ドラフト会議 2018

今日はガチ目な野球記事です。


マチュア球児の人生を決定する日、

スワローズは根尾くんを公言、


個人的には藤原くんに行って欲しかった。

甲子園で見せたあのインコース打ちはプロでも中々できる選手はいない。


これで根尾くんは5,6球団は堅いでしょう。


それならば外れた場合をどうするか。

個人的な好みで4人の選手を挙げます。

 

 

○吉田 輝星・金足農業高校

f:id:tureture30:20181025082238j:image

 

今年は野手に偏重、

この状況ならば外れまで残る可能性はある。

今年の甲子園を沸かせた高校No.1投手、

ストレートの質はプロでも通用、

変化球にフィールディングも完成度が高くセンスは抜群、

太々しさはスワローズにはいないタイプ、

優勝を狙うならばこういう投手がいないと、

将来のエース候補に、

 


○梅津 晃大・東洋大学

f:id:tureture30:20181025082246j:image

 

ポテンシャルは同じくドラ1候補でチームメイトの上茶谷に「敵わない」と言わせるほど、

153kmの力強いストレートが武器、

他の大学生投手と比較して有利なのはサイズがあること、

187cm,92kgはでかい。

浦和学院の渡辺くんも魅力的ですがまだ未知数、

バランスを考えると梅津くんの将来性はピカイチ、

 


○辰巳 涼介・立命館大学

f:id:tureture30:20181025082311j:image

 

チーム事情から若手外野手の補強は急務、

肩と足はプロでもトップクラスという評価のアスリートタイプ、

守備が良ければ出番は増える。

代走でも守備固めでも、

広島の野間のように使われ続ければ打つ方も芽が出る可能性は高い。

日本代表のキャプテンを経験、

バットを振れるタイプ、

魅力たっぷり、

 


○斎藤 友貴哉・Honda

f:id:tureture30:20181025082320j:image

 

今年の社会人No.1投手、

高い完成度の本格派で即戦力候補、

動くストレートに決め球スライダーがあるので、

三振を取れる投手、

球持ちの良さからタイミングを取りにくく、

初年度の活躍に期待ができそう。

 

 

競合を恐れない姿勢は良いと思いますが、

チーム事情から内野手ならば外野手か投手、


根尾くんが当たれば喜ばしいことですが、

吉と出るか。


いよいよ運命のドラフト、

球児の夢を乗せて、


【1位指名予想】

広島:小園

ヤク:根尾

巨人:根尾

横浜:上茶谷

中日:根尾

阪神:藤原


西武:松本

SB:小園

ハム:根尾

オリ:小園

ロッテ:藤原

楽天:根尾