「偽装結婚」ではない結婚

f:id:tureture30:20200923061815j:image

 

「そこに愛はあるんか?」


大地真央さんにそう問われたときに、

心から「あります」と言われる結婚、

全体の何割くらいがそのような結婚なのだろう。


年をとればとるほどに、

「結婚」はリスクヘッジになっていく。


条件で選んで選ばれる。


経済的に苦しいから、

子供が欲しいから、

同居人として許容範囲内だから、

社会的なステータスを得たいから、


様々な思惑が入り混じる。


偽装結婚


ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ

その中に登場して脚光を浴びた。


もしかしたら世の中の多くの結婚が、

実は「偽装結婚」なんじゃないのかな。


揺れる乙女心。

くすぐられる男心。


そんな駆け引きの末に、

相手のことを好きでたまらなくなる。

そういうのは20代前半までだ。


多くの人がそういうものを求めて彷徨った挙句に、

大多数は結ばれず、

年を経るとともに妥協点はどんどん下がっていき、

「縁」という言葉を巧みに利用して、

「落としどころ」に落ち着くのだ。


「この人を離しちゃいけない」と思った。

そういう話はよく聞くけれど、

「この人じゃないといけない」と思った。

そういう話は私の周りでは聞かない。


似ているようで大きく違う言葉、

前者の言葉は「条件」にかかるのだ。


結局は「愛」だの「恋」だのってものは、

「生活の知恵」なのかな。


「種の保存」を目的として、

脳から発せられる指令、


高尚なものでも何でもない。


ただ一つ確かな愛情があるとするならば、

それは「自己愛」だ。


いくら自分を嫌いになろうとしたって、

結局どこか自分の人生に期待をしているのだ。

 

「自分は幸せになれるはずだ」って、

「自分は報われるはずだ」って、


それが「自己愛」ってやつ、


「愛」なんてものが信じられないのであれば、

まっすぐ歪まないように、

まずは「自己愛」それを育ててやればいい。


「まっすぐな自己愛」


おそらくその先にしか、

「まっすぐな他者愛」なんてものは、

生まれるはずはないのだ。


自分が好きではない自分のことを、

好きになってくれた人を愛するためには、

自分を好きになるしかない。

 

自分は誰よりも「自分の努力」を知っている。

それと同時に「周りから見た自分」を知らない。

 

森山直太朗『生きとし生ける物へ』


「僕は君が思うような人間じゃない。

そうさそんな人間じゃない」

 

表には出さない。

そんな自分の醜いところを知っている。

 

だけれども当たり前のようにしている、

人に対する優しさには気がつかない。

 

自分のことを知った気になるということは、

自分を諦めるということ、

 

「結婚」ってものはさ。

 

きっと一番近くで、同じ目線で、

自分のことを見てくれる人、

お互いがそういう人になるってこと、

 

他人同士から対等な家族になる。

 

それができていれば、

きっかけなんてものはなんでも良いのかな。

 

夫婦って関係は、

なんとも不思議なものだ。

 

f:id:tureture30:20200923062724j:image