心に響く言葉

f:id:tureture30:20181230092249j:image

 

相手のことを思いやる気持ち、

自然とそれを持つことは難しい。


立場を守るために助けたり、

理想の自分になるための道具にしたり、

相手のためだけに打算なく行動できているかと問われると、

「そうだ」と即答できない。


でも悩み苦しんだ経験があると、

同じように悩み苦しんでいる人に対して共感が生まれる。

相手の姿を通して心が揺さぶられる。


揺さぶられた心のままに生まれる言葉は、

相手の心に響く。


心が動いていない時の一言ほど反感を生む。


「規則だからそうなのです。」


同じ一言でも相手に寄り添っているかどうかで、

心への響き方が全く違う。


大切な人に自分の言葉が響かないのであれば、

相手の気持ちに寄り添う必要がある。


大切な人の言葉が自分に響かないのであれば、

自分の本心をさらけ出す必要がある。


立場を守ろうとせずに、

心を言葉に乗せて響かせ合うことができれば、

わかりあえないことなどないはず、


相手が何を思っているのかわからない。

そういう時はいつだって言葉が足りない。