安易に優しくすることが怖い

f:id:tureture30:20190210075850j:image

 

酒が入ると自然と優しくなれる。

理性が優しさを抑えているのだろう。


優しさにつけ込まれて、

いいように使われて、

傷つけられたから、


相談されたら別だけれども、

必要以上に人の悩みに関わらないようにしている。


困っているのを見かけたからって、

安易に優しくしてしまうと、

気持ちに応えられないくせに、

気持ちを引き寄せてしまうこともある。

それで何度も苦労した。


「誰にでも優しいよね」

「優しいだけが取り柄なんでしょ」


捨て台詞のようにそう言われたことがある。

そこまで相手を傷つけていたのかもしれない。


安易に優しくすることが怖い。


『嫌われる勇気』にあるように、

課題の分離をした方が良いのだろう。


嫌われたくないから優しくする。

下心から優しくする。

立場上の使命感から優しくする。

 

もちろん必要な場合もある。

でも、そのような優しさばかりを振りまいていると、

どこかで歪みが生じてしまう。


そのような優しさを振りまいている自分に酔っていると、

気がついたら足元をすくわれてしまう。


「優しさ」の源がどこにあるのか。


本当に相手のことを思っているのならば、

嫌われることも厭わない。


相手のためになると思うならば、

関わらないことが優しさかもしれない。

 

無私で相手の幸せを思えることが本当の優しさ、

 

優しさを受け取る側も気をつけなければならない。

自分の価値を信じられないからって、

優しくされる自分に価値を見出してはいけない。

 

その優しさを受け取って、

心からの感謝を返すこともまた優しさ、

 

優しさが連鎖する。

安易に優しくすることを恐れなくても良い。

そんな世の中になればいいな。

 

いや、そんなものは自分の心ひとつか。

強くなりたい。