私の告白遍歴

f:id:tureture30:20200405104909j:image

 

私がこれまで生きてきて、

明確に「付き合って欲しい」って、

気持ちを伝えた回数は4回だ。


一度目は二十歳の頃の初恋の人、

二度目は元カノ、

三度目は前の職場の同期、

四度目は去年の夏だ。


二度目以降はデートを重ねた上の試み、

十分な勝算があった。


アプリを除いて、

デートをした相手を加えると、

10人くらいだろうか。

決して少なくないように思う。


女性と日常的に接する分には問題ないし、

普通に生活していても年に一人か二人からは、

アプローチらしきものを受けるから、

自分で言うのもなんだが、

私はモテなくはないのだろう。


だけれども、

関係を進めるとなると、

ほとんどうまくいかないのだ。


「決め手に欠ける」


側から見ると優しくて真面目で話しやすい。

だけれども二人で時を過ごしてみると物足りない。

そんな男なのだろう。


少し前までの私の心の支え、

「自分にとっての世界で一番素敵な女性と結ばれるために、

こんなにも奇跡的に恋愛がうまくいかないのだ」


今思えば噴飯物だ。


私は女性というものを神聖視して、

女神様か何かと勘違いして、

救いを与えられるのを待っていたのかな。


女性だって生身の人間、


人を自分の不安を解消するための道具にする、

そんなゴミ屑女もいれば、

この時期に職場で飲み会を企画する、

頭空っぽのバカ女もいれば、

二股かけた末にどちらともうまくいかなくて、

居場所がなくなる救いようもない動物みたいな衝動的女もいる。


全て同一人物なのだけれど、


これから先、

私がどうしようもなく好きになる女性って、

目の前に現れるのかな。


「とりあえず」


私にはきっとそれができないのだ。

いい加減な気持ちで関係を先に進めることができない。

だからここまでこじらせている。


条件とか容姿ではない。

本能と気持ちに従うことにしよう。

そこから始まることってあるはず、


これから進む私の道のりには、

隣に並んで手を取りながらいっしょに進む相手って、

存在するのかな。

 

「奇跡的にうまくいかないことばかり」

 

だけれども必然なのかもしれない。

私の心がたまらなく女性を求めていないのかもしれないな。

 

「とりあえず」

 

それが伝わってしまったら、

相手は身を引くのは当たり前、

きっと恋愛に対する私の熱量が足りないのだ。

 

「なんで結婚したいの?」

 

そろそろお年頃だから、

経験を積みたいから、

周りがどんどん行ってしまうから、

 

そこら辺に転がっている婚活女と変わらないな。

「相手」ありきではなく自分本意だ。

 

たまらなく好きな相手ができて、

そのままの関係ではいられないから、

付き合って結婚したい。

 

そうでなければ本末転倒、

どうやら私は「結婚したい病」に罹っていたようだ。