「思想」のセキュリティ対策

f:id:tureture30:20200922131746j:image

 

人というものは、

ある種「洗脳」されやすいものなのだ。


環境によって千差万別、

「夏がダメだったり、セロリが好きだったり」

好き嫌いは否めないのだ。


だから周りから愛情のある言葉をかけられて育てば、

「自己肯定感」は育まれるし、


罵詈雑言を浴びせられて育てば、

「攻撃的」になりがち、


大人になったから、

自分の意思で物事を判断しているつもりになっているけれど、

それって年を重ねたところで、

本質的にはあまり変わらないんじゃないかな。


「ネットワークの発達」により世界は繋がった。

だからこそ気を付けなければならない。


「検索」という行為は、

「意思」が「ある」ようで「ない」のだ。


きっかけはもちろん「意思」から生まれるのだろう。


だけれども「検索」

その作業自体はただの流れ作業だ。


流されるように情報に触れていって、

なんとなく「マジョリティ」に引き寄せられていく。


そうやって「世論」というものが形成される。


ステマ」なんて常套手段、

見えないところで当たり前のように横行しているのだ。


そして「意思のある検索」

関心事に答えを探して「検索」をする場合、


その場合は、

なおさら気をつけるべきだ。


人は自分の望む情報にばかりアクセスする。

自然と「情報」は偏るのだ。


「Aが正しくBが間違っている」という人もいれば、

世の中にはその真逆の主張をする人だっている。


だから自分の主張が「A」に寄っていれば、

調べれば調べるほどに「A」へと寄っていくのだ。


「自分は正しいんだ」って、

カオナシたちの言葉に後押しされて、

しまいには「A」が正義で「B」は悪だ。


そう主張して周りを顧みない、

そんなモンスターになってしまうこともある。


気を付けなければならない。


人は触れる「言葉」によって、

「思想」は大きく変えたり、

暴走させたりするのだ。


だから気持ちに従うばかりではなく、

「軸」を持つこと、

そして自分の中で「一線」を引くこと、


価値観のアップデートは必要だけれども、

アップデートの対象としない基幹部分、

そこに対するセキュリティは重要なのだ。


大事な部分に簡単に入り込まれてしまったら、

思想そのものをハッキングされてしまう。


「一線」を越えるような「言葉」は受け付けない。

心を動かしてやる必要なんてない。


それが「思想」のセキュリティ対策だ。

 

商談のみならず、

就活や婚活まで、


これからの時代は、

より一層、画面越しの情報に触れることになる。

そしてそれが大きな意味を持つ機会も増えるだろう。


セキュリティ対策はしっかりしておかないといけない。