「居場所」を作り出すということ

f:id:tureture30:20200712104634j:image

 

私はよく「人は居場所を守るために必死になる」

そういう表現を使う。


それに必死になるあまり、

周りのことを考える余裕をなくす。

そうやって人は堕ちていくのだ。


ここでいう「居場所」

「自分の存在を周りが認めてくれる場所」

そんなところだろうか。


私の「居場所」


ある面では地獄のような環境だ。

それと同時にある面では「ぬるま湯」だ。

 

仕事での「役割」は確保している。

そしてその「役割」は卒なくこなしている。

 

私生活は一人だから、

口出しされることはほとんどない。


コロナ禍になってからは特にそう。

一人で過ごす時間が増えた。


だけれどもその反面、

「私のやり方」が間違っていたとしても、

それを指摘してくれる人はいない。


表面上うまくいっていれば、

凶兆を孕んでいたとしても、

何事もないように進んでいくのだ。


そして私はそのことに気が付かない。


ペルソナを使い分けて、

「コミュニケーションコスト」を操って、

関係を取捨選択する。


そうして私は「ぬるま湯」を作り上げている。


「このままではダメになるな」

ふと、そう考えることが増えた。


「もともとダメだろ?」って、

そういう意見は置いておこう。


「努力していないと自分を認めてあげられない」


私は私のことをそう認識している。

「努力中毒」で「努力依存症」なのだ。


そこに手を付けていかないと、

いつまで経っても「満たされない」

そういうことになるのかな。


「先に進んでいる実感がない」


だからその実感が欲しくて、

ゲームに費やす時間が増えた。


ゲームはいい。


費やした「努力」や「時間」に比例して、

概ねきちんと先に進んでくれる。


そうやって「先に進んでいる」

そう錯覚することで自尊心を満たすのだ。


おまけにコミュニティに貢献すれば、

「居場所」まで確保できる。


「運」の要素をふんだんに盛り込み、

報われた時の快感を増幅させる。


射幸心を煽るだめに作り上げられた、

何ともよくできたソリューションだ。


だけれども、

「人生」はそうはいかないことばかり、


積み上げた努力が水の泡になることも珍しくないし、

理不尽に晒されることも多い。


文句を言ったところで、

そのバグに対応してくれる運営はいない。

自分で対処しないといけないのだ。


自分の意志で始めたつもりは全くないのに、

気が付いたら始まっていて、

途中でやめることは困難だ。


バグや裏技ばかりが横行していて、

ルール通りにプレーしていたら損をする。


常に周りと自分の立ち位置を伺って、

たった1つの順位の差だけで、

その後の環境が極端に変わってしまう。


一度大きく順位を落としたら、

先行者の妨害に晒されて、

もう一度順位を上げることは容易ではない。


それでもプレーし続けないといけないのだ。


「人生」って名前のフィールドに、

「居場所」を確保するために、

プレーし続けないといけないのだ。


エンディングに後悔だけはしたくないな。

 

私の「恋愛サイクル」と私の思う「運命」について

f:id:tureture30:20200711110106j:image

 

女性の恵まれた容姿に触れて、

「憧れ」が生まれることはある。

 

女性の恵まれた容姿に触れて、

「性欲」が芽生えることもある。


だけれども「好き」


少なくとも私の場合は、

「容姿」だけで「異性として好意を寄せる」ということはない。

少なくともこの年になった今では経験的にそう感じる。

 

何かきっかけがあるから「好意」に変わるのだ。


そして私はとことん慎重だ。

慎重すぎてチャンスを逃すことがデフォルトなくらいだ。


だから複数回、

しかも客観的に見て、

さらに客観的な意見を踏まえて、

相手からの「異性としての好意」


そう信じるに足る場合だけ次のフェーズに進む。


相手に対する自分の気持ちを確かめる。

そして固めるというフェーズだ。

 

そのフェーズ、

長期間に及ぶ吟味の末に、

ようやく行動に至る。

デートに誘ってみたりするのだ。


そのころには相手は冷めている。

既に別の相手がいたりもする。


そうして私の恋は終わる。

気持ちを冷ますのに時間がかかる。

次に踏み出せない。


去年の婚活は例外だったけれど、

概ねこれが私の恋愛サイクルだ。


どう考えても結果の出る仕組みではない。

非効率この上ないだろう。


だけれども、

私は私の気持ちを優先して、

このような手法しかとることができなかった。

その結果の今なのだ。


多くの場合、女性は現実的だから、

最適と思える相手と出会えるまで、

恋愛サイクルを素早く回して回数をこなすのだろう。


それが私のサイクルとかち合うことは非常に稀だ。

だから私の恋愛はうまくいかない。

俗にいう「恋愛向き」の思考ではないのだ。


「愛を無尽蔵なものだと勘違いしているんじゃないの?」


「恋愛をこじらせている男にはそういう傾向がある」

そう語るブロガーさんがいた。


「ごもっともでございます」


私にはそうとしか言いようがない。


だけどさ。

 

カタチは変われど、

「愛」って無尽蔵であるべきなんじゃないのかな。

少なくともはじめはそう信じて関係を始めるべき、


そう思える相手じゃない人と一緒になるのって、

ものすごいリスクなんじゃないのかな。


だから私は吟味する。

そして相手も私を吟味するような人がいい。


男なんてちょろいから、

ちょいとモーションかければ引っかかるのだ。

だけれども私に対しては、

もうそういうのはいらない。


私は「覚悟」をもってアプローチするからさ。

「覚悟」がないならば私にアプローチしてこないでよ。


なんだかとてもそう思う。

 

f:id:tureture30:20200711111045j:image


あれだけ何度もアプローチしてきてさ。

靡かないと思ったら手の届く別の男に乗り換える。


そうやって条件良さそうなところにはさ。

何処でもとりあえずアプローチしてさ。

引っかかったところで手打ち、


そういうのは止めてよ。


100人に一人だっていいからさ。

ものすごく長いサイクルが見事にかち合って、

お互いが吟味したうえで一緒になれる人っていないのかな。


そもそも今現在、

私に対してそういうサイクルを回していて、

「吟味」のフェーズで気持ちを温めている人はいるのかな。


どれだけ慎重に吟味を重ねて一緒になったところで、

その末のことは誰も保証してくれないけれど、

そういう「吟味」を経て一緒になったのならば、

ちょっとやそっとの困難では別れないんじゃないのかな。


遺伝子レベルで惹かれあう、

そんな根拠で「一目ぼれ」ってものに、

強く憧れた時期もあったけれど、

それでは博打が過ぎる。


結局は相手にかけた時間、

人はそういうものを拠り所にする。


「それならばとりあえず付き合ってみればいいじゃん」


それは否定できないけれど、

どうやら私には「交際」のハードルが高いようだ。


去年はあれだけチャンスがあって、

「とりあえず付き合う」に至らなかったのだから、


それも私の恋愛サイクル、

そこも含めてかち合う相手、


そういう出会いを「運命」って、

私はそう思っている。


きっと私のサイクルにかち合う相手なんて、

ほとんど存在しないだろう。


そうこうしているうちに、

誰とも巡り合うことなく、

エンディングを迎えるのかもしれない。


それはそれで私の人生だ。


恋愛にばかり振り回されても仕方がないし、

必要以上に出会いを求めても仕方がない。


何に殉じるか。

何を手に入れて、

何を諦めるのか。


それだけは自分で決めないといけない。

 

「理性」に従う習性をもつ生き物

f:id:tureture30:20200710062549j:image

 

誰かと比べてどれだけ人生が先に進んでいるのか。

誰かと比べてどれだけのステータスを手にしているのか。


「欠落感」


その陰には「誰かと比べて」って、

そんな物差しが潜んでいる。


物差しを刀に見立ててさ。

鍔迫り合いを繰り広げて、

「やるな!」「そちらこそ!」なんてさ。

面白おかしく競い合っているうちはいい。


だけれども年を取るにつれて、

笑い事ではなくなるのだ。


刀を持つ気力すら失って、

手に入らない理由という言い訳を確立して、

鍔迫り合いを繰り広げていたライバルたちは、

先のステージに進んでいった。


取り残されてしまったようだ。


仲間たちと話をしていても、

新婚ののろけや奥さんが出産を控えている話、

家庭や子供のことで悩みをさらけ出している間、

私はどんな顔してそれを聞いていればいいの?


何をするにしても、

「家庭」のことが先に来る。

もはや別世界の住人なのだ。


あれだけ居心地がよかったのに、

居心地が悪くなってしまったな。


次のステージに進まないと、

どんどん居場所はなくなるのだ。


だからみんな必死になって、

心を殺してまで結婚のために躍起になるのだな。

そうなるまで気が付かない私は鈍感なのだろうか。


人は「本能」に突き動かされて、

それを「理性」と折衝させながら行動規範をつくる。

そのバランスが「個性」ってものなのかもしれない。


「人並外れた理性の持ち主」

かつて読者の方が私を評した言葉、


チャンスはたくさんあった。

だけれども逃し続ける。


臆病で勇気のない小心者、

そういう面はもちろんある。

だけれども私は「私のやり方」にこだわりすぎているのだ。


「誠実」って看板が何の役に立つのだろう。

みんなもっと衝動的にお楽しみなのだ。

そしてそれでwin-winの関係を築いている。


「満たされない」


そりゃそうだ。

「理性」で「本能」を殺しているのだもの、


「人としてどうあるべきだ」とか、

「相手を傷つけたくない」だとか、

難しいことばかり考えてさ。


結局は自分が傷つくのが怖いだけ、

ただの臆病者なのだ。


その「理性」って名前を付けた鎧を脱いで、

もっと生身で勝負できるようにならないと、


鎧の上からでは温もりは伝わらないのだ。

だから私の恋愛はうまくいかない。


いつだってそう。


「奇跡的にうまくいかない」って、

そう思っていたけれど、

それは必然だったのだ。


「触れたい」


そう思うならば

とりあえず触れてみればいい。


怖がらないでさ。


そっと優しく気持ちを込めて、

触れてみればいい。


気持ちが繋がっているかもしれないし、

それで気持ちが繋がるかもしれない。


例え繋がらなかったとしても、

後のことはその後で考えればいいのだ。

 

私はどこへ向かうのだろう。

 

「触れたい」の出どころが「性欲」の先にあるものなのか

f:id:tureture30:20200709063251j:image

 

「触れたい」


女性に対してそう思うことは多いけれど、

その気持ちの出どころがどこにあるのか。


そういうことにばかり考えを巡らせている。


「性欲を満たすための道具」

男は女性のことをそう見がちだ。


私にとってそれは嫌悪すべきことで、

女性を「女性」である前に「人」として見たいと思っている。


ただそうなってくると、

「触れたい」

その気持ちは男性に対しても生じるのだろうか。


私はヘテロセクシャル

女性が好きな男だ。

少なくとも今のところは、


「性愛」と「友愛」


その境界線には、

接触」と「非接触」があるのだろうか。


友人に対して背中をバンバン叩いたり、

歓喜のあまり抱き合ったり、


私がまだ理想に燃えて生きていた頃は、

男に対しても自然とそういうことをしていた気がする。


接触」と「非接触

どうやら親愛を示すための接触に性差はないようだ。


そうなると、

「触れたい」


その感情の出どころはやはり重要、


「性欲」なのか「親愛」なのか。

そこに「誠実」と「不誠実」の境界があるのかな。


前に記事にしたけれど、

私は2か月余りポルノを断っている。


きっかけは忘れたけれど、

「性欲を飼いならす」

その先にどのような変化が待ち受けているのか興味があり、

3か月は続けるつもりでいる。

 

その結果は記事にするつもりだ。


私は「性欲」と「不誠実」を同一視しすぎているなのかな。


ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟


まだ途中だけれども、

おそらくこの作品のテーマは「自分に人生を愛すること」


色欲にまみれた父フョードル、


「知性」の象徴である次男のイワンは、

父を軽蔑しながらも「親父は間違ってはいなかった」

そう口にするシーンがある。


色欲にまみれていて道化のように笑いものにされていても、

「自分の生きたいように生きる」

その点での評価だろう。


余談だが、

世界的名著と呼ばれるだけあって、

この作品は本当にすごい。


人間の弱さや醜さ、浅ましさ、

負の部分が凝縮されている。


そしてそれを「良心」の象徴である、

三男アレクセイと対比させて、

絶妙のコントラストを生み出す。


これも読了後に記事にするつもりだ。

 

f:id:tureture30:20200709063025j:image

 

話を戻そう。


「自分の欲望に正直に生きること」


村上春樹ノルウェイの森』の最後で主人公に語られる言葉、

「あなたは自分のやり方にこだわりすぎている」


「誠実」という看板を掲げたばかりに、

「誠実」と「不誠実」のはざまで、

もう何年揺れ動きながら生きているのだろう。


「誠実でありたいと思う」

だけれども「欲望に正直でありたい」


その二つは二律背反しているのかな。


きっとそんなことはなくて、

ただ私が不器用なだけなのだろう。


みんなよろしくやっているのだ。


表では紳士気取りながら、

裏では多目的トイレで情事に及ぶ。


「傷つけてしまった」


傷つけた側にだって痛みはあるはずなのにね。

その痛みにどんどん鈍感になってしまうのだ。


だけれども「傷つけたくない」って、

そうやってチャンスを見送り続けるのは、

自分が「傷つきたくない」ってだけなのかな。


「触れたい」


その出所に思いを馳せる暇があるならば、

その感情に正直であればいいだけなのかな。


ノルウェイの森


先ほどと同じシーン、

「経験的に思うのだけれども、

幸せになれるチャンスなんて人生に二回か三回しかしか巡ってこない」


最近とても気になる『ノルウェイの森

前に読んだのはブログを始めた頃だろうか。


もう一度読む時期なのかもしれない。

 

後出しじゃんけん

f:id:tureture30:20200708061800j:image

 

「性」を武器にして異性を誑し込んで、

都合が悪くなると「武器にしていない」と主張する。


そんな「後出しじゃんけん

勝つのは当たり前だ。


50代男性が20代女性にホテルで平手打ち、


訴えた女性、

逮捕される男性、


そんな事件があったらしい。


「パー」を出すとの約束を信じて、

ウキウキしながら「チョキ」を出して待ち構えていたら、

どうやら少し遅れて「グー」を出されたようだ。


「だまされた」


気持ちを抑えられずに平手打ち、

「パー」を出したから「俺の勝ち」って、

そうはいかないのだ。


訴えられる。

そして逮捕される。


でも結局、

誰の勝ちなんだろうね。


「女は男を不安を解消するための道具」にして、

「男は女を性欲を解消するための道具」にする。


何なんだろうね。

人の心ってさ。

傷つきやすいくせに人を傷つける。


「満たされない」


だから「居場所」を守るために必死なんだ。

これ以上「居場所」を奪われないようにってさ。


傷ついた経験をした人ほど、

人の痛みにも敏感なんだからさ。

優しくなれればいいのにね。


傷つくほどに、

「居場所」を守るために心を殺してしまう。

傷つけられたことを盾にして、

人を傷つけても平気になってしまうのだ。


あなたを傷つけたのは、

目の前のその人ではないでしょ。


それでもお構いなし、

傷つけ合いの連鎖は止まらない。

 

男は女を敵視して、

女は男を敵視して、

 

男である前に、

女である前に、

同じ人間のはずなのにね。


「ありがとう」と「ごめんなさい」


みんなが素直に、

当たり前のようにそれを口にすることができれば、

世界は変わるのかな。


後出しじゃんけん


損をしたくないからってズルまでして、

それで勝ったところで、

周りはそれをわかっている。

 

気が付かないふりを続けたって、

気がついているんでしょ。

みんな冷ややかな目で見ているよ。


それってさ。

目の前の相手に勝ったとしてもさ。

人としては負けなんじゃないかな。

 

勝ち負けなんかにこだわらずに、

人として正しくありたい。

 

それだけでも多くを望みすぎなのかな。

 

自分の欲望に正直なこと、

 

正直なのは構わないけれど、

誰かを傷つけてまで叶える欲望、

 

そんなものに塗れていると、

気がついた時には人ではなくなってしまうよ。

 

気がついてよ。

人ではなくなってしまう前にさ。

 

【プロ野球2020】対戦カード1巡と「2番強打者論」について

f:id:tureture30:20200706231015j:image

 

対戦カードが1巡した。


雨天中止の試合もあるが、

リーグの全球団が他の球団と1カード(3試合)を終えたことになる。


まだまだ走り出し、

群を抜いて飛びぬけたところはない。

加えてイレギュラーなシーズンだ。

どの球団にもチャンスは十分にある。

 

 

さて、タイトルの件だ。

 

セ・パ両球団とも2番に強打者を置く傾向が顕著になった。

もはやメジャーでは主流の「2番強打者論」

 

日本では昨年がターニングポイントだろうか。


巨人は坂本勇人を、

横浜は筒香嘉智とチーム一の強打者を2番に置き、

チームとしても結果を出した。

今年はさらに2番にチーム一の強打者を置く球団が増えている。

 

伝統的に日本の野球では、

2番打者は「つなぎ」を求められた。


粘れる。

走れる。

バントができる。


最もテクニカルな打者を2番に置く。

それが日本の2番打者だった。


「強力な2番打者」


その象徴的な事例は2015年のヤクルト、

この年のヤクルトは14年ぶりにリーグを制覇する。


当時の真中監督は、

2番に首位打者最多安打川端慎吾を置く。

3番に本塁打王盗塁王の2冠に輝く山田哲人

4番には打点王を獲得した畠山和洋を置き、

強力な2~4番を形成した。


それまでのクリーンナップは3~5番、

打線の肝、いわゆる「中軸」というやつだ。

それを一つ前倒しした。


現在の「2番強打者論」と比べると、

長打力のない川端を置いている点では、

若干、趣きの異なるものの、

この配置が当時もてはやされたことは記憶に新しい。


打順が早ければ早いほど、

回る打席数は増える。


1番に出塁率の最も高い選手を置き、

2~4番でランナーをホームに返す。

野球界はそういう方向に進んでいるのだろう。


だけれども寂しさもある。


「打撃職人」

 

そう呼ばれるようないやらしい打者、

そういう選手の価値が下げられてはしまわないだろうか。

数字には表れない価値ってある。


空振りをしてくれない打者に対する心理的な消耗、

ケースによって左右に打ち分けられる技術、

1番打者を走りやすくするためのアシスト力、


「打者」と一口に言っても、

様々な武器や個性があるのだ。

 

2番に強打者を置くことで、

結果が出ているのだから野球は変わっていく。

それは仕方のないことだろう。


だけれども「野球」が「ベースボール」に変わる。

それはなんだか寂しいもの、

イチローさんが危惧していたことでもある。


必要以上に数字を追うスポーツになってしまったら、

チームは個性の積み重ねではなくて、

金太郎飴のように単調なものになってしまう。


「走塁職人」


日本代表でも存在感を示した、

ソフトバンクの周東佑京、

そういう選手は見ていて気持ちがいい。

尖がった選手の寄せ集めにはロマンがある。


会社組織だってそうだ。

尖がったところをうまく重ねて大きなチャートができる。

それがマネージャーの腕の見せ所、


「2番強打者論」


前倒して手薄になった5番と、

上位につなぐ8番、9番がカギとなる。

そういう意味では選手にとってチャンスは広がった。


「職人の生きる道」


それに思いを馳せるのも野球の楽しみ方だ。

これだから野球は面白い。


社会では定年が伸びているのだからさ。


「職人」としてベテランの活躍できる場所、

そういうものがあるとチームだって盛り上がる。


無観客だから目立つようになったけれど、

ベンチで大きな声を出している選手だっている。


今年は「数字に表れない部分」

それにも注目したい。

 

 

700日連続更新

f:id:tureture30:20200705125525j:image

 

昨日の記事で700日連続更新となりました。

恒例なので変化を綴ります。

 

f:id:tureture30:20200705125351j:image

 

前回は3月下旬、

年度の切り替わり、

コロナ禍の始まりの頃でした。 

tureture30.hatenadiary.jp

 

【600日からの変化】

・テレワークに勤しんだ。

・美女からのお誘いにのらなかった。

Amazonプライムばかり見ていた。

・『カラマーゾフの兄弟』を読み出した。

スマホゲームを始めた。

・自重トレーニングとランニングを強化した。

・ブロガーバトンが回ってきた。

 

 

自分の時間を取ることのできた期間でした。

 

テレワーク中はストレス要因を遠ざけられた反面、

人恋しさを感じました。

 

趣味は充実して、

出勤開始となってからは時間のやりくりに苦労しています。

それも喜ばしいことなのかもしれません。

 

心の変化は乱高下、

テレワークに救われた形です。


ここ最近の「惨めさの象徴」さん、

しばらく見かけないのでご懐妊なのか。

それでめでたくいなくなっていただけると助かります。

残念ながら私には彼女の幸せを願えません。


色々変化のあった道のり、

今の気持ちならば800日連続に向けて、

歩みを進めようと思います。


次回は10月の中旬、

その間にまた年を一つ積み上げてしまいます。


このご時世なので出会いはあまり期待できません。

夏場は体調を崩す傾向にあるので、

今年は気をつけようと思います。

 

いつもご覧いただき、

スターやブックマークまでつけてコメントまでいただき、

本当にありがとうございます。

励みになります。

 

これからも気が向いたらお付き合いください。