何もかもが陳腐に見えてしまう

f:id:tureture30:20200227063840j:image

 

何を守りたいのかもわからない政治、

自己評価を上げることに必死ないいわけ、

自分の不安を解消するために人を道具のように使う女、


この世界を構成するものの中で、

本当に必要なものってどれだけあるのだろう。


もちろんそれは「私」という単焦点から見た「世界」のこと、


それぞれに「世界」があって、

それぞれに価値観がある。


だから私の「世界」には不要でも、

誰かの「世界」には必要なもの、


そういうものもたくさんあるのかな。


合理主義の弱点は、

排他的であること、


基準は「自分」なのだ。


「自分」が所属する組織だったり、

「自分」の利害関係だったり、

「自分」から見た相手の利害関係だったり、


「あなたにとってもこっちのほうがいいでしょ」

 

そうやって言いくるめようとするけれど、

そんなことはわからない。


あえて非効率な手段をとって、

残業代を稼いで年収を上げているのかもしれない。


人間関係を悪化させることで、

自身を追い込んで成長を促しているのかもしれない。


「世間から対応が遅い」と叩かれても、

それによって性癖を満たすドМなのかもしれない。


それぞれに「世界」があって、

それぞれに価値観がある。


所詮はそういうこと、


「自分」「自分」「自分」

なんとも身勝手な世界、


誰の目から見える世界も、

そう大きくは変わらないのかな。

どこの世界だって自分が主役、


私はおそらく合理主義者だ。

だから不誠実さが許せない。


だけれども、

それは私から見た合理主義であって、

すべての人に当てはまるわけではない。

一見すると非合理に見えることを好む人もいるのだ。

 

だから相性の問題、


「陳腐に見えてしまう」


それだってきっとそう。

相性の問題だ。


ルールに縛られてばかりで、

自分らしさを発揮できないなんて嫌だ。


私は強くそう思う。


だけれども、

ルールを順守することに命を懸ける人種もいる。

 

こればっかりは相性ってやつ、


私の世界から見て、

陳腐ではない魅力的な女性、

 

そして相手から見ても、

陳腐ではない私、

そう感じてくれる人、


そういう人と出会えるのって、

針の穴に糸を通すようなものなのかな。


「自分の世界を固めすぎている」


何もかもが陳腐に見えるって、

そういうことなのかな。


何でもないことに笑い転げる。

この前遊んだ未就学の姪のそんな姿に感じる魅力、


自分の殻に閉じこもっていないで、

私も同じように笑い転げたいのかな。

 

伊賀の女は他人の痛みにさとく、自分の痛みに鈍感なのです

f:id:tureture30:20200226064615j:image

 

映画『関ヶ原』で、有村架純さん演じる忍の初芽が語った言葉、


とてもグッときた。


もちろん自分のことも大事にしてほしいのだけれども、

こんなことを言われたら惚れてしまう。


子供がいれば別なのかもしれないが、

女性はなかなか身を挺して何かを守るということをできない。


少なくとも私が出会った女性たちは、

保身のために平気で人を切り捨てるようなのばかりだった。


何度か書いているが、

私の理想の女性像はナウシカだ。

母性の塊のような人、


勇敢で男前で、

母性あふれる人、

規律やら規約に縛られ過ぎない。

自分らしさを持っている人、

自分の言葉で話している人、


そんな人に惹かれるのかな。


群れる女は嫌いだ。

群れることが目的になっているから、


女が3人以上集まるとろくなことがない。

同調圧力を振りかざして、

マイノリティは蔑ろにされる。


女性に対する嫌悪感がすごい。

結婚は遠ざかるばかりだ。

新しい形の愛に目覚めてしまうのかな。


「簡単に切れる関係」


だからこそ人間性が試される。

本当に誠実な女性なんて、

この世に存在するのかな。


私がそれに値する男ではない。

ただそれだけのことなのかな。


いつだってキープ要員、

いつまで経っても「いいひと」どまり、


いくらデートを重ねても、

女性という生き物がわからない。

 

相手の不誠実さが見えてしまうと、

そこで私がシャッターを降ろしてしまうのかな。

 

「またか」って、

 

気持ちがなくても、

最後まで気持ちのあるフリをすることなんてできない。


「優しい人が好き」


皆さんそう言うけれど、

それって「こんなワガママな私を受け入れてくれるような」

と言う文章が頭につくのかな。

 

優しくされることに慣れている女性は、

それだけでは物足りないのだ。

 

「自分だけに優しくしてほしい」

 

それは優しさではなくて下心、

目的があるからそうするだけのこと、

だけれどもそういう男ばかりモテる。

 

恋愛って、

化かし合いなのかな。

 

生きててえらい

f:id:tureture30:20200225065756j:image

 

一度デートをした女性に教えてもらった。


人気を博しているキャラクター、

肯定ペンギンの『こうぺんちゃん』


何でもかんでも肯定してくれるらしい。

現代人は褒められる機会が極端に少ないのだろう。


周りを貶めることでしか、

自分の価値を信じられない人たちばかりだから、


「今日も生きててえらいね!!!」


その言葉で救われる人がいる。

それって社会のほうに問題あるんじゃないかな。


メンタルが正常ならば、

馬鹿にされているようにすら感じる言葉、


「朝起きられてえらいね!」

「出勤できただけで100点満点!」


大丈夫か。日本、

そう思うのは私だけだろうか。


向精神薬の代わりとしてはいいのだろう。

副作用もないはずだから、


だけれども、

それほどまでに人間関係が希薄なのだろうか。


友人や同僚に本音を吐き出せないくらいに、

そんなに不信感に苛まれているのだろうか。


「生きることに励ましが必要」


苦しみや悲しみを、

笑顔が中和してくれるはず、


素直に笑うことができないのかな。


「生きててえらい」


何とも皮肉、


楽しむために生まれてきたはずなのに、

なんでこんなにも自分を認めてあげられないのかな。


「生きててえらい」


その言葉に少しグッとくる私も、

メンタルをやられているのかもしれない。

 

褒めて褒めて褒めまくる。

 

これから先の時代は、

人をうまく褒められる人のところに、

人が集まってくるのかもしれない。

 

入り口は何でもいい。

 

「自分で自分のことを認めてあげること」

 

そうなることができれば、

きっと課題の多くは解決するのだろう。

 

 

 

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

f:id:tureture30:20200224092608j:image

 

ノーベル文学賞作家であるカズオ・イシグロさんの作品

『わたしを離さないで』を読了、


洋画作品として映画化され、

日本でもドラマ化された。


少年ジャンプで連載中の『約束のネバーランド』の元ネタとの噂がある。


臓器提供のために生み出された、

クローン人間の少年少女たち、


ヘールシャムという人道的教育を施す施設で育ち、

幼い頃から事あるごとにその「使命」について聞かされて生きてきたけれど、

それがどういうものなのかは理解が追いつかない。


人道的教育を施すべきか否か。

それについて思惑をぶつけ合う大人たち、


そうとは知らず、

伸び伸びと育った彼ら、彼女らは、

外に出てから他の施設との違いを知る。


教育というべき代物すら受けられずに、

どこか厭世的で自嘲気味、

その場限りの楽しみに溺れ、

人道的教育を受けたヘールシャム出身者を妬む。

 

その重圧から自分をよく見せようとする少女と、

それに振り回される少年、

そしてそれを見守る物語の語り手となる主人公の少女、

 

「自分は何者なのか」

「何のために生まれてきたのか」

そして三角関係に揺れる思い。


将来の夢について語り合う子供たち、

だけれどもその夢は決して叶わない。

人の代替物という目的のために作られた存在だから、


人間存在の本質を問いかける作品、

誰かを救うために生み出された命、


だけれども命だ。

それぞれに人格がある。

感性がある。

そして夢や希望を抱く。


ある意味で戦時中の命って、

これと同じなのかもしれないな。

戦国時代だってそう。


命が誰かの道具になっている。


むしろ人類の歴史を紐解くと、

そういう時代の方が長かったんじゃないかな。


「命は大事なもの」


それを当たり前に主張する現代の方が、

歴史の上では特異なのかもしれない。


自ら命を立つ人が絶えない。

そんな時代、


命の使い道を自分で決めないといけない」


そういう重圧に耐えられないんじゃないのかな。


これまでの人類の多くは、

やるべきことをたくさん与えられて、

自分の時間を捻出することすらできなかった。


教育を受けて、働いて、結婚して、子供を育てて、

それを当たり前のようにして生きて、

歴史は紡がれてきた。


今は「多様性」を重んじる時代、

だけれども「多様性」にはコストがかかるのだ。


生き方をゼロから自分で探さないといけない。

必死で見つけた道を引き返すしかなくて、

途方もないくらいに傷つくこともある。


誰かの道具になっていた方が、

幸せなのかもしれないな。

人類はそうやって時を重ねてきたのだ。


目的のために生み出された子供たち、


具体的な年齢は描かれていないけれども、

おそらく二十歳そこそこで、

複数回にわたる臓器提供という「使命」を終えて、

その命を終える。

 

「悲劇」のような書き方はされていない。

あくまでも「問いかけ」なのだ。


これから先の社会は、

「命を生み出すこと」について、

どう折り合いをつけて進んでいくのだろう。


「命は尊いもの」


だけれども、

「自分」と「目の前の一人」

その「命の重さ」に違いはあるのかな。


そして、

命の使い道


短くても目的のある人生を全うする方が、

目的を分からずに彷徨い続ける人生よりも、

幸せなのかな。


色々なことを考えさせられた作品だった。

 

「愛があるんだな」って思ったこと

f:id:tureture30:20200223095541j:image

 

命にかかわるほどのものではないけれど、

父がしばらく入院している。


父に対していつも口うるさくやかましく、

文句ばかりを言っている母、


そんな母、


この前、帰ってみると、

「家にお父さんがいないと寂しい」って、

そうこぼしていた。


何年、何十年経ったとしても、

一緒に生活していれば気に障ることもある。

合わないこともある。


だからいつも口やかましくして、

時には何日も口をきかないこともあって、


だけれども、

お互いがそれを必要としている証拠なのかもしれない。

ある意味で言葉のスキンシップ、

お互いの存在を確認しているのだ。


相手に興味がなかったら、

文句も出てこないでしょ。


だから、

「愛があるんだな」って、

そう思った。

 

愛にも色々ある。
関係性はもちろん時とともに変わるだろう。


だけれども、

口やかましくしながらも、

自然と一緒に居続けられる。

何年も何十年も、

 

それにはお互いの努力が必要なのかな。


「婚活」ってやつ、


条件ばかりでお互いを判断するから、

少し嫌ところがあるとすぐに途切れてしまう。

それでは関係を深める余地なんてない。


「嫌いなところも愛せる」


そう思っていなくても、

気が付くといつの間にかそうなっている。


そういうのが、

「愛がある」ってことなんじゃないかな。


「恋」に恋したり、

「結婚」というものに恋したり、

相手がいないことの不安に押しつぶされそうになったり、

時にはその場限りの相手で不安を紛らわせたり、


そういう弱さに逆上して、

「不誠実だ」と目くじらを立てる私、

 

不誠実な女に対して、

過ちを懺悔し続けて、

不幸になればいいって、

そんなことを願っている。

 

一度は「好きだな」と思った相手に対して、

そんなことを思い続けている。

 

「そこに愛はあるんか?」

大地真央さんに一喝されそうだ。


「目の前の一人に誠実であり続けたい」

そういう看板を掲げて生きている。

 

人って弱いもの、

 

その「弱さ」まで含めて、

「いいよ」って包み込んであげられる。

そこを試されているのかな。


本当に好きになった相手には、

自然とそういうことができるんじゃないかな。


私には人を愛する資格がないのだ。

 

「裏切られてばかり」って、

被害者意識を持ち出して、

自分を愛することができていないのだもの、


自分の弱さを認めてあげる。

そういう基本的なことができていないのだもの、


大事そうに掲げている、

その看板を降ろしてさ。


思い切り自分を甘やかしてあげれば、

いいんじゃないのかな。


そんなロボットみたいに完璧な女性なんていないよ。

自分だってそうはなれないよ。

 

「弱さ」だってその人の魅力、

愛すべきもの、


人間だもの、

 

ますを

人の不幸を食い物にするということ

f:id:tureture30:20200222114233j:image

 

コロナウイルスが国内で拡散している。

医療関係者はもとより、

国会やテレビ局にまで飛び火したらしい。


確かに対応の不味かったところはあるかもしれないけれど、

誰かがウイルスにかかって「ざまあみろ」とか書き込んでいるやつ、


誰とも接することなく、

ロボットに世話でもしてもらっているとかって、

そんなハイパー引きこもりか何かなのかな。


感染が広がれば自分や家族も危険にさらされるのにね。

それに感染者の周りにいる人たちの不安を考えているのかな。

 

武漢では自分の大事な結婚式を先送りにしてまで、

使命を果たそうとして命を落とした、

そんな若い医師がいるみたい。

 

そういう思いで取り組んでいる人までいるのに、

思考停止して感染拡大を喜ぶような、

人の不幸を嘲笑うかのようなやつ、


うまくいかないことばかりだから、

人の不幸くらいしか楽しみがない。

そういう悲しい人なのかな。


「あいつよりはマシ」


そうやって相対的に自分の価値をあげようとする。


そんなことをしたところで、

周りから見たあなたの価値は、

より一層下がるだけなのにね。


「自分で自分の価値を信じてあげられない」


それが元凶、

誰かと比べて上じゃないと、

自分の価値を認めてあげられないのだ。


可哀想に、

それでは生きるのは辛いでしょ。


これ以上できないってくらい努力した先に、

結果はどうあれ自分を認めてあげる道筋ができる。


報われない努力だって、

無駄ではないよ。

何もしないで時ばかり過ぎていることが無駄、


仙人みたいに誰とも関わらずに、

達観して生きているならばいい。

それはその人の勝手だから、


だけれども、

ネットに何かを投稿するってことは、

誰かに自分の価値を認めてもらいたいんでしょ。

誰かに自分の投稿を見てもらいたいんでしょ。

 

有力者を真っ先に叩くことができるなんて、

「俺すげーだろ」ってアピールしたいんでしょ。

 

そこくらいしか居場所がないから、

そこにしがみつくのに必死なんでしょ。


みんなが人と比べることなく、

自分の価値を信じることができれば、

誰かを乏しめる必要なんてないのに、

 

なかなかそうはいかないものだな。


人の不幸を食い物にしたって、

自分の心を蝕むだけ、


気が付かない速度でじわじわと、

気がついたら人ではなくなってしまう。

 

人は悪魔に心を売ってでも、

自分の居場所を守りたいのだ。

 

この記事だって、

私の自己承認欲求から書いたものなのかな。

 

渇く

f:id:tureture30:20200221065552j:image

 

「不要不急の外出は控えてください」


それでも相変わらず通勤電車は満員だ。


誰もが不穏な空気を感じているけれど、

誰もが他人事、


大きなものに身を委ねすぎて、

考える隙間もなく、

同じことを同じように同じ場所で繰り返す。


「居場所がある」


それだけで満たされるのだ。

誰にも必要とされなくなることのほうが、

新型のウイルスよりも怖い。


正だか負だかもわからない、

そんなエネルギーをため込んでいても、

吐き出す先は多くはない。


「渇く」


吐き出す先のない気持ち、

内に秘めた熱に晒されて、

カラカラに渇く。


「渇く」


無機質な人間関係ばかり、

心に潤いが足りなくて、

カラカラに渇く。


心からの「愛してる」を、

囁きあえるような、

そんな相手を望み続けている。


それは近くに見えるけれど、

手を伸ばしても届かない。


はじめは必死に手を伸ばしていたけれど、

いくら臨んだところで、

簡単には手の届かないことがわかってしまった。


裏切られるたびに、

「またか」って、

傷つくと同時に胸をなでおろす。


カラカラに渇いているから、

少し心を動かすだけでも、

擦れてヒリヒリ痛む。


もう動きたくないのだ。


「渇く」


誰か私を潤してよ。

人知れず干からびてしまう前に、


誰でもいいから、

私の心を潤してよ。


オアシスを求めて彷徨い続けるのには、

もう疲れてしまった。