「語彙力」が足りないから中傷が生まれる

f:id:tureture30:20201202104142j:image

 

面白い記事を見た。

 

表題はその中で出てきた表現、

なんとも腑に落ちる言葉だ。


感情表現の苦手な人ほど、

短絡的な表現でその気持ちを吐き出してしまう。

生じた「違和感」をうまく言語化できないのだ。

 

だから「バカ」だとか「死ね」だとか、

安易に相手を全否定できる言葉、

人格否定の表現を多用する。


それが軋轢を生み、

相手の感情を逆撫でる。


「嫌い」

 

一度そう思ってしまうと、

早めに手をつけないと手遅れになる。

 

「負の感情」ほど増幅しやすいのだ。

初めは大したことなかったとしても、

その感情はどんどん育っていく。


「気まずい」


そう思って避けているうちに、

相手の「嫌い」も増幅していく。


きっとそういうものなのだ。


だから初めから、

しっかりとした自己認知をできていれば、

自分の感じる「違和感」を、

誤解なく相手に伝えることができる。

 

そうすれば、

あまりこじれることはないんじゃないのかな。

 

何もそれは「語彙力」だけではない。

ぶつける相手のことをどう思っているのか。

それによって大きく左右される。

 

優しい言葉が甘やかしになることもあれば、

厳しい言葉が相手のためになることだってある。


始まりはいつだって、

「すれ違い」


距離が近くなり過ぎた分、

相手に対する期待は大きくなる。


だから「わかって欲しい」って、

相手にエスパーみたいな能力を期待しても、

土台無理な話だ。


どんなに深い関係になったところで、

相手は「あなただけ」を見ているわけではない。


自分の課題があって、

苦しみがあって、

生き方がある。


それをねじ曲げてまで、

「私だけを見て欲しい」

その関係に先はあるの?


互いが適切な距離を探り合う。

そしてちょうどいいところで折り合う。

言葉を選び合う。


夫婦であっても、

恋人であっても、

どんなに分かり合えていると思っても、


相手は自分とは別の人格で、

自立した個人なのだ。


そのことを忘れてしまうから、

自分に都合の良い道具のように見てしまうから、

だから傷つけてしまうんじゃないのかな。


近過ぎても、遠過ぎても、

人は人を人として見なくなってしまう。


「同化」してもいけないし、

「記号」に変えてもいけない。


ただ相手も自分と同じ、

「脆くて弱い生身の人間」

その共通項だけは忘れてはいけない。


ベースにそれがあるだけで、

許すことができるし、傷つけることは減る。

 

そういうものなんじゃないかな。


Mrs.GREEN APPLE『ロマンチシズム』

愛を愛し、恋に恋する。

僕らはそうさ。人間さ。

 

「怒り」に有効な「リアプレイザブル」について

f:id:tureture30:20201201062827j:image

 

「アンガーマネジメント」


それは理不尽に晒されながら働くことが日常となった、

そんな現代ビジネスマンにとっては、

喫緊の課題と言っていいかもしれない。


要は「サービス過剰」なのだ。


お・も・て・な・し

それが「あ・た・り・ま・え」

になったものだから、

サービスを提供する側は自然と疲弊する。


そういう社会だ。


さて本題の「リアプレイザル」

「再評価」を意味する言葉のようだ。


自分に怒りが湧いた時、

そして相手の怒りに晒された時、

それを「別の視点」から見るというもの、


「自分は何で怒っているのだろう」

「相手の怒りの先には自分の見えないものがあるのかもしれない」


そうやってひとまず、

「怒り」と「自分」を分離する。

そしていろんな視点から眺めてみるのだ。


今朝のイラっとする出来事が、

些細なことで感情を爆発させる、

そんな引き金になっているのかもしれない。


目の前の怒っている相手は、

普段から家族に蔑ろにされていて、

「やり場のない怒り」をここぞとぶつけているのかもしれない。

 

妄想でもなんでもいい。

そうやって「怒りの理由」を仕立ててやる。


真実はどうだっていい。

自分が「怒り」を「別の視点」から見ることが重要、


それにより、

「怒り」という感情自体が滑稽に思えてくる。


ただし、

下手に笑顔を見せてはならない。

「怒り」に晒されている時、

こちらの「余裕のある態度」は相手の神経を逆なでするのだ。


「嫌いな奴の楽しそうな姿」ほど、

イライラするものはない。


「怒り」を向けられている自分は、

相手にとっては短期的であれ「嫌いな奴」


塩らしく目じりを下げて、

平謝りしていればいいのだ。

相手の立場が上ならば尚更だ。


「正義」だの「信念」に殉じて、

「怒り」に「怒り」をぶつけたところで得はない。


相手を潰すならば「大義」が必要だ。

「従順」だと思わせておいて、

いざという時にのど元に噛みつけばいい。


それを想像して悦に浸ることもまた、

「別の視点で見る」ということだ。


信長よりも秀吉よりも、

家康はその点に長けていたのだろう。


所詮この世は「弱肉強食」

弱いものは食い物にされるのだ。


爪や牙をむき出しにしながら生きていけるほど、

甘い世の中ではない。


「誠実さ」とは「優しさ」ではなく「強さ」なのだ。


争いを避けるためではなく、

味方を増やすための「強さ」なのだ。


そこに葛藤は必要ない。


半沢直樹


「勧善懲悪」は見ていて痛快だが、

あれはドラマだからできること、


彼が現代ビジネスマンの「理想」だとするならば、

「理想」と「現実」は立て分けなければならない。


「怒り」を原動力にするよりも、

「怒り」に理由をつけてそれを受け流したほうが、

圧倒的に生きやすいのだ。


人の「怒りの正体」は、

「居場所を奪われるかもしれないという不安」からくるもの、


「居場所」なんてものは多岐にわたるし、

どこを「居場所」と感じているかなって人それぞれ、

おまけに「気分」や「体調」によって大きく左右される。


「理想」や「信念」なんてものは、

「怒り」によって気づかされるものではない。


時間をかけて言語化するものだ。


「怒り」なんてものは、

「気まぐれで不確かなもの」なのだ。


それに振り回られたところで得るものはほとんどない。

あまりにもコスパが悪い。

 

 

私が影響を受けた「ラブソング」

f:id:tureture30:20201130062030j:image

 

「ラグソング」と言われて思い浮かぶ曲、


河村隆一『LOVE SONG』


LUNA SEA」のRYUICHIが、

「ロック」のいう名のマスクを取ってソロとして活動するや否や、

激甘のラブソングばかりを歌っていた。


この曲を収録するアルバム『Love』は、

いまだに男性ソロアーティストとして、

国内トップの売り上げを記録しているらしい。


手にした当時、

私は中学生だっただろうか。


なぜか叔父から音楽CDを一式譲り受けたことがあり、

このアルバムはその中に含まれていた1枚だった。


GLAYラルクと同じく、

私はこの河村隆一にも夢中になった。


初期の「LUNA SEA」はあまり知らないのだけれども、

活動再開後に発売したシングル曲『STORM』

私が初めて自分で買ったCDだったはずだ。


前置きが長くなったが「ラブソング」


私の恋愛の原風景には、

河村隆一さんが大きく関わっているように思う。

前述のとおり激甘のラブソングだ。

  

『LOVE SONG』(cover)


約束覚えてる?

俺は王様になる。

必ず君を王女にすると誓ったね。

 

 

『小さな星』


未来がやってきたら

小さな星を買って

地球によく似た二人だけの緑の星を


これからは二人きりだから、

恥ずかしがらなくていいよ。

 

 

『Glass』

 

 

 

 

そして代表曲『Love is...』

 


You are my only.

You are my treasure.

I'd give you my whole thing, even if you don't want.

(あなたは私のすべて、

あなたは私の宝、

もしあなたが欲しがらなかったとしても、

私はあなたに私の全てを捧げたい)

 

もはや二人だけの世界だ。

『Love is...』なんか重すぎる。

控えめに言っても「完全にイっちゃっている」 

 

恋愛に興味を持ち始めた多感なお年頃、

そんなときにこんな気恥ずかしい曲に夢中になっていたのだ。


だから私は「純愛主義者」なのだ。

そこからどんどんこじらせて今に至る。


少女漫画に夢中になってこじらせる。

女性ならばそんなルートだろうか。


この年になってまで、

こういうものを求めている女性は多くはないだろう。


だけれども私は経験が乏しいものだから、

いまだにこういうものに憧れを抱いている。


需要と供給が釣り合わないわけだ。


「人」がどんどん「モノ」と化していく時代、

私の理想は「時代遅れ」なのかな。


人によるのかもしれないけれど、

若い世代は「結婚」を手段化しているきらいがある。

自分がライフステージを駆け上がるための手段なのだ。


「パーソナリティは肥大化する一方」

そういう世の中なのかな。


だけれども、

私は私であるために変わるわけにはいかない。


「この人」と思う一人とだけ、

たまらなく愛し合えればいいのだ。


自尊心を高めるために、

自らを「孤高の童貞」とでも名付けようか。


きっと私は好きでこじれているのだ。

そう思わないとやっていられない。

 

「手に入らなかったもの」に思いを馳せるたびに心が疼く

f:id:tureture30:20201129075726j:image

 

思い出したくもないのに、

ふとした時に、

ふとしたものに触れて、

ふと思い出してしまう。


思い出したら最後、

思考を停止することなどできない。


私は「自省的」だ。


「傷」をしっかりと「傷」として、

自分の心に刻み込む。


だから私の心は傷だらけで、

傷のないところを探すほうが難しいくらいだ。


だから、

私にとっての「自分と向き合う作業」


必然的にそれは、

「自分の傷」と向き合うものになる。


作家の話なんかを聞いていると思うのだけれども、

とことん自分の内面と向き合って、

それを絞って絞って絞り切って、

そうして作品を生み出している。


その中には当然、

「傷」もあれば「恥」もある。


綿矢りさ『インストール』

確か執筆当時、女子高生だった彼女、


その彼女の作品に出てきたシーン、

 

どうでもいいおじさんと、

オンライン上で卑猥な言葉をやり取りする女子高生、

その最中の身体的変化を表現する、

唐突に表れた「濡れた」という官能的な一言、


学生時代に一度だけ読んだ本だけれども、

少しだけお姉さん、

自分と大して年の変わらないうら若き乙女が綴る、

そのたった3文字は、

今でも頭に残るほど印象的だった。


「自分の脳内をさらけ出す」


作品なんてものは、

途方もないくらいに、

それを繰り返した先にできるもの、


そういう作業を重ねてきた人の言葉には、

なんだか魅力的な響きがある。


だから私がこうやって、

ブログに「恥」ばかりを書き綴っていることは、

ある意味では「自分」になるために、

もがいているということなのかな。


綿矢りささんがテレビに出ているのを見て、

この「濡れた」という言葉を思い出す私、


ふとした時に、

ふとしたものに触れて、

ふと思い出してしまう。


記憶というものは厄介なものだ。


一度染みついた印象は、

なかなか消えてはくれないのだ。


「傷つく」


多くの女性から、

そんな鮮烈な印象を植え付けられたものだから、

その印象はそう簡単に消えてはくれない。


「傷が疼く」

 

嫌いなあの子と、

似ている芸能人がテレビに映るだけでも、

疼いてしまうのだ。


ポルノ動画の女優さんが、

「過去の痛み」と似ていた場合は最悪だ。

だから最近は海外のものばかりを見ている。

 

だなんて、

そうやって向き合うことを避けている限りは、

いつまで経っても、

この「傷」は疼き続けるのかな。

 

感情に振り回されないために「一般化しない」ということ

f:id:tureture30:20201128102730j:image

 

人はある個人に向けて「憎悪」を向けだすと、

その周りのものまで「憎む」ようになる。


「あいつ嫌い」

「あいつと仲いいやつ嫌い」

「あいつの所属するグループ嫌い」


いわゆる「一般化」というやつ、


とあるクソ女から傷つけられたところで、

「女性全般」を憎む必要はないのだ。

逆もまた然り、


だけれども、

いったん傷を負ってしまうと、

その対象に対して過剰な防衛機能が働く。


そうやって、

どんどん「憎しみ」は広がっていく。


不器用な人ほど、

真面目な人ほど、

物事を「白」か「黒」で捉えがちだ。


Mr.children『GIFT』


白と黒のその間に無限の色が広がっている。

君に似合う色探して優しい名前を付けたなら、

ほら一番似合う色、今君に贈るよ。


世の中にはその中間色であるグレーをはじめ、

白と黒以外にもいろいろな色がある。


子供の頃はそれを当たり前のように知っていて、

パレットに色々な絵の具を塗りたくっては、

それを混ぜてみたりして、

「どんな色になるのかな」なんて、

ワクワクしながら生きていた。

 

世界の無限の広がりを、

あの空の青さを、

天井なんて作ることなく、

一身に感じていたはず、


だけれども、

年を取るにつれて、

「決まった色」しか使わなくなる。


むやみに他の色に手を出すと、

「傷つく」ことになるかもしれないと、

そのことを知ってしまったから、


「涙の数だけ強くなれる」のだけれども、

「涙の数だけ選択肢は狭まる」


人は「涙を流すこと」で、

何があっても残された道を進んでいく、

そういう覚悟を決めるんじゃないかな。


「分かれ道」は「別れ道」

選ばなかった選択肢とのお別れだ。


いつまでも未練たらしく、

「別れた道」ばかりに思いを馳せたところで、

その道はもう「通行止め」なのだ。


引き返したところで、

そこから見える道は、

時とともに輝きを失っているかもしれない。

 

前と同じように、

同じことを、

同じ時に、

選択しなおすことはもうできないのだ。


そうやって徐々に選択肢は少なくなり、

最後には「一つの色」を選ぶことになる。

 

そうやって生きていくのだ。


だけれども、

気をつけなければならない。

 

一本道になってしまったかのように見える、

そんな道の端っこを注意深く眺めてみると、

思いもしなかった「分かれ道」が隠れているかもしれない。


「自分はこういう人間だ」って、

「自分の色」を選んだように思えても、

それはただの思い込みかもしれないのだ。

 

結局はそれも「一般化」

 

「人生」なんてものはそんなものだと、

そう決めつけたところで、

その先に描く希望がなければ、

人は生きていく糧を失ってしまう。

 

「一般化」

 

理解を進めるために便利な手法だけれども、

それは「思い込み」を助長する。

 

「目の前の一つのことと向き合う」

結局、答えはそこにしかないのだ。

 

己の経験により作り出す、

輪郭のぼやけた「一般化」された像とばかり向き合って、

目の前にある実像を見誤る。

 

目の前にある人は、

目の前にあることは、

確かに存在する私が向き合うべきものなのだ。

 

そのことだけは忘れてはならない。

 

【2020プロ野球】セとパの決定的な差

f:id:tureture30:20201127063232j:image

 

今年のプロ野球は下馬評の通り、

ソフトバンクホークスの日本一で幕を閉じた。

 

セ・リーグ王者の巨人に対して、

2年連続で無傷の4連勝、

日本シリーズ4連覇と圧倒的な結果を残している。

 

ところがそのソフトバンク

昨年、一昨年とリーグ優勝を逃しているのだ。

それだけパ・リーグのレベルは高い。

 

「人気のセ、実力のパ」

そう言われてきた。

 

8年連続でパ・リーグ球団の日本一、

セ・パ両リーグのチームが総当たりを行う交流戦

セ・リーグが勝ち越したのは15年の歴史の中でたったの1度、

 

実力は去ることながら、

地方に力を入れてきたパ・リーグ球団は、

地域密着でファン層を広げている。

今では人気も「セ」に劣るとは言えないだろう。

 

「投高」「打高」という言葉があるように、

シーズンや各国のリーグによって特色がある。

 

韓国、台湾は日本と比較して「打高」の典型的、

米メジャーでも「打高」が続いていたが、

近年は投手が盛り返してきた。

 

日本では「加藤球」と呼ばれる低反発球により、

「投高」が続いていたが、

近年は球場にテラスを設けてホームランを出やすくするなど、

「打高」に寄ってきている。

 

ルールや道具など環境面で左右されることはあるが、

「投高」「打高」と言われながら、

選手たちはそれに適応するべく努力を続ける。

そうやって「リーグ」のレベルが上がっていくのだ。

 

その積み重ねの先、

それが今のセ・リーグパ・リーグの差なのだろう。

 

指名打者制の有無」

「ドラフトの巧拙」

  

そういう声は聞こえてくるけれど、

「野球に対する意識の差」

特に今回の日本シリーズを見ていて感じた部分だ。

 

巨人は心が折れたのか、

大敗した2戦目の途中から全く覇気がなかった。

 

ベンチの映像ではキャプテンの坂本をはじめ、

バットを眺めながら意気消沈、

それとは対照的に笑顔で声を張り上げるソフトバンク

 

緊張感十分の大舞台だ。

何も好きで騒いでいるわけではないだろう。

(中にはそういう選手もいるだろうけれど)

 

だけれども、

勝つためにできることは何でもやる。

この姿勢がチームの勢いに直結したように感じる。

 

ソフトバンクの選手たちは、

1プレーに気持ちがこもっていた。

 

全試合でマスクを被った捕手の甲斐は、

常に険しい顔をしながら一球一球頭を悩ませていることが見て取れた。

 

ベテランの長谷川は勝っている場面で、

内野安打を狙っての1塁へのヘッドスライディング、

アウトを宣告されると本当に悔しそうに地面をたたく。

 

好投して巨人打線を抑えた、

1戦目、2戦目で先発の千賀と石川は、

降板後にそろって課題を口にする。

 

そういう積み重ねなのだろう。

 

これは「勝者と敗者の差」

そう言い換えてもいいのかもしれない。

 

同じような居場所にいた同級生が、

10年経つと全く立ち位置が変わっている感覚、

結局、努力は裏切らないのだ。

 

もちろん10年もすれば選手は入れ替わっている。

それでもリーグの差は広がり続けている。

 

フロントの体質なのかもしれない。

パ・リーグTV」に代表されるように、

セ・リーグ球団はどこか保守的で利権主義だ。

 

近年は充実してきたけれども、

人気球団は金の成る木、

不人気球団でも大きく赤になることはなく体のいい広告塔、

パ・リーグと比べたら球団経営に手を抜いてきたことは否めない。

 

球界の盟主といわれた巨人が2年連続での惨敗、

しかも歴史的大量失点にあわやノーヒッター、

ファンからのざわつきは昨年の比ではない。

 

よくも悪くのセ・リーグは巨人主導だ。

その巨人が大きなダメージを受けた。

変わらないといけないのだろう。

 

だからと言って、

悲観するほどどうしようもないわけではない。

 

ドラフトはここ数年パ・リーグに劣らない成果を上げているし、

横浜をはじめ球団経営にメスを入れて収益改善に転じている。

差の一因である「指名打者制」の導入も、

メジャーに追従する形でおそらく数年以内に実現するだろう。

 

「意識」の差

 

フロントも選手もファンも、

リーグを強くするために一枚岩となる。

今回の惨敗はどうやら相当な劇薬のようだ。

 

これを機にもう一重、

リーグ再編は加速していくだろう。

 

セ・リーグ球団のファンとして、

それに期待する。

 

何はともあれ、

試合をできるかもわからないところからここまで来た。

 

表舞台の選手たちはもちろんのこと、

裏方の休場スタッフまで大変な苦労をしてのシーズン、

今年も野球を楽しむことができて本当にありがたい。

 

すべての関係者に感謝、

 

お疲れ様でした。

来年も楽しみにしています。

 

「痛み」や「苦しみ」を誤魔化すことなく、どこかで向き合っていかないといけない

f:id:tureture30:20201126084616j:image

 

なるべく考えないようにしていた。

直近の「痛み」や「苦しみ」について、


それどころか、

誤魔化そうとしていた。

「傷ついてなどいないんだ」って、


だけれども、

その「痛み」は、

その「苦しみ」は、

確かに私の中に蓄積されているのだ。


私の前から去っていった、

10個年下の「晴れ女」さん、


去年の「雨女」さんとは対照的に、

会う日はいつも「晴れ」だった。

 

日の光の暖かさに包まれて、

時折吹く秋風を心地よく感じながら、

並んで散歩をする時間が楽しくて、

その時だけは話題が尽きなかった。


だけれども、

向かい合って食事をしている時、

その時ばかりはどうもギクシャクしていた。

 

おそらく、

お互いそのことには気づいていたのだろう。


4度目の約束、

「私も楽しみにしています」

その言葉を最後に返事は途切れた。


「このまま終わりたくない」


そんな思いから再度確認の連絡をする。

「このまま会い続けるのは少し違うと思う」

そんな返事が来た。


そうして終わった。


私の中にも「迷い」はあった。

「私は相手の若さに惹かれているだけなんじゃないか」って、

そんなことばかりを考えていた。


だからそれを盾にして、

このダメージを無かったことにしようとしたけれど、

そんなことはできないのだ。


地上最強の矛で突かれたわけではないけれど、

おそらくこの「痛み」は、

地上最強の盾でも防ぐことはできない。


「矛盾」


「私も楽しみにしています」

彼女の言葉の裏にある感情に薄々気が付きながらも、

私はそれを考えないようにしていたのだ。


人は都合のいい生き物だから、

都合のいい方向にばかり進もうとする。


その先に「望むもの」があればいいのだけれども、

私の場合はいつも奇跡的に、

その逆を選ぶのだ。


チャンスを前にしては尻込み、

ポジティブに進めば手に入ったかもしれない幸せ、

ここ4年間で何度もそれを逃してきた。


二分の一のように見えて、

二分の一ではないのだろう。


私の頭の中の「こじらせ回路」が、

無駄に勤勉に働いて、

いつだって「不正解」を選び出す。


「不正解」


少なくとも今は「不正解」

まだ「痛み」を感じているから、


思い返してみると、

私はいつから「痛み」と向き合っているのだろう。


動いた分だけ傷は増える。

大小様々あるけれど、

私はどれだけの傷を負えば気が済むのだろうか。


「もう立ち上がれない」


そう思っても立ち上がる。

傷だらけになりながらも、

新たな傷を負うために立ち上がるのだ。


どれだけ業が深いのだろうか。

私はどれだけ業が深いのだろうか。


「痛み」や「苦しみ」と、

どれだけ向き合えば報われるのだろうか。


だけれども、

向き合うしかないのだ。


消化しない限りは、

どこまでも追いかけてくる。


少しづつ、少しづつ、

受け入れるしかないのだ。


2度目に会ったときは、

1度目にはしていないリップをつけていた。


3度目に会ったときは、

2度目と同じ服装だった。


「私も楽しみにしています」


言葉とは裏腹に、

既に気持ちは離れていたのだ。


いつだって手遅れ、

私の「恋愛」はいつもそうだ。