「婚活」って、欠陥を抱えた者同士の傷の舐め合いなのかな

f:id:tureture30:20191216074926j:image

 

「婚活」って、

そういうものなのかもしれない。


それだと語弊があるか。

私のしている「アプリでの婚活」(以下、婚活)は、

そういうものかもしれない。


結婚に向いていない理由があるから相手がいない。

だから「そろそろまずいな」って思って婚活を始める。


男女ともにきっかけはそんな感じだろう。


「結婚に向いていない理由」

もちろん人間性だけの問題ではない。


一人が好きだったり、

収入や容姿だったり、

理想が高かったり、


女性の場合は、

失恋の傷を負ったばかりに、

勢いで始めるケースを見かける。


そういう人は、

「最近長年付き合った恋人と別れました」

だなんてわざわざプロフに書いている。


そんなことをしたって、

まともに婚活をしようとしている側からすれば、

マイナスでしかないのだからよせばいいのにね。


きっと傷を癒やすことが目的だから、

感情を抑えられないのだ。


「婚活」ってやはり傷の舐め合いなのかな。


傷ついた自尊感情を癒やすため、

自分の価値を確かめるため、

そのために市場に繰り出してみる。


少しうまく写真を撮れば、

数字はどんどん上がっていく。


「私って捨てたものじゃないのね」


そうやって知らない誰かに傷を舐めてもらう。


男だってそう。


そこそこのスペックがあれば数字は伸びていく。

マッチした女性の顔写真を眺めては、


「俺だってまだ捨てたものじゃないのか」


そうやって自尊感情を回復する。


そういうところから始めたところで、

結婚につながるケースなんてほとんどない。


「生身で接するうちに徐々に気持ちが盛り上がる」


そういう過程をすっ飛ばして、

スタートから条件で選んで選ばれるから、

気持ちの釣り合いが取れないのだ。


自尊感情の傷ついた人の集まりだから、

普段コミュニティで接する異性たちのほうが、

よほど魅力的なケースも少なくない。

(そういう人には大体相手がいるのだけれども)


「妥協するかしないか」


大抵はそこから始まる。

そういう事ばかりを考えているうちに疲れてしまう。

そうやって自然と連絡は途切れる。


男は馬鹿だから、

容姿と社交辞令だけで気持ちが盛り上がることもある。


だけれども女性は合理的だから、

よほど自分に自信がない場合を除いて、

本気で相手を求めている人なんてほんの一握り、


「前に進んでいる気になる」


実際に結婚することよりも、

きっとそれが大事なのだろう。


たとえ一方が覚悟を決めて、

本気の相手からアプローチを受けたところで、

本気で受け止めることなどできない。


それが出来るならばとっくに結婚しているはず、

それが出来ない人の集まりなのだ。


結局は自分が変わらないと何も進まない。


いくら出会いを重ねても、

「婚活」をしていることに満足するだけで、

本来の目的からは遠ざかるばかり、


自分の中にある、

「結婚に向いていない理由」


結局はそれと向き合うしかないのだな。


どう考えても私は婚活どころか、

結婚にも向いていない。

 

さて、どうしたものか。

世界はどんどん二極化していく

f:id:tureture30:20191215084636j:image

 

少し前に流行ったトマ・ピケティ、

「労働賃金の成長率よりも投資で生まれる利益のそれが大きい」


経済は成長する。

だから資産を持つ人にお金が集まり続ける。

一方で資産を持たない人は相対的に貧困に向かい続ける。

格差は広がる一方だ。


そういう主張、


そもそもルールを決める側は決まって、

決められる側と比較して富裕層だ。

だからそうなることはある意味では当たり前、

本来はそうならないために政治があるはずだが、


それだけではない。


貧富の格差もそうだけれども、

人の価値観だって二極化が進んでいる。


「情報の取捨選択」


簡単に情報が手に入る時代だから、

どのような情報にアクセスするも個人の自由、


善悪の判断基準はともかくとして、

「善く生きたい」と志している人は、

自然と善い価値観に触れる機会が増える。


逆もまた然り、


個人に自由が与えられれば与えられるほどに、

どんどん二極化が進むのだ。


だけれどもそれは悪いことばかりではない。

そこから新たな発想が生まれることもある。


「多様性を認められないこと」


そこに病理がある。

 

偏った価値観に縛られてしまうと、

人に危害を加えるような人は確かにいるけれど、

それはきっとほんの一部の話、


多くの「変わっている人」は無害のはず、

だけれどもセンセーショナルな事件ばかりが目立つから、

「普通じゃないと怖い」とそうなる。


個性を伸ばすような教育が先行して、

異文化で育った外国人が増えて、

これから先は「普通」というものが今よりも曖昧になるだろう。


そういう中で自分も個性的に輝くこと、

誰に遠慮するでもなく生きたいように生きること、


その先で道の交差した誰かと、

一緒になることができればこれほど素敵なことはない。


「相手」の価値観を理解しようと務めること、

そして「自分」を蔑ろにしないこと、

それさえ忘れなければいい。


生き方って色々あるのだから、

 

振り回されたい願望

f:id:tureture30:20191214104644j:image

 

自分で言うのもなんだが、

私は割と何でも卒なくこなす。


大の苦手である恋愛を除いて、


だから女性と過ごしていても、

何かをしてくれる前に先回りをして、

自分から動くことが多い。


それを魅力と感じる人もいれば、

そこに居心地の悪さを感じる人もいるのだろう。


ところがたまに、

躊躇なく突っ込んでくる人がいる。

ニコッとしながらアクセル全開で突っ込んできて、

NHK…ではなくて私のプランをぶっ壊す。


そういうワガママ女、


「めんどくさい」と思いながらも、

嫌いじゃないのかもしれない。


「自分を持っている」


そういうところに魅力を感じるのかな。


「こうでなければならない」


男女問わずだけれども、

そういう人とは過ごしていると面白みがない。


『ハンターxハンター』


ジン=フリークスの一言、

「道中を楽しみたい。ただそれだけだ。」


少しばかり年をとって、

その感覚が少しわかるようになった。


どこぞのホストみたいに刺されたりしたら嫌だけれども、

プランぶち壊しで突っ込んでこられたら、

返って小気味が良いのかもしれない。


ビジネスではそういうのはゴメンだが、


「人生の大半は暇つぶし」


そういうCMがあったけれど、

停滞した私の人生に、

課題を提供してもらいたいのかな。


前には進んでいるのだけれど、

前に進んでいる実感がない。


だから振り回されたいのかもしれない。


振り回されて振り回されて、

結局はうまくいかない。


そういう繰り返しが続いたけれど、

それでもまだ振り回されたいのだ。

 

カタチだけのありがとう

f:id:tureture30:20191213070437j:image

 

「ありがとう」


自然と口をつくようにその言葉が出るようになった。


だけれども自然になればなるほどに、

その言葉に気持ちがこもらなくなる。


本当に感謝しているのかな。

カタチだけじゃないのかな。

言葉を自分を飾るための道具にしていないかな。


どう振る舞えばうまく関係を築けるか。


経験を積めば積むほどに、

そういうことばかりうまくなって、

その作業が当たり前のようになっていくけれど、

気持ちがこもっていなければ、

それはただのテクニック、


「ありがとう」

「本当にありがとう」


今まで蔑ろにしていたくせに、

急に媚びるように態度を変える人、

そういう人が周りにいるならば気をつけたほうが良い。

きっと何かしらの意図があるはずだから、


カタチだけの言葉に騙されてはいけない。


いくら良い人に見えたって、

良い言葉を使っていたって、

心のうちまではわからない。


「人を道具のように見てしまう」


そういうことって生きていればどこかで必ずあるけれど、

それに葛藤しながら生きていない人は、

詰まるところ自分かわいさに平気で人を切り捨てる。


自分の立場のため、

自分の環境のため、

自分の将来のため、

結局は人を利用しているのだ。


心のこもった言葉、


それはもしかしたら聞きたくないような、

言われたくないような、

きつい言葉かもしれない。


だけれども、

そこに心がこもっているかどうか、

それを見定められるようにはなりたいな。


人は自分に都合のいいことを聞き、

都合の良い人と付き合い、

都合のいいことばかりをかき集める。


そうやって自分の存在意義を肯定する。

存在意義を失うくらいなら悪魔にだって魂を売るのだ。


ゲーテファウスト

「時よ止まれ 汝は美しい」


最後の最後にそう思える人生って、

一生のうちに自分の存在意義を打ち立てた先にあるのかな。


何のために生まれて

何をして生きるのか、

答えられないなんてそんなのは嫌だ。


心から笑って、

心から悲しんで、

心の底から出た言葉を紡いで、

今を生きる。


誰かから与えてもらうものではない。

その中で自分の存在意義って見出だせるものなのかな。

 

いい意味で期待を裏切るということ

f:id:tureture30:20191212071354j:image

 

「期待していたのに」

 


期待が大きいほど、

それを裏切られたときに期待は失望に変わる。

 


「それほど期待していなかったのに」

 


その中で期待に応えられれば、

そこから信頼が生まれる。

 


「いい意味で期待を裏切る」

 


人間は単純なものだから、

心動かされることに弱いのだ。

 


だからやるべきことをしっかりとやり続ければいい。

誰が見ていようがいまいが力は着々とついているはず、

 


あとはチャンスが巡ってきても、

いつもと同じように取り組むだけ、

 


一発当ててうまくいったように見えても、

きっと信頼される人ってその繰り返し、

 


よほどの天才でもない限り、

コツコツと地道な努力を重ねるしかないのだ。

 


だけれども気をつけなければいけない。

 


信頼が積み重なってくると、

「あの人ならば大丈夫」って、

期待が大きくなるのだ。

 


そうすると必要以上に圧力がかかる。

そしてどこかに驕りが生じる。

 


おそらくそこからが本当の勝負、

それでもコツコツと地道な努力を重ねられる人、

 


そういう人がきっと何かを成し遂げるのだ。

 


「ここまでしてくれるのか」

 


利害ではない。

瞬時に細胞が判断して、

まごころある行動を起こせるようになりたい。

 


そういうところに信頼が生まれるはず、

 

一年で一番空っぽな時期

f:id:tureture30:20191211070336j:image

 

今年も残すところ20日となった。


6月24日から7月24日まで、

その1ヶ月間だけは報われそうな恋をしていたものだから、

幸せな期間だった。


だけれども、

それ以外はずっと苦しんだ。

苦しんで苦しんで苦しみ抜いたな。


それも少し落ち着いて、

今はなんだか空っぽな期間、


体だけは忙しい。

次から次へと予定は埋まっていく。


割といいことが続く12月なのに、

何をしていても作業のようにこなすだけで、

何をしようとしても気力はあまり湧かない。


「カタチだけ」


そうやって生きている。


苦しい期間はいつまで続くのだろうな。

もう苦しむことにも疲れてしまった。


これまで築き上げてきた価値観から、

自分を作り変えるってとても大変なこと、


ドラマ『同期のサクラ』

「私には夢があります。ふるさとの島に橋をかけることです。」


まっすぐに不器用に生きてきた人ほど、

生き方を変えることは難しい。

そのためには空っぽな期間が必要なのかもしれない。


「許せない」


私の苦しみの原因はおそらくそこにある。

わかってはいるけれども許せないものは許せない。


早く私の目の前から消えてくれないかな。

そんな事ばかり考えている。


そのたびに醜くなって、

自分を嫌いになって、

自分で自分を傷つけて、


相手を責め続けていれば、

自己嫌悪に陥らなくて済む。

そうやってかろうじて自分を保っているのだ。


空っぽの期間を経て、

気がついたら笑って許しているような、

そんな自分に変わっていないかな。

 

そんな都合のいいことはない。

自分で何かを変えないといけないのだ。

 

ふと思い出したこと

f:id:tureture30:20191210065810j:image

 

転職前の話、

 


会社が移転することになって、

その最後の出勤日、

 


割と通っていたパン屋、

「ANTENDO」で昼ごはんを買うことにした。

 


会計を済ませると、

「いつもありがとうございます」

 


「ん?」と思って顔を上げると、

可愛らしい若い女性の笑顔、

 


若い女性には目のない私だが、

見覚えのない顔だった。

 


「いつも」

 


初めてそんなことを言われた。

ポイントカードを出したわけではない。

 


「今日で最後なんだよな」

 


声には出さなかったけれど、

心のなかでそう思った。

 


私は意識していなかったけれど、

向こうは見ていたのだな。

 


私はただの常連さん、

 


別に他意はないだろうけれど、

出会いってそういうところにもあるのだろうな。

 


「今日で最後なんですよ」

 


あそこで声に出したならば、

何かが始まることはあったのかな。

そんな0.000001%に思いを馳せてみるのも風情がある。

 


そういえば私のいとこは、

通っていたカフェの店員さんと結婚したと聞く。

 


アンテナを張りすぎて、

若い女性ばかりを目で追うようではいけないけれど、

日常の中にある出会いにもう少し目を向けても良いのかな。

 


それにしても店員さん、

素敵な笑顔だったな。

 


ホイップあんぱんの味とともに、

思い出の中に吸い込まれていく。