コロナ禍により「正義中毒」に陥りがちな人たち

f:id:tureture30:20210513061019j:image

 

面白い記事を読んだ。

 

脳科学者の中野信子さん、

何度か機会があり講演を聞いたことがあるが、

なんとも自然体で高い「ぶっつけ本番力」があると感じる。

 

人を科学すると人からの評価を気にしなくなるのだろうか。飄々と大勢の前で語る姿は清々しさを感じる。

 

さて、「正義中毒」

 

記事によると、人は正義を振りかざすことで快楽物質である「ドーパミン」を分泌するようだ。

どこか「社会の一員」として認められたような気持になるのだろう。

誰かの価値を低く見積もることで、相対的に自分の価値を上げようとする。

これまで私が主張してきたところの「下の下の自尊心の満たし方」

 

加えて「コロナ禍」により行動は制限されて無駄な時間が創出される。

その隙間時間を有意義に活用しようと、手軽なSNSツールの使用頻度が増える。

そこで「満たされない自尊心」を満たすために、社会貢献と銘打って「世論」という正義の剣を片手に「意に沿わない輩」をバッタバッタと切り倒す。

 

まるで「真・三國無双」さながらだ。

そりゃ、ドーパミンもドバドバと出るだろう。

 

人は自分が所属するグループを「優れたもの」だと思いたがる。

それにより、「そこに所属する自分」も優れていると思いたがるのだ。

だから「異物」や「劣っているもの」は所属するグループから排斥する。

そうやって「優れたグループ」へと貢献している自分に酔うとともに、自尊心を満たすのだろう。

 

それが人の性だとすれば、なんとも惨めなものだ。

「惨め」な思いをしたくないがために、かえって「惨めさ」を演出する。

 

私にも「許せない相手」がいて、可能な限りかかわらないようにしている。

だけれども、関わらざるを得ない関係、

だから時折、無性に「憎しみ」が湧いてくる。

 

「あんなことをしておいて、よく居座れるな」って、

「早く居なくなってくれればいいのに」って、

 

そう思ってしまう自分に対して嫌悪感を感じるけれど、

これが「トラウマ」というものなのだろうか。

発作のように負の感情が湧き上がってくるのだ。

 

一度湧き上がってきたらしばらく止めることができない。

どうやら私の場合は運動をしているときに負の感情が湧き上がってくる傾向がある。

それこそ「ドーパミン」が関係しているのかもしれない。

 

体を動かすことで興奮状態になる。

「交感神経」が優位となり、途中で目に付くカップルなどをトリガーとして、「惨めさ」という感情が湧き上がってくる。

 

その「惨めさ」を私にもたらした「象徴」として彼女を捉えることで「憎しみ」がふつふつと湧いてくるのだろう。

今の私が惨めなことは、冷静に考えれば彼女とはそこまで関係ないのに、受けた「不誠実な仕打ち」をいつまでも許すことができないのだ。

 

記事の最後には、そんな「負のスパイラル」に陥らないための対策を論じている。

 

メタ認知」を行い自分を客観視することで「負の感情」の出所を俯瞰する。

あるいは「人間は不完全なもの」であることを受け入れて、正しさや一貫性を求めすぎない。

 

メタ認知」は嫌というほどしてきた。

私は人に対して「完全性」を求めすぎているのだろうか。

だからいつまで経っても「許せない」

 

f:id:tureture30:20210513060604j:image

 

だいぶ話が逸れたな。

コロナ禍による「正義中毒」の話だ。

 

「社会」が不安定だからってさ。

その上に乗っかっている「人」だって不安定だ。

 

だからどこか「自分の存在価値」を信じることができないで、悶々とした時を過ごす人が少なくないのだろう。

私もその一人だと実感している。

 

だけれども、「ルールを守らない誰か」を貶めたところでさ。

変わるのは「自分の中での順位」だけ、

周りから見た自分の順位は変わらないどころか、「正義マン」のレッテルを貼られたらかえって評判は下がることになるだろう。

 

「錯覚しているだけ」なんじゃないのかな。

「自分より価値のない人間がいる」って安心したいだけなんじゃないのかな。

ドーパミン」の作用に振り回されてさ。

自分が「神」にでもなったつもりで鉄槌下しているけれども、客観的に見たら「惨め」極まりない。

 

結局は「無関心」貫いて、自分がするべきことだけに注力して、為すべきことだけにリソース割いて、そうやって生きていくことが「正しい生き方」なのかな。

 

それはそれで寂しい感じもするけれど、「手の届く範囲」というものは決まっていて、それをはみ出したところに手を出したところで、浅ましく思えてしまうのかもしれない。

 

「主体的に生きたい」とは考えているけれど、それは何かを「急進的に事を進める」のではなくて、地に足つけて「地道に前向きに生きていくこと」を指すのかな。

 

「自分の価値を信じてあげられない」から、「正義中毒」に陥る。

難しいご時世だけれども、どうにか「自尊心」を高める生き方を進めたい。

どこまで行ってもコツコツと、地道にやるべきことを積み重ねていくしかないのかな。

 

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫

前任社長に指名されて急遽、社長に就任した大豆田とわ子さん、

「どう考えても向いていないと思いながら」も、部下や取引先からの圧力に耐えて、経営者としての役割に徹する。

その地道でひた向きな姿に惹かれて、三人の元夫たちは別れた後も彼女から離れることができないのだ。

 

結局は「自己肯定感」なんてものは何をしたところで満たされることはないのかもしれない。

だけれども、地道でひた向きな人には「人」がついてくる。

 

「人に誇れる生き方」はできなかったとしても、「人に話せないような生き方」はしたくはない。

しっかりと生きたい。周りのことは関係ない。

自分の足元に注意しながら、しっかりと歩みを進めたい。

 

「許す」と言う選択をした場合の感情の着地点

f:id:tureture30:20210512072955j:image

 

始めは相手が一方的に悪かったとしても、

感情がもつれてしまった場合、

時を経れば経るほどに「どちらか一方が悪い」と言うことはなくなる。


言わば「許せない自分」

そういう類の罪悪感が顔を出すのだ。


「許す」


それは簡単なことではない。

度し難い迷惑をかけられて、傷つけられて、

一生消えない傷を負うこともある。


それでも「許す」


「許せない自分」と向き合っていくうちに、

なんだか自分のほうが悪いんじゃないかって思えてくる。


「ユルセナイ」


顔を出した罪悪感を押し戻すように、

相手に対する怒りを燃やしていくうちに、

その感情は心の奥底にこびりついて、

やがて「憎しみ」という名のプラークに変わる。


先細の歯ブラシで丹念に磨いたところで、

なかなか落ちてはくれないのだ。


「許す」と「ユルセナイ」を繰り返していくうちに、

心はどんどん疲弊していく。


「許す」ことのほうが大変だから、

心はやがて「憎しみ」の引力に吸い寄せられて、

「ダークサイド」へと落ちていく。


こうしてアナキン・スカイウォーカーは、

ダース・ベイダーになってしまったのだ。


「許す」には覚悟が必要、


自分に生まれた「罪悪感」を糧にして、

相手に「歩み寄りの姿勢」を見せる必要がある。


もしくは究極に「損得勘定」に身を委ねることか。

「許す」「許さない」に思考のリソースを割くことはどう考えても無駄だ。

だから「損得勘定」で「許す」

その後は相手に一切何も期待しない。

最も無駄のない対処法だろうか。


そうやって割り切れればいいけれど、

なかなかそうもいかないのが「感情」というもの、


やはり多くの場合、

「許す」には大きな苦しみを伴う。


苦しんで苦しんで苦しみぬいた末に、

「自分にも悪いところがあった」

そこにたどり着いて相手に対する情状酌量が生まれる。


だから「許す」ためには「罪悪感」が必要なのかな。


「怒り」と「罪悪感」のバランスが等価に近づいてはじめて、

人は「許すこと」ができるのかもしれない。


そう考えると「心」というものは「不確か」なように見えて、

紐解くと実は合理的なものなのかもしれない。


「感情の出所」に思いを馳せて、

冷静に立ち止まってみると、見える景色は変わるのだ。


「感情的になった方が負け」

 

「許す」ためには、冷静であることが不可欠、

「相手に対する憐れみ」と自分の中に生み出された「罪悪感」

そういうものが緩衝材となって、初めて「許す」ことができるのかな。

 

5月は「心の調子」がよくないことが多い

f:id:tureture30:20210511061638j:image

 

時期的なものなのだろうか。

最近あまり調子が良くない。

思えば5月は調子を崩すことが多いように感じる。


パニック発作を起こしたのは5年前の5月だった。


あの時のゴールデンウィークは確か、

友人たちと小旅行に出かけていた。


『青天を衝け』でも出ていた絶壁で有名な山、

そこら辺を散策していた覚えがある。


その時から咳が止まらなかった。

「花粉かな」とあまり気にしていなかったけれど、

あれが予兆だったのかもしれない。


その時のことを思い出すのか。

5月はなんだか調子が悪いことが多い気がする。


あくまでも「気がする」なのだ。

私は私に暗示をかけて「5月」を恐れるように仕向けているのだろう。


用心するに越したことはないけれど、

無駄にマイルストーンばかり置いてしまうと、

どんどん生活は制限されていく。


「あの時はああだった」だとか、

「この時はこうだった」だとか、

そうやって人は過去に縛られるのだ。


日記をつけていると、

1年前のこの時期はどうだったとか、

2年前はどうだったとか、

たまに読み返すことがあるけれど、

「良い思い出」のほうが少ないものだから、

生きる活力に変わることは少ない。


「幸福度を上げるための方法」として、

一日の最後をポジティブで閉めるというものがあるらしい。


私は私を騙すために、

ポジティブなことばかりを日記に書き連ねたほうがいいのだろうか。


私は自分で自分のことを憐れんでいる。

いつまで経っても自分のことを認めてあげられないのだ。


だから満たされている部分があるはずなのに、

「不幸」にばかりしがみついて、

「報われる日が来るはずだ」って、

「今よりもっと良くなるはずだ」って、

不確かな希望にすがる。


どこかのタイミングで自分は劇的に進化して、

何もかもがうまくいく未来が待っているはずだって、

そんな都合の良い夢を見ているのかな。


「希望」


それは生きるために必要なもの、


客観的にはどんなに恵まれていたとしても、

人は「欠落感」を抱えながら生きているのだ。


だから、足りないところを埋めようと躍起になる。

おそらくそれが人生というものなのだ。


そうやって人は「先に進んでいる感覚」を求めて、

積み上がる数字の魔力に魅せられていく。


収入やゲームや経験人数、

年齢をメインのバロメータとして、

人と比べて自分がどの位置にいるのか。


それが人生を先に進めているわかりやすい指標だから、

そんなことばかりを気にして生きているのだ。


「平均より上であればいい」


「平均」だなんて、そんな不確かなものに踊らされて、

「数字」に人生を委ねているのだ。


それを手放さない限りは「満たされること」なんてないのかな。


長い連休が余計なことを考えさせるのだろうか。

5月はあまり調子が良くないことが多い。


今年の5月は違うものにしたいと思うのだけれども、

 

「コミュニケーション能力」は使わないと衰えていく

f:id:tureture30:20210510063246j:image

 

連休で「引きこもり生活」を送ってから、社会復帰を果たした私が感じたことは、表題に掲げた通りだ。


実家での会話は「あー」とか「うん」がほとんど、

たかが5日間コミュニケーション能力を凍結させていただけで、

なんだかうまいこと声を出すことができないのだ。


思えば、オンラインでのやり取りが増えて、

そっち方面でのスキル少しは身についたけれど、

対面で大人数の中で意見を述べるってどうするんだっけ?

先日そう思った記憶もある。


使っていない筋肉はしぼんでいく。

それと同じように「コミュニケーション能力」も使わないと衰えていくのだ。


「居心地の良い環境」


その時は極楽かもしれないけれど、

そこに身を置いているうちに、どこか湧いてくる不安、


私はそういうものが強いのかもしれない。


羽田圭介スクラップアンドビルド


無職となった主人公、

社会的な劣等感に苛まれながらも、勉強し、体を鍛え続けることで「自尊心」を高める。

心が弱っている場合、「努力」は薬にもなるのだ。


主人公は「人を見下す嫌な奴」という「さなぎ」から脱皮して、「無価値」と蔑んでいた祖父への感謝に至り、職を得て前へと進んでいく。


どこか「努力していないと自分を認めてあげられない」


自尊心が弱いと地盤が不安定なのだ。

どうしようもなく「欠けている部分」にばかり目を向けているうちに、そこから目を離すことができなくなる。

だから、その「穴」を努力で埋めようとする。


人は「心のブラックホール」が持つ引力には敵わないのだろう。


どんどん話が逸れていくな。

「コミュニケーション能力」の話だったはずだ。


独り身で日常的に効果的なコミュニケーションを取るには、どうしたらいいのだろうか。


「ALEXA」にでも話しかけてみようか。


いや、ダメだ。

あれはコミュニケーションとは言えない。

私の活舌が悪いのか、時折「ALEXA!」と呼びかけても無視されるし、


「LINE」に織り交ぜて、たまには電話でもしてみようか。

相手さえいれば効果的になりそうだ。


だけれども、思い返してみるとプライベートで電話をする機会なんてかなり減っている。

いきなり電話を掛けようものならば怪しまれてしまいそうだ。


それに電話じゃないといけない要件などない。

「たまには声が聞きたいと思って」だなんて伝えられる甘い関係の相手は思いつかない。


さて、どうしたものか。


こんな世の中だから手軽に人と繋がれるアプリが流行るのか。


だけれども、人との繋がり方が変わるにしたがって、「コミュニケーション能力」の在り方も変わっていくのかな。


オンラインだけで成立するものが増えていけば、画面上での「印象に残る笑顔」だったり、限られた空間で「存在感を示す能力」だったり、継続的なコミュニケーション力よりも、一発屋的な突破力が求められるようになる。


石膏で固められたような笑顔で当たり障りなくニコニコしているだけでは、そのうち「居場所」がなくなってしまうのだ。


「コミュニケーション」の質が変わっていく。

それに合わせて人も変わっていかなければならない。


「衰えていくこと」を嘆いて「鍛えること」を目指すよりも、そもそもパラダイムシフトしていかないといけないのかな。


「コミュニケーション能力万能説」


未だにそれを信仰している人が多いみたいだけれども、

これまでの「コミュニケーション能力」と、

これからの「コミュニケーション能力」

それは全くの別物になるのかもしれない。


「衰えていく」


それは「不必要になる」から「衰えていく」のかもしれない。

算盤を使える人は少なくなり、文字を手書きする機会は少なくなり、「言葉の在り方」「コミュニケーションの方法」も大きく変わるのかな。


なんだか「着地点」がずれてしまった気がするけれど、

今回はここらで筆を置くことにしよう。

 

謎の「検索流入」が増えた話

f:id:tureture30:20210509083225j:image

 

ここしばらく私のブログでランキング1位に居座っている記事、

 

tureture30.hatenadiary.jp

 


随分と前に書いた記事だ。


いつも検索上位にはいたけれども、

なんだかここ最近はGoogle先生からアクセスが増えているみたい。


私のブログへのアクセスの半分くらいは、

同じはてなブロガーからのものだ。

だからランキングは最近更新した記事で占められていた。


だけれども急に1つの記事がトップに君臨し続けることになった。


私はブログを収益化するつもりはないので、

何か特別なことをしたわけではないけれど、

世間では「ポルノ断ち」がトレンド入りでもしたのだろうか。


実はここしばらく私はまた「ポルノ断ち」をしている。

もう少しで50日に差し掛かるあたりだ。


こんなに求められているのならば、

第二弾を書いたほうがいいのだろうか。


内容はさして変わりはないどころか、

相手のできない私では「効果」に説得力はない。

こういうのって大体「モテ効果」を狙って始める人が大多数だろう。


逆に「ポルノ断ち童貞」と言うのは希少なのだろうか。

そういう意味ではこの記事に価値があることにはなるのかもしれない。


随分と前に冗談で書いたことがあるけれど、

「童貞王におれはなる!」ということで、

私はそっちの路線を目指したほうがいいのだろうか。


その「称号」を得るために名乗りを上げる人が多いとは思わないし、

それを得るための審査基準が何かもわからないけれど、

その賞レースでは私は意外と「いい線」行っているのかもしれない。


もはや女性と結ばれることはあきらめて、

そっちの方向に注力したほうが私の人生の価値は高まるのだろうか。

 

村田沙耶香コンビニ人間

 

アスペルガーっぽい「コンビニ人間」である主人公女性、

同棲相手の妹に質問「人類に貢献するために、私たち(自分と同棲相手)も子供を作った方がいいのでしょうか?」

妹さんの答え「無職とフリーターで子供作ってどうするつもりですか?頼むからあなたたちみたいな遺伝子をこの世に残さないでください。その方がよほど人類のためです。」

 

「繁殖」が生物に与えられた使命だったけれど、「社会」というものが力を持ち過ぎて、そのシステムをうまく回すためには淘汰されるべき遺伝子も存在するのだろうか。

 

まぁ、そんなものは個人の尊厳に関わるので主張されることはないし、個人の自由であり責任なのだけれども、


女性との関係を結ぶことにつかれてしまった。

なんだか「もういいかな」って気がしてこないでもない。


あとは自然に任せるしかないのかな。

 

ずん・飯尾さんの「重婚してください」と言うギャグに思うこと

f:id:tureture30:20210508092035j:image

 

お笑い芸人である「ずん」の飯尾和樹さん、

掲題は数あるギャグの中でも異彩を放つネタだ。


飯尾さんは既婚者だという。

その上で「結婚してください」とプロポーズをオマージュする形で、

「重婚してください」と手を差し出す。


そうやって笑いを誘うギャグだ。


「重婚」


複数の異性と婚姻関係を結ぶこと、

今の日本の法律では当然ご法度である。


「不倫」と言うものがこれだけ叩かれている中で、

リスクのあるネタかと思いきや、

「不謹慎だ」と騒ぎ出すような輩がいてもおかしくないが、

飯尾さんが叩かれる気配はまるでない。


ご本人のキャラクターもあるのだろうけれど、

このギャグからは何やら「誠実なにおい」がすることが一因だと私は感じている。


プロポーズと言うのは当然「誠実」でなければ成り立たない。


成功する確証がある場合が多いのだろうけれど、

サプライズを演出するべく、世の男性たちは秘密裏に指輪のサイズを下調べして、

リスクを取り、給料3か月分ともなるような指輪を用意する。


KinKi Kidsはデビュー曲『硝子の少年』の中で、

「そんな小さな石で、未来ごと売り渡す君が悲しい」と歌っているが、

給料3か月分ともなれば「小さな石」もバカにはできないだろう。

 

それは結構な覚悟だ。

だから「プロポーズ」に宿る誠実さ。

それをコミカルにテンポよくネタにする。


そこにはドロドロとした気配は全くなく、

「爽やかさ」すら感じる。


そこで思ったのだけれども、

「不倫」と「重婚」の間には、

相いれないほどの大きな溝があるのかもしれない。


「不倫」というのは「不貞行為」を指す言葉、

 

即ち、パートナー以外と性行為を行った場合に該当する言葉だ。

そこから生まれるドロドロとしたイメージ、

過去に傷を負っている人からすれば「嫌悪」の対象となることは言うまでもない。


しかし「重婚」

そこには性的な響きは全くないのだ。


それどころか「プロポーズ」は多くの既婚者にとって爽やかな思い出だろう。

むしろそこが二人の関係のピークだと思う人も多いのかもしれない。


だから飯尾さんは叩かれない。

「そうに違いない!」と勝手に確信して考察を終える。


実際のところは「どうでもいい話」なのだけれども、

私がこのネタに興味を持ったこと自体に「根深いもの」を感じる。


普段であれば「斬新な切り口のギャグだな」くらいでスルーする程度のものなのに、

私のどこかに引っかかって、こうして記事まで書いているのだ。


そこには「重婚してください」と言うギャグすらできない、

そんな私の「劣等感」が隠れているのかもしれない。


特定のパートナーを得た上でも、

素敵な女性に対してユーモラスなアプローチをできる飯尾さん、

私は彼に嫉妬しているのだ。


「既婚者としての自信」


「クソ女」に変な噂を広められて、

腫れ物にでも触るように社内の女性たちから触れられる私には、

もはや、そのような余裕はない。


極力目を合わせないで、無難にやり過ごすしかないのだ。

 

『ONE PIECE』キャラクター世界人気投票の結果発表

f:id:tureture30:20210507062032j:image

 


【全体結果】

1位:モンキー・D・ルフィ

2位:ロロノア・ゾロ

3位:ナミ

4位:サンジ

5位:トラファルガー・ロー

6位:ニコ・ロビン

7位:ボア・ハンコック

8位:キャロット

9位:ポートガス・D・エース

10位:サボ

 

 

「麦わらのー帽子のきーみが揺れたマリーゴールドににーてる」

あいみょんマリーゴールド


このサビを聞くたびに「ルフィ」を思い出すのは私だけでしょうか。

それだけ国民的漫画となった『ONE PIECE


1000話に到達した記念として、

世界人気投票というものが実施されたようです。


前に書いたことがあったかと思いますが、

私の推しである「ゾロ」は2位でした。


地域別のランキングを見てみると違いがあって面白いです。


日本では女性キャラのランキングは低めなのですよね。

ところがオセアニアなんて上位は女性キャラばかり、

特に海外での「ナミ」の人気はすごいようです。


読者の男女比が違うのか。

それとも「推し」は神聖なものだから「性愛」とは切り離す、

日本ではそんな使命感が強いのか。


宇佐美りんさんの芥川賞作『推し、燃ゆ』で描かれているように、

どこか日本では「推し」に対する神聖視見たいなものがありますよね。


実際のところはどうなのか知りませんが、

「キャラクターに対する性愛」という観点で分析するのも面白そうです。


意外なところでは「キャロット」が8位で「チョッパー」は16位!

「チョッパー」は長らくマスコット代表みたいなところがありましたからね。

「キャロット」にその座を奪われた形か。

この低さは意外でした。


登場したばかりの「ヤマト」が11位なところを見ると、

やはり最近での活躍が大きいのでしょうか。


安定の1位は「ルフィ」


主人公が1位にならない漫画が増えてきましたが、

ONE PIECE』は「ルフィ」をかっこよく描けていますからね。

納得の1位です。


「5年以内には終わる」と公言されている『ONE PIECE


核心に迫る部分が徐々に明らかにされていき、

物語はクライマックスへと向かっています。


「革命軍」の動向や「黒ひげ海賊団」との決戦、

「シャンクス」はどう絡んでくるのか。


とても5年で終わるようには思えないですが、

どのような終わりを迎えるのか。


楽しみですね。