女がわからない

f:id:tureture30:20190426073308j:image

 

最近のこと、


飲み会のときに、

やけに隣にばかり座ってくる。

1次会も2次会も、


会場が狭かったこともあってか、

体が触れ合う距離感で、


そんなものだから、

少しは意識して、

恋愛の話題を振ってみると、

どうも彼氏がいるらしい。


「またか」

そう思った。


今回のことでは別に傷ついたわけではないけれど、

「あんな雰囲気を出していたくせに…」

そういうことが何度もある。


単に私がうぶで勘違いヤローなのか、

そうではないのか。


私の未発達な恋愛経験からは推測できない。


話の流れで、

紹介されている人がいるってことも話してみたけれど、

「その間でも色々な人と会って後悔しない選択をしたほうがいい」

そんなことを言われた。


女性は常に色々な可能性を探っている。


こっちがダメでも安心できるように、

そうやって不安を解消するための道具として、

男をうまく転がしているのだ。


イムリミットが近いことはあるのだろうけど、

どうもそういうふうに思ってしまう。


私はいつだって、

食い物にされる側、


思わせぶりな態度でキープ要員にされて、

本命がうまく行けばさようなら、


そうしてまた傷が一つ増えるのだ。


大小はあるけれど、

もはや心は傷だらけ、


「ローラ、ローラ」

そうやって名前を叫んでくれる人はいない。


どんなに孤独を感じても、

世界から必要とされていない気がしても、

一人でその傷と向き合わなければならないのだ。


「女がわからない」


徐々にランクを下げていって、

「引っかかったところ」で妥協する。


生理的に無理ではなくて、

自分を受け入れてくれれば誰でもいいのか。


人は弱い生き物、


燃えるような恋をして、

成就せずに苦しんで、

そういう経験を繰り返して、


これ以上苦しみたくないからって、

男を「不安を解消するための道具」にして、

誰かを傷つけて、

自分の幸せ探しに躍起になる。


「私だって苦しいの」


悩んでいるフリをして、

傷ついたフリをして、

まるで被害者のように振る舞っているけれども、

答えはもう決めているんでしょ。


徐々にランクを下げていって「引っかかったところ」

それが答えなのだ。


すべての女性がそうだとは思わないけれど、

女のそういうところが嫌い。


本当に嫌い。

心の底から嫌い。


私だって、

辛くて苦しくて、

傷がないところを探すほうが難しいくらいに、

傷だらけだけれども、

私なりに傷と向き合っているつもり、


「好き」ってなんだろうだとか、

心から好きな人と結ばれたいだとか、

相手に誠実であり続けたいだとか、


だけれどもそれって、

理想に過ぎないのかな。


それとも、

そう見えないだけで、

多くの女性だって心のうちは同じなのかな。