高橋大輔

f:id:tureture30:20181226053123j:image

 

JリーグでMVPを獲得した家長昭博

そして現役復帰の高橋大輔


今年は同世代の選手が第一線で活躍している。


家長は実質Jで日本一の称号、

髙橋は全日本で2番目の椅子を勝ち取った。


スポーツ選手としてはピークを超えて円熟期、

アジリティを求められるスポーツでは厳しいはず、


特に高橋大輔は4年間のブランクを経て、

復帰後5ヶ月での快挙、


「前よりもスケートを楽しめるようになった」と、

そのコメントからは充実感が溢れている。


好きなことと一旦距離をとって、

別の立場でそれに接していく中で、

「戻りたい」という欲求と正直に向き合い勝ち取った結果、


「この順位になるとはまさか思わなかった」とのコメントからは、

「後輩は何をしているんだ」という思いはあるかもしれない。


それでも自分は自分であり続ける。

世界選手権を辞退した上での現役続行宣言、

※辞退ではなくてミニマムという資格がなかったみたいですね。


やはり自分と向き合って生きている人はかっこいい。

同世代からは多くの触発を受ける。