終電を逃して地べたに座って酔っ払ってる少女

f:id:tureture30:20190428102009j:image

 

とはいえ自称では成人していたみたいだが、

 

よせばいいのに連れが「大丈夫」って、

声をかけるものだから、

ファミレスまで連れ添うことになった。

 

2人の年端もいかぬ少女たち、

 

彼女たちが言うには、

どうやら男と約束をしていたのに、

すっぽかされたみたい。

 

帰ればいいのにそれを信じて待っていたら、

終電を逃したのだとか、

 

「男はみんな体目当てなんだよ」

 

よく聞くフレーズではあるけれど、

目の前の少女から出た一言は胸に刺さった。

 

「実際に…」

と何かを言いかけて、

彼女は口をつぐんだ。

 

女性だって、

食い物にされているのだな。

くだらない男から、

 

自分を守るために、

くだらない異性を寄せ付けない強さを身につけなければいけない。

 

だけれども、

それを過剰な自意識に仕立てて、

それに支配されてはいけない。

 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』

 

「会社を休んだら居場所がなくなる」

「ワーキングマザーでも社会で人並みに働けることを証明したい」

 

目標を持つことは大切だけれども、

目標に縛られたら不自由になる。

 

「結婚したい」

「恋人が欲しい」

「したい、ヤリたい」

 

そう思うばかりに、

異性を道具として見てしまったら、

誠実のカケラもない。

 

目の前の女性から出た言葉、

そこから感じたこと、

 

それを大事にする中で、

もっと女性の本音を知ること、

 

敵視して身構えるよりも、

するべきことはたくさんある。

 

こんがらがった紐を解くためには、

地道な作業が必要なのだ。

 

傷ついた経験から、

自分を大事にすることができるまで、

地道に自分を信じてあげる積み重ねが必要なのだ。

 

成功しても失敗しても、

自分を認めてあげられるようになりたい。

 

「自分で自分を褒めたい」

 

有森裕子さん、

自分を褒めてあげるためには、

どれだけ努力したらいいのでしょうか。