SNSの闇

f:id:tureture30:20190321082632j:image

 

今クールのドラマを見ていて、

やけに目についたテーマ、


私が見た範囲だけでも、

『3年A組』を筆頭に『トレース』や『QUEEN』でも言及されていた。


SNSの闇」


時代の流れなのか。

見ていて気持ち悪いくらい同じような描写で、

吹き溜まりのような悪意をリアルに「悪」として映し出す。


使い方を間違えれば、

どんなに便利な道具も人を傷つける凶器となる。


そんなテーゼが見え隠れする。


気に食わないものを乏しめて、

相対的に自分の価値をあげようとする。


鬱憤を晴らすために、

世間様から叩かれている誰かを叩くという、

「正義」に便乗する。


自分よりも恵まれない人を見て、

自分はまだまだ大丈夫だと安心することだってある。


「自分の価値を信じられないからそうなる」


世界が狭くなりすぎて、

ライバルは60億人、


それだから人と比べては自分の立ち位置を確認し、

いちいちそれに一喜一憂する。


「5G」

今年は通信環境にイノベーションが起こるといわれるはじめの年、

これから先はますます世界は狭くなるだろう。


だからこそ、

「軸」となるものを確立しなければならない。


私の場合は、

「誠実であること」

「人を道具として見ないこと」

「合理的であること」


今のところは、

上から優先して、

これを軸に「自分のやり方」というシステムを構築している。


フレームワークがしっかりしていないと、

拡張性の乏しいシステムが出来上がってしまう。


私がこれまでに構築してきたシステムは、

一つの価値観に偏りがあったのだろう。

拡張性に乏しかったのだ。


どんなに素晴らしいものであっても、

それに傾倒しすぎて、

自分の存在価値を委ねてはならない。


何度も同じようなことを書いているが、

戒めのように自分に言い聞かせている言葉、


フレームワークは模倣品でもいい。

だけれどもシステムの構築まで誰かに任せてはいけない。


パッケージ化されていれば、

そりゃ便利で手軽なもの、


それを購入して、

「これが私の価値観です」


安心安全お手軽で、

おまけに同じコミュニティでは称賛される。


自己承認欲求を満たすとともに、

他者からも承認される。


便利すぎて涙が出てくる。


だけれども、

拡張性に乏しい。

そしてどうしたって排他的になる。


その価値観にそぐわないものや、

異を唱えるものに対しては、

「対応できません」って、

思考停止して遠ざけるようになる。


「本当にそれでいいのかな?」


今の自分を自分に問い続けられなければ、

そこで試合終了してしまう。


あたかも

「これが自分の価値観です」って、

そんな顔をしていたって、

ちょっと突っ込まれたら説明できなくなる。


それではちょっと虚しいでしょ。


ドラマを見ることも、

映画を見ることも、

本を読むことも、

ブログを書くことも、

そのための作業なのかもしれない。


「私はこういう価値観で生きています」って、

誰にでも臆せずに語れるようになりたい。


悩み苦しむごとに、

それは変わるかもしれないけれども、

その経緯を含めて、

説明できるようになりたい。


話が尽きないほど、

生き生きと、

本当に楽しそうに、

 

そうなりたい。


そうすれば周りに何を言われようと、

どんな道具を使っていようと、

自分らしくいられるのだろう。


それが私の目標なのかな。

 

毎日を後悔しないために

f:id:tureture30:20190320072858j:image

 

memento mori

死を忘れるな。


「我が身に命に及ぶ災難が降りかかった時、

今日に後悔はないのか」


そう問いかけてみると、

後悔ばかりの毎日を送っている気がする。


一番の後悔は自分ではわかっている。


もはやそれはどうしようもないのだけれども、

自分の中で噛み砕き、

消化することはまだできる。


消化不良が続いているのだ。


憎しみにまみれた食材ばかりを口にするから、

神経に触っては、

体調は悪くなるばかり、


ここ3年ほど、

耐え難い苦難にばかり遭う。

少なくとも私にとっては、


それは自分の課題と向き合っている証拠なのか。

ただの偶然なのかはわからない。


私の人生がガラリと変わった3年、

カルマと呼べるものが一気に吹き出た3年、

起こるべくして起きた3年なのかもしれない。


先週、縁談の話が来た。


どういうわけか、

こういう時に限って体調を崩す。

病気にかかる。邪魔が入る。


いつものように理由をつけて逃げ出すことは簡単だけれども、

ここいらで変わらないといけないのかもしれない。


運命というものがあるのならば、

それを自分の希望へと手繰り寄せるために、

覚悟を決めないといけないのかもしれない。


変えられないことはない。

私の世界は私の心ひとつなのだから、


そう思いつつも、

ビクビクしながらその日を待つ。


また邪魔が入ったっていい。

どう転んでも私は幸せを自分の手で手繰り寄せるのだ。

そう決めたのだ。

申し訳ないけれども私はあなたとは必要以上に関わりたくありません

f:id:tureture30:20190319082426j:image

 

そのような態度で接しているのに、

どうも理解していただけないことがある。


とことん避けられたり、

とことん愛想よくされたり、


0か100、

その振れ幅の大きさに、

ついていくだけで消耗してしまう。


それならば、

気にすることは止めて、

必要以上に関わらないようにした方が良い。

 

 

こうやって何事も体系化して、

それに従って行動することが癖になっている。

そんな自分があまり好きではない。


だけれども、

そうやってシステムを組まないと、

うまく動けないのだ。


「自分のやり方」


そういう名前のシステムを設計して、構築して、

論理的に間違っていないか検証して、

リリース後はトライ&エラーの繰り返し、


そうやって精度を高めて、

ようやくここまで来た。

少しづつ「心」をシステムに追いつかせることができてきた。


とことん不器用なのだ。


ある人からは「自分を持っている」と感心される。

ある人からは「めんどくさい」と敬遠される。


どう思われたとしても、

仕方がない。


「理性」という制御装置が働いて、

システムから外れた行動を軌道修正してしまう。


「人並み外れた理性の持ち主」


読者の方からそう指摘されて、

そのことについて考えてみて、

その根源は「自分のやり方」というシステムなのだと思った。


私の場合は、

いろいろなことがシステム化されすぎているのだ。


それはいろんなことを効率化してくれる、

便利なものではあるけれど、

反面、自由を奪う拘束具にもなる。


拡張性なんて考えていないから、

直面した課題に対してツギハギで対応して、

「恋愛」という分野に関しては手付かずで、

手の届きにくい状態に落ち着いたのだろう。


これまでの生き方が、

「恋愛」を重要視してこなかったから、

それを手に入れたくなったからと言っても、

システムは容易に対応できない。


環境ではなくて、

自分のシステムの問題なのだ。


「あてがわれた相手と何も考えずに一緒になること」

そのようにツギハギで対応することも可能かもしれない。


だけれども、

その手段を講じたとしても

「恋愛」というものを経た関係でないと、

長く続く気はしない。


ツギハギには限界が来ているのだろう。


「恋愛」は複雑怪奇だから、

これから対応するとなると、

プログラムを見直すところは多そうだな。

途方もない作業になるだろう。


「えくぼは恋の落とし穴」


落とし穴に落ちるように一瞬で恋に落ちて、

そこから「自分のやり方」に繋げたほうが手っ取り早いな。


一度だけしたことがある一目惚れというもの、

二十歳のときのこと、


もう一度することはあるのだろうか。

 

認知バイアス

f:id:tureture30:20190318070819j:image

 

認知バイアス

人には考え方、捉え方の癖がある。


あまりに偏りすぎてしまうと、

物事を歪んで認知してしまう。


それは簡単に修正できるものではないけれど、

それを自覚することはできる。


世界との関わり方を正常に保つために、

自覚することはとても重要なこと、


私は「不誠実」なことが許せない。

それに直面すると相手を軽んじるようになる。

「不誠実」に対しては「不誠実」で返せばいいって、


それと「非合理的」なことを受け入れられない。

それを強いられるときは「意図」を問い反発する。

大抵は意図なんてものはない。

だから相手は居心地が悪くなる。


そんなことをしたって損をするばかり、


自分の傾向を知っていれば、

ふと立ち止まってそれを修正することができるかもしれない。


そうやって居場所を作っていくのだ。

「調和」という言葉を盾に信念を潜めて、

うまいこと居心地の良い場所を作っていくのだ。


その作業は途方のないものかもしれないし、

それを失うのは一瞬かもしれない。


だけれども、

人は居場所がないと生き辛いから、

それが見つかるまでは探し求めて、

見つかったら見つかったで、

今度はそれを守ることに躍起になる。


十人十色と言うように、

世間の目と自分の目、

思っているよりも乖離があるもの、


些細なことで傷つけては傷ついて、

信じては疑って、

好きになっては嫌いになって、


傷つけようだなんて、

誰も思っていないはずなのに、


必要以上に恐れるから、

心を通わせることができない。


無慈悲な擦れ違い。


お互いがお互いを思っていても、

重なり合いたいと願っていても、

些細なことで疑って、

好きな分だけ嫌いになって、

好きだった分だけ憎しみが生まれて、


「人の気持ちも知らないで」

そんな感情に支配されてしまう。


知らないのは自分も同じ、

だから別々の道を歩むのだ。

相手ばかりを責めても仕方がない。


だけれども、

自分を責めたら壊れてしまうほどに弱っている。

だから誰かを責めるしかないのだ。


傷を癒やすためには時間が必要、

傷口の深さは見た目からはわからない。

その判断基準は「痛み」だけ、


「痛み」と正しく向き合うためには、

思考の偏りを自覚してあげないといけない。


そうしないと、

傷の上に傷を作って、

治療を長引かせるだけ、


どこかで治さないといけない。

どこにも行けなくなってしまう前に、

 

人を惹きつけるけれど幸せにしない人

f:id:tureture30:20190317095415j:image

 

不思議な魅力があって、

自分は絶望の国に生まれてしまったかのように、

そんな雰囲気で周りを飲み込んで、

自分の世界に人を引きずり込んで、

自分のやり方が正しいんだと周りに思わせるような人、


おそらく人に流されずに、

ただただ真理を探求しているのだろう。

起きている間中ずっと、


その作業に没頭するあまり、

社会生活が疎かになって、

まるで霞を食べる仙人のよう、


人間味はある。

十分なほどに、


だけれども、

社会性がまったくない。


いくら多様な生き方が認められていると言っても、

社会的な基盤がなければ説得力はない。


社会生活を営んでいるということは、

安定感があるということ、


ストレッサーにさらされながらも、

やるべきことに取り組んで、

その対価として賃金を得ることを理解しているということ、


そこからはみ出して、

いわゆる「高等遊民」のような生き方をしていても、

そこから生み出された言葉で、

「今」を生きる人達は救われない。


人の生き方は様々なので、

それを否定するつもりはないけれども、

人を惹きつけるということは責任を伴うということ、


そのことに無自覚ならば、

自覚しないといけない。


意見を求められたならば率直に述べればいい。


だけれども、

人から自主性を奪ってはいけない。


そこを履き違えてしまったらただの洗脳、

人は常に自己存在に不安を抱えながら生きているもの、

そこに安易にもっともらしい答えを与えることは、

なんとも無責任なこと、


人の期待に応えることばかりに喜びを感じる人生は、

虚しさを拭えない。


喜びを感じているうちはまだいい。

そのうちにどんなにうまくやっても喜びを感じなくなってしまう。


どんなに使えるお金があって、

名声があって、

異性を選びたい放題、


それでも自分から求めたものは、

するりと指の間から抜け落ちてしまう。


村上春樹ダンス・ダンス・ダンス

あれだけ何でもうまくこなしていた五反田くんでさえ、

最後は自ら命を絶ってしまったのだ。

 

上手くやることばかりが目的になってしまうと、

その先には何も残らない。

 

何を差し置いても夢中になれるもの、

それがあれば本人は幸せなのかもしれない。

結局、生きがいとはそういうもの、

それは手放してはいけないもの、

 

たとえ周りに多少の迷惑をかけたとしても、

それは自分らしく生きるために、

仕方のないことなのかもしれないな。

 

年をとるごとに上手くなること下手になること

f:id:tureture30:20190316090748j:image

 

○上手くなること


・手の抜き方

・諦めること

・知識・経験の使い方

・人を使うこと

・帳尻合わせ

・当たり障りなく過ごすこと

・損をしないようにすること

・バランス感覚

・興味のないことでもそれなりにこなすこと

・好きなように見せかけること

 

 

○下手になること


・弱みを晒すこと

・夢中になること

・素直になること

・感謝を伝えること

・人を信じること

・とりあえずやってみること

・報われるかわからない努力をすること

・柔軟に考えること

・興味のあることを見つけること

・好きな気持ちを伝えること

 

 

年をとっても心が若いままでいられたら、

すべてを上手いまま生きることができるのかな。


年をとると失敗できなくなる。

立て直す気力がなくなるから、


体に心が引っ張られてはダメ、

衰えるのは体力よりも神経だから、


どのような境遇になっても、

ありのままの自分を受け入れられる人が、

人生の達人なのかもしれない。

 

功名心との付き合い方

f:id:tureture30:20190315073638j:image

 

あいつの成果は俺のもの、

俺のミスはあいつのせい、


自分の価値を信じられないからそうなる。


これをしたら誰かに認めてもらえる。

この成果で自分の立場が上がる。

 

そればかりが先行してしまうと、

気がついたときには周りには誰もいない。


うまく立ち回って、

誰かの評価で身を飾ることしか考えていないと、

社会的には偉くなっても、

人としての信用は地に落ちる。


そういうやり方に慣れてしまうと、

それが楽で手っ取り早いから、

そういうやり方しかできなくなってしまう。


楽をしたら楽をした分だけ、

あとでしわ寄せが来る。


地道に努力を重ねていかないと、

自分で自分を鍛えてあげないと、

満たされることはないのだろう。


たまたま舞い込んできた幸せを掴んでも、

努力してこなかったならば、

それを維持することは簡単ではない。


心をニュートラルにいれて、

ギアをオンにもオフにもできるようにしておいて、

先入観なく正視眼でありたい。


周りに流されない。

あくまでも自立した正視眼、

それでいてニュートラル、

自由自在に行動を選択できる。


自分で自分を縛り付けて、

憂いている自分に酔って、

動けないことに快楽を求めて、

これではただのドMじゃないか。


もっとサディスティックに生きよう。

責めるのだ。攻めるのだ。迫るのだ。

そのほうが性に合っているはず、


「自分で自分を褒めたい」

 

有森裕子さんの言葉、

そこまでの域に達するには、

どれだけの努力を積み重ねればよいのだろう。


自分に、環境に、

まだまだ甘えすぎている。

うまいことやる術に頼りすぎている。


苦労できなくなってしまう前に、

苦労しておかないと、

「ダメな大人」のレールに乗ってしまう。


器ばかり大きく見せたって、

中身が空っぽならば仕方がない。


それを一番わかっているのは、

他でもない自分なのだから、

 

功名心てやつは、

わかりやすいモチベーターだけれども、

それに頼り過ぎてしまうと、

行き先を見失ってしまう。

 

行き先だけは、

他の誰でもなく、

自分で決めてあげないといけない。