「自分さえよければ良い」と言う働き方

f:id:tureture30:20210306092708j:image

 

何度も書いているけれども、

私は基本的に、

仕事は「自分のためにすればいい」と思っている。


会社にしがみつく時代ではない。

社会人として自分が「どう力をつけていくか」


その視点の元で業務に当たらなければ、

いつ淘汰されてもおかしくないと考えている。

 

だから、人と比べてみると、

「仕事」と「自分」を割り切っているほうなのかもしれない。

 

対価に見合う労働力を提供していて、

周りに度し難い迷惑をかけるクラッシャーにならなければ問題ない。

 

もちろん面白い人とは関わるし、

仕事をしやすくするためのコミュニケーションは積極的にとるから、

周りからは社交的に見えるかもしれないが、

内実はかなり割り切っている。


最近の若手は概ね、

そのような考え方で働いているのだろう。


少なくともコロナ禍までは、

売り手市場が続いて、

あまり苦労せずとも就職できた。


それも一因なのかもしれない。


SNSの発達により、

「パーソナリティは肥大化した」

話を聞いていてどこかエゴイスティックな面が目立つ、

 

自己完結型の若者が増えたように思う。


何かを教えていると、

「なるほど」を口癖にして、

あたかも腹落ちしたかのように見せて、

その実、あまり理解していない。

 

教える側からすれば、

「なるほど」の内容まで踏み込んで確認しないといけないのだ。


「わからないこと」があったら、

あとでGoogle先生にでも聞いておけばいい。

大抵のことはそれで解決してきた。

 

若者からすれば、

おそらくそれくらいの腹積もりなのだろう。


そうやって自己判断して先に進み、

方向性がズレて問題に発展しそうでも、

「ネットで調べたらこうでした」だなんて、

悪びれもせずに平気で言う。


挙句の果てには、

「ちゃんと教えてくれなかったほうが悪い」

とは言わないけれど、

そういう態度を醸し出す。

自分に「非」があることを認めたくないのだ。


そうやって、

「自分さえよければ良い」という、

モンスター社員が生まれる。


個としては仕事ができたとしても、

周りから顰蹙を買うような仕事の仕方をしていたり、

共同作業を後回しにしてスケジュールを遅らせて、

目立つ仕事にばかり注力したり、


確かに「仕事は自分のためにすればいい」


だけれども、

「全体の優先順位」や「組織の利」を念頭に置かないと、

結局は「自分のため」にならないんじゃないかな。


表向きは調子よく、

裏では興味のあることしかやらない。


本人は気が付かなくても、

周りは見ていないようで見ているから、

どんどん信用を失っていくのだ。


関わる機会があったところで、

それを織り込み済で進めるから、

それでいいんだけどさ。

 

なんでも人任せで学ぼうともしない。

責任を取るつもりもない。

 

そういうのって、

ちょっと気持ちが悪い。


それが許される環境に身を置いていると、

それが当たり前になってしまう。


最近のビジネス書を紐解くと、

「フラットであること」をやけに強調するものが多い。


でも、その中にも上下関係は存在して、

他の人の仕事から学ぶものはたくさんある。


仕事を「自慰行為」か何かと勘違いしている人とは、

あまり関わりたくない。


そういう行為は一人でこそこそと、

見えないところでしていて欲しい。


気持ちが悪いから、

 

「結婚」とは互いの背負っている荷物をシェアすること

f:id:tureture30:20210305061836j:image

 

私には私の背負っているものがあって、

それに加えて将来背負うことになる荷物、

そんな「宿命」のようなものがあるのかもしれない。


そして相手となる女性もまた同様だ。


だから、先のことはわからないけれど、

「いっしょになる」と決める時には、

少なくとも今現在、互いが抱えている荷物をシェアできるのか。


それは大事な視点となる。


前に友人夫婦から紹介された女性がいて、

その人は難治性の持病を持っていると伝えられた。

もちろん命に及ぶものではない。


そのことが気にかかりながらも、

複数の友人同士の食事会のような形で、

一度会うことになった。


自立した考えを持っていて、

容姿もきれいな人だった。


結局は食事会みたいな感じだったから、

途中までいっしょには帰ったけれど、

連絡先を交換することなく終わった。


あとから話を聞くと、

その場で私のことを紹介するつもりだったけれど、

彼女は「叶わぬ恋」のようなものをしていて、

その相手のことを割り切ることができなかったらしい。


私も彼女の病気のことが気になっていて、

どこか「シェアする覚悟」を持てなかったから、

「そういうものなんだな」くらいに思い、

その後は彼女のことを考えることはなかった。


それから何年か経ち、

その紹介の話が再燃している。


彼女の問題はクリアになったらしく、

友人から「会ってみてはどうか」と連絡があった。

 

素敵な人だと思うけれど、

私の中で再燃するのは「相手の病気」と向き合う覚悟、


相手も私と同年代だ。

年齢も年齢なものだから、

気軽な気持ちで会うことはできない。


それに私は今、

他の女性ともやり取りをしている。

加えて他に紹介の話が控えていたりもする。


同時並行の婚活は不誠実と思いながらも、

女性たちの当たり前にそうする姿に傷つき、

「それならば」と私も「同じ穴のムジナ」となっている。


ここにきてまた再燃、

「紹介の話」が増えてきた。


いつだって重なるのだ。

 

私の人生を振り返ると、

出会いは重なることばかり、


複数の女性のはざまで揺れて、

「誠実」がどうの「覚悟」がどうのと考えているうちに、

愛想をつかして女性たちは去っていく。


その繰り返しだ。

 

f:id:tureture30:20210305062812j:image


何度か書いているけれど、

「気のないやり取り」を続けている10個年下の女性、


その彼女と「とりあえず」関係を進めてみて、

うまくいけば一緒になればいいし、

そうでなければ相手は若いのでダメージも少ないだろうくらいに、

「覚悟」もなく漠然と先のことを考えていた私、


だけれども「私の恋愛」

やはりそんなに甘いものではないのだ。


いつだって奇跡的にうまくいかないことばかりで、

客観的に見ても「まさか」という状況でチャンスを逃し続けてきた。


女性たちのエゴに振り回されて、

「不安を解消するための道具」として扱われて、


そういう「秋の空」のような女心を嫌と言うほど見せつけられて、

「不信感」を募らせると同時に、

私も「不誠実」に染まっていった。


「覚悟」なんか持たなくていい。

「10数年彼女がおらず恋愛のリハビリが必要だ」

「みんなそうやって付き合っている」


自分にそう言い聞かせてきたけれど、

「私の恋愛」は人と同じようにはいかない。


もちろん相手のいることなので、

私の一存でどうこうなることではないけれど、

私はまた女性と将来のことを考えて、

真摯に自分と向き合わなければならないのだ。


なんだか疲れてしまうな。


会った瞬間に「この人だ」って、

そんなビビっとくるようなものがあればわかりやすいのだけれども、

そんな相手と会うことはほとんどないし、

会ったとしても相手が私に対して同じように感じるとは限らない。


それに向き合うべき3人中2人は既に会ったけれど、

ビビっと来なかった相手なのだ。


結局、私はまた「誠実」と「不誠実」

その間で頭を悩ませることになるのかな。


村上春樹ノルウェイの森』を再読したけれど、

物語が変わることはない。結論はいつも同じ、


人生に2回か3回しかないという、

「幸せになれるチャンス」と言うものを、

何を差し置いても掴み取りに行く。


「誰かに誠実で在り続ける」よりも、

「自分の人生に誠実であること」が何よりも大事なのだ。


そういう意味で私はきっと、

誰かの背負っているものをシェアして、

それと同時に私の荷物を相手にシェアするという「覚悟」

 

そういうものを持たなければならないのだろう。


なんとも面倒な「私の恋愛」

厄介な「宿命」を背負ってしまったものだ。

 

だけれども、

こればかりは仕方がない。

仕方のないことなのだ。

 

「1000の記事を書くこと」にどれだけの価値があるのか

f:id:tureture30:20210304062214j:image

 

先日1000記事投稿を達成したわけですが、

これにどれだけの価値があるのか。

 

結論から申し上げますと、

「プライスレス」です。


なんて書くと、

この時点で読むのをやめる方が8割ほどでしょうか。

 

少し考察してみます。


確かホリエモンさんだったかと思うのですが、

個として尖がった存在になるために、

複数の要素を掛け算して「100万人に一人」の存在を目指せと主張されていました。


今は個性がお金になる時代、

全体の100万人に一人の存在と言うだけでインフルエンサーになり得る。

そんな主張だったかと思います。


その観点から考察して、

ブログで1000記事投稿することにはどれだけの価値があるのか。


それを独断と偏見でフェルミ推定してみようと思います。


まず日本発のブロガー数です。


2008年の総務省データですが1690万ブログが存在したとのこと、

そのうちアクティブブログは300万ほど、


そしてあるブロガーさんの2017年の調査では、

個人ブロガーの平均ブログ運営数は2.7個とのことです。


実感としてはかなり多いですが、

中央値で見るとおそらく低くなるのでしょう。

10以上運営している方が平均を引き上げているものと思われます。


算出したいのはブログ経験者数ですので、

1690万/2.7ブログ=約626万人

日本人口の約5%がブログ経験者と算出できます。


こちらを参考にさせていただきました。


印象としては妥当なところでしょうか。

私の周りでは「ブログ書いています」って人ほとんどいません。

私も周りの誰にも言っていませんが、


そして2009年のデータですが、

同じく総務省の調査によるとブログの1年継続は30%、3年継続は3%とのこと、

3年継続していても1000記事となるとほぼ毎日投稿しなければなりません。


そうするとさらにハードルは上がります。

調べてみても1000記事を達成したブログ数と言うデータはないのですよね。

 

なので1%と推定、


これを掛け合わせるとと5%かけ1%=0.05%、

2000分の一となります。


一つのブログで1000の記事を投稿したブロガーは、

日本人の2000人に一人くらいでしょうか。


そう考えると100万人には程遠いですが、

まずまずのバリューになりそうですね。


これが連続1000日更新となると、

更に数は絞られそうです。


ネット上で何か商売をするつもりはありませんが、

客観的な根拠として自信につながるということで、

考察してみました。

 

エビデンスが古いのと独断を含んでいるので、

参考程度にと思います。

1000の記事を書いて

f:id:tureture30:20210302222553j:image

 

昨日の記事で1000個目の投稿となりました。

 

実はあらかじめ1000個目に投稿しようとしていた記事を用意していたのですが、

衝撃トレードの報道があり「これは書かねば」と差し替えた次第です。


「書きたいこと」を書く。

 

私のブログIDにある「tureture」とは、

徒然草』を意識したものです。


ブログテーマは「私と世界との関わり方」


その意味では心に浮かんできたものをそのまま文章にして書き留める。

初心変わることなくそういうブログ生活を送れているのかもしれません。


1000記事用に作成した記事は、

また別の機会に投稿しようと思います。


さて、

「1000」と聞くと大きな数字です。


Aqua Times『千の夜をこえて』

秋川雅史千の風になって』

倖田來未『1000の言葉』

スタジオジブリ千と千尋の神隠し』など、

「数多ある数」を象徴する言葉でもあります。

※最後のものは違いますね。


ブロガーのバイブルとも言える書、

樺沢紫苑氏の『アウトプット大全』では、

「ブログ100-300-1000の法則」と言うものが説かれており、

1000記事投稿はブログ成長の指標として最後の段階に位置されています。

 

tureture30.hatenadiary.jp

 

そう考えると開設より約3年、

「ここまで来たのだな」と言う実感はあります。


ただ当面の目標としているところは1000日連続投稿、

そこまではまだ60日ほどあります。

一つの大きな通過点と言うところでしょうか。

 

苦しい時期が続きました。

これまで執筆ネタには困ることのなかった私ですが、

年末年始から1月末ごろまではスランプに陥りました。


ストックしていた記事を食いつぶす日々、

その時の心情にそぐわないものでも、

「まあいいか」と投稿を続けていました。


そこから2月に入り、

少しネガティブな方向に気持ちが傾いたからか、

裏腹にブログの調子は上がっていきました。


アクセス数はあまり伸びませんが、

ここ最近は自分では面白いものを書けていると思っています。


こうして迎えた節目です。


迫りくるプレッシャーか、

どこか「リアル」でも節目を作らなければならないと、

無駄な気負いがあったのかもしれません。


あくまでも「道楽」

今では思うがままに書き連ねていけばいいのだと思っています。

 

いつも読んでいるブロガーさんが、

15年間欠かさずに毎日更新を続けているという記事を読みました。

私はまだ3年にも満たないひよっこです。


とりあえず目標は1000日連続更新、

少なくともあと2ヶ月ほどは毎日投稿を続けると思います。


いつもご覧いただき、

コメントやスターやブックマークまでいただき、

本当にありがとうございます。

 

引き続き、気が向いたらおつきあいください。

 

【プロ野球2021】ヤクルト・廣岡と巨人・田口の電撃トレード

f:id:tureture30:20210302062913j:image

 

これは両チームのファンにとって驚きのトレードでしょう!

ヤクルトファンの私は思わず「マジか!」と口にしてしまいました。


開幕1ヶ月を切ったこの時期に!

と言う思いも去ることながら、

それよりもそのメンツです。


ヤクルト・廣岡大志は23歳で期待の内野手

巨人・田口麗人は25歳で実績十分の左腕、


推定年俸7000万の田口と同1600万の廣岡、

格差トレードと言えます。


しかし両チームの思惑が一致した形、


坂本の後釜としてスケールの大きい遊撃手を確保したい巨人と、

先発投手の中でも左腕が深刻なほど手薄なヤクルト、


二人がどのような成長線を辿るかはともかくとして、

意図のわかる良いトレードだと思います。


まずはヤクルトの廣岡


ネクストブレイク常連の選手、

オコエ世代での実績は野手として一番ですが、

なかなかレギュラー定着には至りません。


細身ながらパンチ力のある打撃、

安定感はありませんが守備にも光るものはあります。


ヤクルトファンは毎年、

「廣岡がショートで独り立ちすれば大きい」と期待、


ネーム入りのユニフォームを着ているファンも多く、

個人の応援歌まで作成されています。


2019年には初の二桁本塁打を放ち、

昨年も試合数の少ない中で8本の本塁打を放ちました。


昨年は同世代の森下が大卒でカープに入団し新人王、

まだまだ大卒ならば今年が2年目の年です。

それで二桁本塁打を放っているわけですから、

実績としては悪くない。むしろ世代の筆頭です。


「徐々に」ではありますが実績を積み上げて、

いよいよ「今年は来るか!」と言う時に電撃トレード、


正直、寂しい思いはあります。


だけれども、

環境が変わることで化ける可能性は十分にあります。

巨人のフロントから見ても、

そういう期待があってのトレードでしょう。


対する巨人の田口


これは廣岡の流出と同じくらいに衝撃でした。

「マジで田口もらえるの!」って、


私の中ではコントロールの良い投手というイメージです。


高卒で若いうちに出てきて、

「行く行くはエース左腕か」と言うくらいの投球をしていました。

4角をしっかりと突かれて手も足も出ない。

そんな完成度の高さを感じました。


日本代表にも選出されていて、

先発のみならずリリーフでも実績を積んでいます。

確か昨年の日本シリーズでも登板したバリバリの1軍戦力です。


成績が落ちたとはいえ、

まだ25歳ですからね。

神宮と同じく狭い東京ドームで結果を残しているのも好材料です。

本塁打PFは圧倒的に神宮の方が高いようです。


派手さはありませんが堅実で大崩れはしない印象、

まさに計算できる投手です。


そして何より巨人で培った経験、

シーズン通して主力として優勝争いを続けてきた経験は大きいです。


今はケガでキャンプを外れて別調整とのことですが、

活躍をとても期待しています。

 

 

さて、いよいよオープン戦が始まるというこの時期、

二人は直前まで知らなかったみたいですね。


ヤクルトからすれば実績のある投手が欲しいところ、

比較的充実したショート、サードの若手を放出しての獲得は納得できます。


巨人は将来を見据えてロマンあるショートを獲得、

山田2世との触れ込みだった廣岡を坂本2世へと育てる。

戦力は充実していますからね。


廣岡は良くも悪くもマイペース、

国歌斉唱の時に素振りをするという強心臓ですからね。

どのチームでも自分を見失わずにやれるでしょう。

新天地での活躍を楽しみにしています。


そして田口には先発の柱として活躍して欲しい!

ヤクルトには左で似たタイプの石川がいます。

彼の後を継ぐというか、一緒にと言うか、

ともかく「ヤクルトの田口」として活躍して欲しいです。


両選手にとって、

またチームにとっても、

最高のトレードとなるといいですね。

 

「自分をすり減らす」ということ

f:id:tureture30:20210227074634j:image

 

人は大なり小なり物心ついた頃から、

アイデンティティ」と言うものを形成し続けて、

それを元手に「行動規範」を決めていく。


主張に「一貫性」のある人は信用を得やすいし、

そうでなければ信用を失いやすい。


「自分はこういう人間だ」


それを詳細に言語化できる人ほど、

ある意味では「自分を知っている」のかもしれない。


だけれども、

あくまでもそれは「自分から見えている自分」でしかない。

「他人から見えている自分」と言うものも存在するのだ。


そして「自分」の視点と「他人」の視点、

両者が一致しているかと言うと、

必ずしもそうではない。

むしろ一致しないことの方が多いくらいだ。


「他人から見えている自分」


そこに軸足を置いてしまうと、

より大きかったはずの「自分から見えている自分」をすり減らして、

「他人から見えている自分」に合わせるようになる。


そうやって自分の「理想」だとか「信念」だとか、

大事にしていたはずのものが削り取られていく。


保身のために嘘をついたり、

損得だけで人間関係を形作ったり、

望んでもいない相手と体を重ねてみたり、

 

そうやって「すり減っていく」のだ。


「組織」と言う器に合わせて、

どんどん「自分」の形は変わっていく。


もちろん好ましい変化もあるだろう。


できなかったことをできるようになるために、

人は変わらなければならないことがある。


その先に「望む未来」があるならば、

それは「成長」という名の、

人生にとって必要な変化なのかもしれない。


最初は「何でもできる」って信じていた。

子供の頃は「自分の可能性」を信じていた。


目の前には無限の可能性が広がっていて、

望めば「なんにだってなれるんだ」って、

信じて疑わなかった。


そこから徐々に少しずつ、

ヤスリのようなもので削られていって、

時にはナイフで強引に抉り取られたりなんかして、

どんどんどんどん小さくなっていく。


厄介なことに、

「無くなってしまった部分」のことばかりが、

やけに愛おしく思えてくる。


夜な夜な咽び泣いてみたり、

「無くなった部分」を別の何かで補おうとするけれど、

多くは「どうにもならない」ということに気が付くだけで終わる。


だから、

まだ残っている部分への愛着は強くなり、

それは執着に変わり、

年を取るごとに「すり減らすこと」に臆病になっていく。


そうこうしているうちに、

それは鉄のように固くなっていって、

どんなにヤスリで削られても、

ナイフを突き立てられても、

ビクともしないように固まっていく。

 

そうやって出来上がった自分自身、

今度は別の問題が出てくる。


別の「器」に合うように、

自分の形を変えることができなくなるのだ。

 

これまで生きてきた道を信じたいあまり、

愛着を執着に変えて、

「悪いのは周り」だって思い込み、

変わることができなくなる。

 

そして苦しんで「居場所」を失って、

やがて孤独に耐えかねて、

「それでもいい」って言ってくれる人たちに、

素直に感謝を伝えられるようになる。


そうやって人は「終わり」へと進むのだ。


さんざん「すり減らして」生きてきて、

次第に「すり減らすこと」もできなくなって、

最後は自由自在に己の形を変えられるようになる。

 

そこまで行けたら、

その人生はきっと幸せなのかな。


「自分をすり減らす」


人は少なからずそうやって生きている。

そうやって形を変えて生きている。

 

だけれども、

元あった自分とは全く別の形になってしまっても、

「大事なもの」がその真ん中にしっかりとあれば、

きっと大丈夫なんじゃないのかな。


「大事なもの」を端っこの方に、

チョコンと置いていないでさ。

しっかりド真ん中に置いておけばいい。


そうじゃないと何かの拍子に、

知らずのうちに削ってしまうかもしれない。


私はまだ私の大事なものを、

きっと真ん中付近に残している。

そう思いたい。


だから私は童貞なのだ。


それってきっと素敵なこと、

私はきっと、ちゃんと私らしく歩んでいる。

 

無理にでもそう思うことにした。

 

2月が逃げていく

f:id:tureture30:20210228100531j:image

 

時ばかり無情に流れていく。

私の体からも「何か」大事なものが流れていく。


時は待ってはくれない。

時は無情であり、無常なのだ。


「望む将来」に向けて、

状況は何も変わらないのに、

どんどん月日は流れていく。


この2月は私の人生にとって、

どのような意味があったのだろう。

そんなことばかりを考える。


女性との気のないやり取りを繰り返して、

「とりあえず」何かを進めている気になっている。


そんな期間だったのだろうか。


「緊急事態宣言」と標榜するも、

世間は何事もないかのように進んでいく。

 

街は人で溢れかえり、

20時ごろの電車は帰宅ラッシュ、

果たして時短の意味はあるのだろうか。

 

だけれども「緊急事態宣言」

 

それを言い訳にしては、

互いに会うことを先延ばしにして、

「とりあえず」相手がいないわけではないって、

そういう「安定剤」にするために連絡を取り続けているのだろう。

 

女性とやりとりを続けたところで、

「満たされること」はなく日常は続いていく。


「何のために生きているのだろう」

そう考えることが増えた。


そんなことを考えるくらいならば、

「楽しみ」の一つでも増やせばいいのに、


結局は「今現在が満たされていること」

 

何よりもそれが大事なのだ。

その積み重ねの中で「生」を実感できる。


「足りないもの」にばかり目を向けて、

声には出さなくても「満たされない」と喚いている。

それが今の私なのだ。


割り切って先に進めるのならば、

早いところそうしたほうがいい。


「満たされない」状況を作っているのは私、

すべては私次第なのだ。


BUMP OF CHIKEN『銀河鉄道

「人は年を取る度始まりから離れていく。

動いていないように思えていた僕だって進んでいる」


一人の時間が増えて、

嫌と言うほど自分と向き合って来たから、

この2月は「考え方を変えるため」に必要な時期だったと思いたい。

 

そう思えなければ、

あまりにも虚しい期間だったから、