30代童貞こじらせ男の記録

散りゆくままに、徒然と、

時の流れ

f:id:tureture30:20180616142347j:image

 

やけに短く感じた一週間

 

人生に集中できていたということでしょうか。

合理的には無意味な悩みが絶えないということは、

それだけ思考に余裕があるということ、

 

夢中になれることが増えれば、

30代もあっという間に過ぎ去ってしまうのでしょう。

 

仕事をして、

トレーニングをして、

読書に励み、

友人とのひと時を楽しむ。

 

割りと充実した日常を送っているはずなのに、

うまく行かないことばかりに目を向けてしまう。

時が過ぎてしまうことに対する危機感の表れか。

 

命に及ぶような悩みはない。

生活破綻に直結するような悩みはない。

 

ただ毎日に息苦しさ、

時には生き辛さ、

漠然とした物足りなさを感じる。

 

それを感じ続けることで、

人は人であり続けるのでしょうか。

 

それの正体を暴こうと、

深みにはまってしまうならば、

心が壊れてしまう。

 

ただ、やるべきことをやり続けるだけ、

その中に幸せはあるのかもしれない。

時折見せる一瞬の輝きとして、

 

時の流れに身を任せて、

合縁奇縁を待つのみか。