失恋の時効について

f:id:tureture30:20200504130946j:image

 

惹かれる力が強ければ強いほど、

それを失った時の反動は大きい。


「信じていたのに…」


その気持ちを解消するために、

より大きく遠ざけようとするのだ。


「失恋の痛みを解消するのに、

どれくらいの時間が必要ですか?」


そんな根のない言葉がネット上に踊る。


1か月?

3か月?

いや1年?


「1日寝れば忘れてしまいます」

「死ぬまで忘れることはできません」

 

様々な回答がある。
そんなものに決まりはないのだ。


それを形作るものは積み重ねてきた経験、

千差万別である。


「忘れようとしないで、

それを糧に生きていくことが大事なんじゃないかな?」


最も共感を生む、

ポピュラーな回答がこれみたいだ。


私も長いこと苦しんだ。

いや、「苦しんでいる」か。

現在進行形だ。


本当に苦しかったときは、

そこに答えなどあるはずもないのに、

藁をもすがる思いで検索ばかりしていた。


調べれば調べるほどに、

思考はそれに支配される。


「今はそういう時期」


割り切りながら生きてきたけれど、

最近ようやく気がついた。


「失恋に時効なんてない」


その時に不幸を感じているならば傷として、

幸せを感じているならばきれいな思い出として、

いつまでも残り続けるのだ。


「恋は罪」


こんなにも心を震わせた経験、

それを忘れることなどできない。


一度心を奪われたら最後、

「返して欲しい」と願っても、

その気持ちが戻ることはない。


本気の恋って、

そういうものなんじゃないかな。


だから恋をするたびに、

人は心を削るのだ。


目には見えない、

大切な部分を削って相手に差し出すのだ。


それでもダメだったら、

どこかで折り合いをつけて、

残った気持ちで勝負するしかない。


一番最初の恋が成就して、

そのまま結ばれたら、

どんなに素敵なことか。


私にはもう、

折り合いをつけるだけの気持ちすら、

残ってはいないのかな。


だから相手に気持ちを差し出すことを求める。

自分の気持ちを差し出すことが怖いから、


HY『てがみ』


「やっぱり恋には時効などないのかな。

今日も君を後悔と共に思いながら…」


私は私の関わるすべての人が、

幸せに生きられればいいと思う。


だけれどもあいつだけは、

その幸せを願うことはできない。


自分で手放さない限り、

恋には時効などないのだ。


「恋は罪」というのならば、

いっそのこと逮捕して、

その罪を償わせてくれ、


それでこの気持ちを手放せるならば、

自由などいらない。