私のおっぱい論 〜大きい方がいいの?〜

f:id:tureture30:20191029204721j:image

 

最近少し騒がしくなっているけれど、

永遠のテーマと言っても良いのかもしれない。

 

大きい方がいいのか。

小さい方がいいのか。

そう。女性の胸についてだ。

 

「良い悪い」ではないな。

それでは男の主観が過ぎる。


先に宣言しておくが、

私は大きい胸に惹かれる。

 

もちろんそれが全てではないけれど、

単純に大きいと目を奪われてしまう。

それが惹かれている証拠、


理由は特に思いつかないけれども、

本能的なものなのだろう。


「ただの脂肪の塊なのにね」


そう言われたって、

惹かれるものは惹かれるのだから仕方がない。

話していても自然と顔から目線が下に行ってしまうことがある。

そういうのって気が付かれているらしい。


そしてそのたびに「男って…」

世の女性はそう思っているのだろう。


だけれども仕方のないこと、


男と女は違うから惹かれ合う。

セックスシンボルを目印にして、

「確かに異性だ」って、

わかりやすいものに引き寄せられる。

 

男は特にそうなのだろう。

目に見えるものだけが真実とは限らないのにね。

視覚を頼りにするものだから、

簡単に騙される。


そして人は「好奇心」という魔力に心を奪われる。

普段は露わにしないその先に待ち受けているもの、

そういうものに惹かれるのだ。


みんな服なんて着ない裸で、

それが当たり前の世界だったら、

きっと必要以上に意識することなんてないはず、


だけれども我らの文明には羞恥心がある。

それが性差に対する自意識を助長しているのだろう。


長い髪だったり、

血管の浮き出たゴツゴツした手だったり、

くびれたウエストやたくましい筋肉、

あそこの大きさを気にする女性だっているわけでしょ。


性差というもの、

挙げればキリがない。


「自分にないものを持っている」


神秘的だ。

だから惹かれる。

そういう理屈、

 

もちろんそれはヘテロセクシャルの視点だと断っておく。


だけれども気をつけなければならない。

「大きすぎる」といけないのだ。


思いも寄らない大きさに直面した時に、

図らずも人は萎縮してしまう。


そしてこう考える。


「自分の手に余るな」


「好奇心」よりも「現実感」が上回ってしまうのだ。

そうなると正当化するための理由をつける。


「小さい方に惹かれる」

そういう派閥が生まれる。


人は経験を信仰する生き物だから、

一度そう思ってしまうとなかなか拭えない。


生まれた時から「小さい方に惹かれる」

そんな男はいないんじゃないかな。

何かしらの経験を経てそうなるのだ。


自らのコンプレックスに起因するものだったり、

何かのきっかけで目覚めたり、


きっとそういうもの、


タイトルに話を戻そう。


「異性を惹きつける」

そういう意味では間違いなく大きい方が有利なのだろう。


だけれどもそれを求めていない女性だっている。


同性の敵は増えるかもしれないし、

変な被害に遭うリスクだって高まるのかもしれない。


自分の武器だと理解して、

理想の異性を手に入れるために使う人もいるけれど、

そういう人のイメージが一般化して、

望まない好奇の目で見られることだってある。

 

言わば「諸刃の剣」なのだ。

単純に大きければ楽に生きているわけじゃないでしょ。


結局は個性でしかないのかもしれない。


男は馬鹿だとか、

女はずるいだとか、


そういうのって、

主張する側の主観でしかない。


経験をもとに価値観が作られて、

それが行きすぎるとなんだって攻撃材料になる。


「巨乳は奇形」


あそこが小さいからって、

大きい同級生を「デカチン」っていじる小学生みたい。


大きくたってそれを正しく使う機会がないならば、

自分をすり減らしてしまうだけ、

 

小さくたって、

コンプレックスなのって悩んでいたって、

正しく使う機会がある方がよほどいい。

 

異性を囲い込むための武器ではなくて、

生理的な機能や命を育むため、

そして「愛情表現」という形でね。


その心も体も、

愛する一人から求めてもらえるならば、

それでいいんじゃないかな。


大きいとか小さいとか、

そんなことだけで選んで選ばれたって、

きっとうまくはいかないでしょ。


異性を使い捨てる。

男は女を性欲の捌け口に、

女は男を不安解消の道具に、

そうやって傷つけ合うことが病理、

 

「ヤらせてやったのに」

 

そう言っていた女性がいたけれども、

その言葉自体が相手を都合よく使おうとした証拠じゃないのかな。


誠実ってなんだろう?


そんなことを書いていたって、

私も女性をそういう目で見ているのだけれど、


「大きい胸に惹かれる」


草食の権化みたいな私だってそう思う。

 

だけれども思うことは止められない。

需要が多ければ商品化される。

そういうもの、


人だって動物、

そんなにいきり立たないでさ。

 

BLだって地位を確立したから、

web広告で目にするし、

散々流れているけれど、

生理用品のCMだって男からしたら、

「粛々とやってよ」ってそう思う。

 

男も女もどっちもどっち、

少しくらいは多目に見てよ。