私の告白遍歴

f:id:tureture30:20200405104909j:image

 

私がこれまで生きてきて、

明確に「付き合って欲しい」って、

気持ちを伝えた回数は4回だ。


一度目は二十歳の頃の初恋の人、

二度目は元カノ、

三度目は前の職場の同期、

四度目は去年の夏だ。


二度目以降はデートを重ねた上の試み、

十分な勝算があった。


アプリを除いて、

デートをした相手を加えると、

10人くらいだろうか。

決して少なくないように思う。


女性と日常的に接する分には問題ないし、

普通に生活していても年に一人か二人からは、

アプローチらしきものを受けるから、

自分で言うのもなんだが、

私はモテなくはないのだろう。


だけれども、

関係を進めるとなると、

ほとんどうまくいかないのだ。


「決め手に欠ける」


側から見ると優しくて真面目で話しやすい。

だけれども二人で時を過ごしてみると物足りない。

そんな男なのだろう。


少し前までの私の心の支え、

「自分にとっての世界で一番素敵な女性と結ばれるために、

こんなにも奇跡的に恋愛がうまくいかないのだ」


今思えば噴飯物だ。


私は女性というものを神聖視して、

女神様か何かと勘違いして、

救いを与えられるのを待っていたのかな。


女性だって生身の人間、


人を自分の不安を解消するための道具にする、

そんなゴミ屑女もいれば、

この時期に職場で飲み会を企画する、

頭空っぽのバカ女もいれば、

二股かけた末にどちらともうまくいかなくて、

居場所がなくなる救いようもない動物みたいな衝動的女もいる。


全て同一人物なのだけれど、


これから先、

私がどうしようもなく好きになる女性って、

目の前に現れるのかな。


「とりあえず」


私にはきっとそれができないのだ。

いい加減な気持ちで関係を先に進めることができない。

だからここまでこじらせている。


条件とか容姿ではない。

本能と気持ちに従うことにしよう。

そこから始まることってあるはず、


これから進む私の道のりには、

隣に並んで手を取りながらいっしょに進む相手って、

存在するのかな。

 

「奇跡的にうまくいかないことばかり」

 

だけれども必然なのかもしれない。

私の心がたまらなく女性を求めていないのかもしれないな。

 

「とりあえず」

 

それが伝わってしまったら、

相手は身を引くのは当たり前、

きっと恋愛に対する私の熱量が足りないのだ。

 

「なんで結婚したいの?」

 

そろそろお年頃だから、

経験を積みたいから、

周りがどんどん行ってしまうから、

 

そこら辺に転がっている婚活女と変わらないな。

「相手」ありきではなく自分本意だ。

 

たまらなく好きな相手ができて、

そのままの関係ではいられないから、

付き合って結婚したい。

 

そうでなければ本末転倒、

どうやら私は「結婚したい病」に罹っていたようだ。

 

「言語」の先にあるもの

f:id:tureture30:20200404094054j:image

 

私に見える世界は、

網膜を通して移す像、

私の脳がそれをイメージしたものだ。


私から見える「赤い」と、

あなたに見える「赤い」は、

まったくの別物かもしれない。


だけれども、

赤いものを見て、

共に「赤い」と判断できるということは、

「経験」を共有しているから、


トマトは赤いもの、

イチゴは赤いもの、

血の色は赤い。


生きる過程でそれを学習するのだ。


私にしか見えない世界、

脳が作り出したイメージ、

私が作り出して他の誰にも見えない。

だけれどもそれを誰かと共有できる。


「言葉」というものは、

そのために生まれてきた。


「伝える手段」


言葉のほかにも色々とある。


身振り手振りや、

文章に絵文字や顔文字、


音楽や絵画に映画、

芸術だって、

それに当たるだろう。


最もシンプルかつ、

手軽に使える「伝える手段」

それが言葉だ。


文化が違えば言語も違う。

常識も価値観も違う。

それは同じ経験を共有していないから、


だけれども世界の距離は近づいている。

テクノロジーが経験の共有を進めるのだ。


世界中の出来事は逐一共有されて、

言語の差も埋められつつある。

 

私たちは世界中が新型コロナウイルスに苦しめられていることを知っているし、

少し調べれば各国の状況を誰もが詳細に把握できる。

それってすごいこと、


日本ではマイノリティでも、

他の場所では違うかもしれない。

そういうことも少なくないだろう。

 

そうやって文化を越えて、

「経験」を共有できる、

いくつものコミュニティが出来上がる。


「経験」は言語の壁を越えて「共感」を生む。

そうやって人と人とはつながるのだ。

 

これから先の未来って、

「経験」がものをいうんじゃないかな。

 

どのような経験をして、

何を感じて、誰と共感できるのか。

そして何を掲げて生きているのか。

 

言語の壁はない。


隣にいる人とは分かり合えなくても、

地球の裏側にいる人とは分かり合える。

そういうことだってあるだろう。


多くの経験をして、

たくさん心を震わせて、

たくさんの共感に触れて、

そうしてつながりを広げていく。


だから私はまだまだ色々な経験をしたい。

 

傷ついて打ちのめされて、

立ち上がることを諦めてしまいそうになる。

そんなことばかりだけれども、

まだまだ経験が足りない。


心を震わせた数だけ、

世界はクリアに見えてくる。


まだまだ私には、

世界が曇って見えているのだ。

 

器を大きくするということ

f:id:tureture30:20200403061925j:image

 

理不尽な目にあっても、

さほど心は動かなくなった。

主張すべきことは主張するけれど、


結局は自分に力があるかどうか。


権力や小手先の技術ではない。

人間力」って名前の力があるかどうか。


擦り切れて心が麻痺してしまったのだろうか。

それとも「少しのことでは傷つかない」

そんな強靭さを手に入れたのだろうか。


そのどちらかはわからないけれど、

あまり周りの目ってやつを気にしなくなったのだ。


「器の大きさ」


人の善意も悪意もたくさんため込んで、

それを消化するから味に深みが出る。

人間味という味に、


少しばかりの善意や悪意しか受け止めないで生きていると、

薄味の人間になってしまう。

 

たくさん喜ぶことで、

たくさん傷くことで、

コクのある深い味わい。

そんな味を手に入れるのだろう。

 

私はそんな生き方を続けたい。


誰のためでもない。

自分のために、

自分の理想のために、


たくさん傷ついて、

病気までして、

たくさん助けられて、

支えてもらって、


私の器には入りきらないだけの、

たくさんの気持ちを迎え入れたから、

少しは器が広がって大きくなったのかな。


裏技なんかない。

 

きっと地道に心を動かして、

善意や悪意を心で消化していく。

それが器を大きくする唯一の方法なのだ。


気が付いていないだけで、

世の中はたくさんの善意と悪意であふれているよ。


それを受け止めるのも、

受け流すのも自由、


急に受け止めすぎたら壊れてしまうし、

受け流しすぎたら、

幸せを掴むチャンスまで逃してしまう。

 

だから受け止められる容量を増やすのだ。

たくさんの気持ちを理解するために、


それがきっと、

「器を大きくする」ってこと、


もうこれ以上、

チャンスを逃して傷つきたくないな。

だけれども傷つくことも器を大きくするチャンス、


どうやら世界は、

「幸せになる」か「成長する」か、

そんな素敵な二択でできているみたい。


捉え方次第だ。

こんなに素晴らしい世界ってないな。

 

中島みゆき『ファイト!』

f:id:tureture30:20200401225758j:image

 

自粛ムードでコロナ疲れ、

イベントはどれも中止、

 

おそらくアーティストの人たちも埋まっていた予定に穴ができるのだろう。

音楽番組ばかりやたらとやっていた。

 

中島みゆきさんの『ファイト!』

 

先日のCDTVライブライブ、

その中でリトグリがこの曲を歌っているのを聞いてグッと来た。

 

満島ひかりさんのCMは記憶にあったけれど、

多くのアーティストがカバーしているみたい。

 

福山雅治さんから、

ミスチル桜井和寿さん、

マッキーに大竹しのぶさんまで、


もう26年も前の曲らしい。

まさに歌い継がれる名曲、

 

だいぶ重めの歌詞とは裏腹に、

子気味のいい「ファイト!」の掛け声、

なんだかクセになる。


「ファイト!

闘う君の唄を闘わない奴らが笑うだろう

ファイト!

冷たい水の中をふるえながらのぼってゆけ」


それぞれの闘いがあるのだ。

それを笑うのはいつだって闘わない奴、


ぬるま湯につかりながら時間を浪費してさ。

挑戦の末に失敗した人たちを笑いものにする。


そんなデジタルモグラたち、


悩みのない人生は嘘だ。

それって地に足つけて生きているとは言えないから、


打ちのめされることもある。

無様で哀れな時もある。


そういう経験をしてこないで、

人生の醍醐味なんて味わうことができるのかな。


かっこ悪くてもいい。

「すごい」なんて思われなくていい。

自尊心を周りの評価から解放してあげなよ。


その先に見えるものがきっと、

本当に大事なもの、


それ以外はいったん水に流して、

初めからスタートすればいい。

何度でも何度でも、

 

コロナ疲れなんて吹き飛ばせ!

 

 

とてもいい声で歌っている人を見つけた。


 

タラちゃんです〜

f:id:tureture30:20200331220420j:image

 

「皆様に重大なお知らせがあります。

 

実はブログを書いている僕は

「元・童貞こじらせ男ますを」の息子なのです。


父がことあるごとに話す昔話や、

その時の感情を想像して、

こうしてブログにまとめていました。


父は今では幸せな家庭を築き、

僕が生まれました。

母とは大恋愛でした。


母と出会うまでの父は、

それはそれは悩んだそうです。


「真実の愛を見つける」って、

そんな中二病をこじらせた中年を続けて、


だけれども、60を超えた今でも、

父と母は二人で出かけるといつも手を繋ぐような、

そんな仲のいい夫婦です。


そんな両親の姿を見て育ったものですから、

僕も母のような素敵な相手を見つけることができました。


僕は父とは違って運命の人にいち早く出会えたので、

20代のうちに子供まで生まれました。

「ますを」は今では孫を持つおじいちゃんです。

 

このブログが父に見つかったら、

怒られてしまうかなー。

 

これからは「たらを」として、

ブログのスタイルは変えずに継続しますので、

引き続きお付き合いいただければ幸いです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて妄想、


愛し愛されて、

子宝に恵まれて幸せな家庭ならば、

なお良い。


そんな人と結ばれたい。

そんな家庭を築きたい。

 


「嘘から出た誠」を願って、


ハッピーエイプリルフール、

 

 

完全に去年の焼き直しでしたー。

 

tureture30.hatenadiary.jp

 

前からの読者様はタイトルだけで気が付いたかもしれませんね。

 

曇っているな

f:id:tureture30:20200331062636j:image

 

ここ最近の私の心を、

空模様で表現すると「曇り」だ。


決して晴れ間は覗かない。

かといって雨が降っているわけでもない。


そう、曇りだ。


時折どこかでゴロゴロと雷の音が聞こえる。

くすぶった感情を発散することもできずに、


だけれども雨は降らない。

いっそのことすべてを洗い流してくれればいいのに、


気持ちを発散できる場所、


年を取るにつれて、

そういう場所はどんどん減っていく。


雨に打たれたい。

冷たくて大粒の土砂降りの雨に、


「私はこんなに惨め」って、

そんな感傷に浸ることができるから、


あまりにもふがいない時って、

自分を痛めつけたくなる。


自分のことを嫌いで嫌いで、

許してあげることができないから、

 

だから、

「痛み」を免罪符にして、

許されようとするのだ。

 

そして、

この痛みを忘れないようにって、

「痛み」を体に刻み込むのだ。


「自分が許せない」


結局はそういうことなのかな。


少しばかりの不誠実さをいつまでも許せない、

そんな自分を許せないふがいなさ、


私がナルシストで、

理想の世界を持っているものだから、

その美学に反するものを許せないだけ、


駄々をこねている子供と同じだ。


自身の暴力性と向き合うって、

自分でその醜さをあぶりだすって、

とてもつらい作業、


ふと空を見上げると、

今日も曇っているな。

 

騙されたとしても裏切られたとしても憎しみを向けるだけ無駄

f:id:tureture30:20200330061155j:image

 

人は損することが苦手な生き物、


得したことはあまり覚えていなくても、

損したことは忘れられないのだ。


だから「憎しみ」が生まれる。


少なくとも本人からしてみたら、

不当な扱いを受けて損をさせられた。

そんな感情に支配されるのだろう。


だけれども少し考えてみると、

「憎しみ」に支配されていたら、

そうしている分だけ損をすることになる。


好きでもない相手のことを監視して、

不幸にならないかって期待して、


不毛な努力、

無駄な消耗、


「憎しみ」が生み出すものって、

そういうものしかない。


それならばさっさと手放すこと、

「感情の整理」なんて小難しいことを考える暇があるならば、

少しでも自分を気持ちよくさせてあげればいい。


「ちゃんとしていないとダメだ」


そうやって努力することは尊いけれど、

それを人に強いるようになったら、

どんどんおかしなことになる。


何も「隣人愛」を説きたいのではない。

裏切られ続けるなんてまっぴらだ。

 

「騙されたり、裏切られたり」


そういう目にあったら、

「憎しみ」なんて捨ててしまって、

それと同時にその関係も捨ててしまえばいい。


表面だけ繕って、

損得だけで繋がって、

いちいち感情を動かすことはしない。


「自分とは全く関係のない人」


関わらないといけないところだけ、

そこだけは我慢して、

あとは感情を殺せばいい。


嫌いな奴に「憎しみ」を向けるなんて、

わざわざ憎んでやることなんて、

無駄な労力だから、


憎みもしないけれど、

できるだけ関わりもしない。


それが嫌いな相手との正しい関わり方なのかな。