろうか」だとか、

「セクハラで訴えられないだろうか」だとか、

必要以上に女性と距離を取ることになるのだ。

 

「恋愛工学」によると、

そういうスタンスの男は、女性からすると「非モテコミット」している形になり、

お金や優しさを搾取する対象にしか映らず、

恋愛に発展する可能性は薄いのだという。

 

男は女性から「優しくされること」に弱い。

おそらくそれは女性に対して「母性」を求めているからだろう。

 

そして女性は男から「守られること」に弱い。

男に対して「強さ」を求めているのだ。

経済的安定性を含めて、自分に安心安全をもたらしてくれるという点で「父性」を求めているのだろう。

 

最近はそのあたりにも変化が見え始めているのかもしれないが、

そうコロコロと本能的に大きく変わるものではない。

おそらく多数派は上記のような傾向にあると推測される。

 

そうなると冒頭に挙げた私の「フェミニストはモテない」説、

かなり有力な説のように感じられる。

 

私は自称フェミニスト

多くの女性たちから「優しい」と持て囃される残念な男だ。

 

柔和な態度から自然と飛び出す鋭利なエロティシズム、

そういう、どこかオスを感じさせるような武器を身につけなければならないのだろう。

 

逆説的になるが、おそらくモテる男というのは「優しい」

だけれども、それは「優しく振る舞うことが上手」ということなのだ。

 

うまいこと懐に入り込んで油断をさせつつ、

心を開かせたところで相手に異性を感じさせる。

そこまでもっていかないと難しいのだろう。

 

初めから武器をちらつかせたら女性は逃げてしまう。

だから懐に入り込んでから刺す。

 

逆に女性の場合は、おそらく武器を見せつけたほうが効果的だ。

男はそれが武器だとわかっていても、その武器に引き寄せられていく。

あとは近づいてきたところを思いっきり刺せばいい。

 

「恋愛」というものは「狩り」に近いものなのだろう。

 

だから「相手の権利がどうだ」とか、

「相手を尊重せねばならない」だとか、

そういうものは必要ない。

 

特定の相手と一緒になって、法的な制約に縛られてから存分にジェントルマンでも気取っていればいいのだ。

 

互いが互いを評価して、

互いが互いを切り捨てて、

それはさながら戦場だ。

 

戦場にいることに気が付かないで、

武器を持たずに平和を説いていたところで、

本能に支配された獣たちの耳には届かないのだろう。

 

だから「フェミニストはモテない」

おそらくこの説は正しい。

 

「頑張っている人」のことをバカにする人

f:id:tureture30:20211204093121j:image

 

私の思う「人として恥ずかしい人」

それがタイトルの通り「頑張っている人のことをバカにする人」だ。

 

誰かを乏すことで、相対的に自分の価値を挙げようとすること、

「下の下」の自尊心の満たし方、

 

「あんなことをしても無駄」

そう思うならば、手を貸してやればいいのに、

 

それを「自分には関係ない」と無視を決め込むばかりか、

心の中ではバカにする。

なんとも浅ましく哀れだ。

 

おそらく「バカにする」ということは、

そこにコンプレックスが隠されているのだろう。

 

生きることを頑張っていない人間なんていないだろうけれども、

「自発的に頑張る対象がない」

おそらくそういう人は無数にいる。

 

頑張っていても、それはただやらされているだけ、

やらざるを得ないからやっている。

そうやってどんどん人生を質にいれていくのだ。

 

そのうちに誰の人生を生きているのかわからなくなる。

薄々気が付いているけれどもそこから抜け出せない。

そうやってコンプレックスが生み出されるのだ。

 

だから頑張っている人を見ると、自分のコンプレックスを刺激されたような気持ちになる。

自分のイマを否定されたようになる。

 

自分を守るために、自分の価値を下げないために、その対象の価値を下げることに躍起になる。

イジメのロジックも似たようなものだろう。

 

「自分に価値がないこと」

 

それを認めてしまうと、生きている理由を見失ってしまうから、

だから人は「自分の価値」を求めて彷徨うのだ。

 

自分を認めてくれる誰か。

自分を好きでいてくれる誰か。

そういう存在がいないと人は健全には生きられない。

 

生物的には生きていたとしても、

人として生きてはいないのかもしれない。

 

だから、自分の価値観にそぐわない人を否定する。

それが最も簡単な方法だからだ。

 

だけれども、それを続けていたってさ。

一時的には自己肯定感が高まるのかもしれないけれど、どこかで気がつくことになる。

 

「何も変わっていない」

 

誰かを否定したってさ。

あなたは何も変わらないんだよ。

 

誰かの価値を下げたところでさ。

あなたの価値は上がらないんだよ。

 

そのことに気がつかないまま生きていたら、

いつのまにか「人として終わってしまう」

 

人って生き物はさ。

 

単純にはできていないから、

気がついてしまうんだよ。

 

気がつかないふりをしていたってさ。

気がついているんだよ。

 

だから、結局は「自分を嫌いにならない選択」をし続けるしかないのだ。

それは大変なことだけど、それでもそうし続けるしかないのだ。

 

そうやって生きていれば、自然と「頑張っている人」を応援したくなる。

 

「頑張っている人をバカにする人」

 

誰かをバカにするたびに、自分で自分のことをバカにしているのだ。

 

「自分は誰かの価値を下げることで、自分の価値を上げようとしている愚か者ですよ」って、

そう言いふらしていることと同じ、

 

だから私は、一生懸命に生きている人を応援し続けたい。

自分で自分のことを嫌いにならないように、

女性の手

f:id:tureture30:20211203071823j:image

 

いつからだろうか。

「女性の手」に注目するようになったのは、

 

しっとりと綺麗な手、

水荒れをしている手、

そして左手の薬指、

 

「手」というものは、

実に多くのことを無言で語っている。

 

顔はしっかりとお化粧をしていても、

その手に刻まれた皺まで隠すことはしない。

 

女性はよく男の「手」を見ていると聞くけれど、なんとなくその理由がわかる気がする。

 

その人の生きてきた歴史が、ありのままの姿でそこに佇んでいるのだ。

どこかその人の真実の姿がそこにある気がするのは気のせいだろうか。

 

手と手、

人が物理的に繋がる上で最もハードルの低い部位、

 

親愛の証であるシェイクハンド

しかし、時と場所さえ変われば、それは性愛の証にも変わる。

 

手の繋ぎ方でわかる二人の関係性、

なんとも奥の深いものだ。

 

私は女性の手を見て、

どのような感情を沸き立たせているのだろうか。

それは自分でもわからない。

 

だけれども、不思議と気になる女性の手、

 

本当は顔を見たいけれども、視線をやりやすい「手」という部位に着目しているだけなのだろうか。

 

はたまた「信じられない」という思いから、

目の前の女性の真実を探ろうとしているのだろうか。

 

環境は変わっても拭えぬ不信感、

私はいつまでこうして立ち止まっているのだろう。

 

何を変えたところで、根本的なところが変わらないのだ。

カラカラに干からびて、水を与えても元には戻らないところまで来ているのだろうか。

 

そうだとしたらもはや手遅れ、

干物が刺身に戻ることはないし、干し柿がみずみずしさを取り戻すこともない。

 

今の私はどのような状態で干からびているのだろう。

自分でもそれがわからない。

 

いまは何か行動を起こす気にはなれないな。

 

結婚の遠のく選択ばかりをし続ける私、

無意識では結婚することを望んでいないのかもしれない。

 

失ったものばかりに想いを馳せているうちは、

おそらく先には進めないのだろう。

 

別のもので埋め合わせようとしたところで、

それで埋まることはないのだ。

 

今回の私の転職は、私が思った以上に色々な人に影響を与えているようだ。

 

前の同僚たち、周りの友人たち、

今の同僚たちにとってもそうなのだろう。

 

良くも悪くも私は動いたのだ。

もはやそれを変えることはできない。

 

私が「女性の手」を気にしているのは、

どこかそこに安らぎを求めているのだろうか。

 

ジョジョの奇妙な冒険

吉良吉影」みたいにならないように気をつけないといけない。

 

欅坂46『サイレントマジョリティー』

f:id:tureture30:20211202065623j:image

 

あまりに顔立ちの整いすぎた女の子たちが同じようなダンスを繰り返すアイドルグループ、

 

そういうのが全然好きでは無いのだけれども、欅坂46の曲は惹かれるものが多い。

 

率直で痛々しいのだ。

だから、その象徴だった平手友梨奈さんは好きだし、女優としても面白いと感じている。

 

ハーゲンダッツのCMで見せた別人のような笑顔には驚いた。

「だいぶ無理をしていたのだな」って、そんな印象だ。

 

アイドルって、何を目指してなるものなのだろう。

初めからセカンドキャリアを考えてなるものではなさそうだ。

キラキラと輝く姿の裏では、その何十倍もドロドロしたものが流れているのだろう。

 

「こんなはずじゃなかった」

多くは途中でそう思うはずだ。

 

だけれども、それを綺麗な仮面で覆い隠して、汚れていく心とは裏腹に、容姿はさらに磨かれていく。

 

なんとも大変な世界だ。

 

だから私は「痛々しいアイドル」に惹かれるのだろうか。

 

世界が広がれば広がるほどに、人は取捨選択をしながら生きていく。

それが意図したものではなかったとしても、何かを切り捨てて、何かを蹴落として生きていく。

 

キレイゴトだけでは生きては行けないのだ。

 

だから「醜さ」をさらけ出す。

どうせ人は醜い部分の一つや二つ、

当たり前のように持っているのだから、

 

率直であればいい。

お人形さんみたいな姿ばかりを見せられたところで何の面白みもない。

まぁ、それも含めて演出なのだけれども、

 

おそらく私のこの意見は「マイノリティ」

サイレントマジョリティー」ではないのだろう。

 

 

youtu.be

12月の魔力

f:id:tureture30:20211201083107j:image

 

この時期に差し掛かると、

どこか忙しない気持ちになってくる。

 

やり残したことはないか。

やっておくべきことはないか。

今年はどんな年だったのか。

 

そんな感情が心を揺さぶるのだろう。

だから落ち着かないのだ。

 

今年は忘年会の予定がちらほら入ってきた。

変異株が話題になってきたので見通しはどうなるかわからないけれど、日本はそういう時期に差し掛かってきたのか。

 

政府の方針に倣って、経済界も規制緩和を進めている。

通勤電車や昼時も徐々に混み始めて、キャリーケースを引く人を目にすることが増えた。

 

ここぞとばかりに旅行をして、ここぞとばかりに楽しんで、またここぞとばかりに自粛するのだろうか。

そのあたりをうまくやっていかないと、日常から楽しみを見出すことは難しい。

 

環境に慣れてくると、これまで気を張っていたものが少しほぐれてくる。

それによって余裕が生まれるかと思いきや、あまりそういうことはない。

 

溜まりに溜まった疲れが押し寄せてくるような感覚、

ここ最近はそういうものが強い。

 

いよいよ12月、

後回しにしていた事務的なことをしなければならないけれど、休日を迎えると寝たり、溜まったドラマを見たり、あまり有意義とは言えない使い方をしている。

 

それとは裏腹に忙しなく動く心、

サンタとやらが活躍する季節が近づいてくるからだろうか。

 

「それどころではない」と、女性関係の方はしばらく何事もなく進んできた。

だけれども、急に距離の近づく男女たちの姿を目にすると、自分の中には芯が抜けているのではないかと、そのような感覚に陥る。

 

「チョコなしのトッポ」のような感じだろうか。

 

やるべきことを、望んでいることを後回しにして、外の硬い部分だけを固めているような感覚、

 

穴を覗いてみると向こう側が見える。

中身がスカスカなのだ。

 

世間の男女は「12月の魔力」にほだされて、続々と距離を縮めていく。

イルミネーションはそれを歓迎するかのように鮮やかに輝く。

 

いったい私は何をしているのだろうか。

 

イルミネーションに心を奪われているふりをして、上ばかりに夢中になっていれば、手を繋ぐ男女の姿を視界に入れずに済む。

 

結局は何も変わらないのだ。

環境を変えたところで、何も変わらないのだ。

 

私の望んでいるものは、私が変わらなければ手に入らない。

そんなことを感じながら、イルミネーションに照らされて一人歩く夜、

 

こんなに人がたくさんいても、孤独というものを強く感じるのだと気づく。

私はこの中の誰とも繋がっていないのだ。

 

通常営業

f:id:tureture30:20211130082441j:image

 

9日もスワローズの記事を書いていたので、もはや当ブログの通常営業がどんな感じだったのか分からなくなりかけています。

 

燃え尽きた感じもあるし、次につながる感じもあります。

とてもふわふわとした状況、

 

何を目標として歩みを進めればいいのか。

少しわからなくなっています。

 

それでも日常は続いていく。

忙しい日々です。

 

やることは山積みなのに、それとは裏腹に次の目標を探している私、

もしかしたら少し地に足ついていないのかもしれません。

 

ここまでの道のり、

何が正解で何が間違っていたのか。

それはまだわかりません。

 

毎日朝起きた時に「今日はいいことがありそうだ」と、そう思える心持ち、

そういうものを身につけたいと思うばかりです。

 

大変なことは多いですが、報われないことは多いですが、それでも私は自ら望んで新たな環境への一歩を踏み出しました。

 

それから少しばかり時が経ち、環境を少しずつ自分のものにしてきました。

 

こうして迎えた11月も最終日、

とても感慨深いものがあります。

 

今はフラグを回収しているフェーズ、

コロナ禍により延期していたものが少しずつ形になってきており、年内には回収し終わりそうです。

 

それを終えるとまた、新たな年を迎えると同時に、新たなフラグを立てていかないといけないのでしょう。

 

今年は大きな変化のあった年、

また来年も変化のある年になりそうです。

 

自ら望んで飛び込んだ環境、

自分のものにするまでは、歯を食いしばって食らいついていくしかありません。

 

さて、私の人生はどこへ進んでいくのか。

ふわふわとした状況、

 

私のブログもどこに辿り着くのか。

まだまだ岸は見えず、大海原が広がっています。

 

無人島に船をつけてそこを住処とするのか。

それとも大陸にたどり着いて多くの人に囲まれて生活をするのか。

はたまた日本のような島国で、価値観を共有する人たちと共に生きるのか。

 

選択肢はそれほど少なくないのかもしれません。

 

とまぁ、私のブログはこんな感じだったでしょうか。

自分で自分のブログがよくわからなくなっています。

 

悪しからず、

日本一の余韻

f:id:tureture30:20211129072609j:image

 

気がつけば年末、

もう師走がそこまできています。

 

東京ヤクルトスワローズの日本一で終幕した今年のプロ野球

もしも第6戦が引き分けだった場合、続く第7戦でオリックスが勝利すれば、第8戦まで行われていたみたいです。

そう考えると、極寒のほっともっとフィールド神戸で今日まで試合があったかもしれません。

 

紙一重でした。

 

なんとも過酷な日本シリーズでした。

選手や関係者はもちろんのこと、

ファンにとってもなかなかに過酷、

 

例年は気楽に見ているのですが、ヤクルトが進出となると気楽とはいきません。

なかなかに過酷な一週間でした。

 

個々の選手に対する感謝の気持ちは昨日の記事で綴ったので割愛しますが、ここまで長く野球を楽しめたことに感謝しています。

 

世間でも余韻醒めやらず、

オリックス有利とされていたのに敗戦した理由を分析していたり、中嶋監督の代打の使い方を非難していたりと盛り上がりを見せています。

 

逆に勝ったスワローズファンの心は穏やかなもので、心はすでに来年に向かっています。

 

気になるのは中村がFA行使を熟考するとの報道です。

まさかヤクルトから出ていくとは思いませんが、今年で日本一の捕手へと成長した中村ですからね。

球団の契約提示が十分なものでなければという思いはあるでしょう。

 

その辺りは山田と同じく「生涯ヤクルト」と気持ちよく決断できるような提示をしてほしいと願うばかりです。

 

さて、今年のシーズンは最高の結果で終わることができました。

来年はどのようなシーズンになるでしょう。

 

若手の飛躍した一年ですからね。

来年への期待は大きいです。

 

下馬評では連覇有力などと言われていますが、期待されると勝てないのがスワローズです。

ほどほどに期待をしつつ見守りたいと思います。

 

プロ野球ファンの皆さん、

1年間お疲れ様でした。