女好き

f:id:tureture30:20190520064334j:image

 

私は女好きだ。


だけれども好きの思いが報われないから、

「女性不信」を装っている。


本当は好きになりたいのに、

好きになってもらいたいのに、


傷ついてばかりだから、

これ以上傷つかないようにって、

「女は信じられない」だなんて、

ATフィールドを全開にして拒絶する。


だけれども心は女性を求めている。


うまくいかなくて傷つくことがその証拠、


心を通わせたいのにすれ違い、

好きになりたいのにそれが適わない、


だから、

自暴自棄になって、

「どうせうまくいかない」って言い聞かせて、

うまくいかなくても、

心のどこかで安心している。


それではどうしたってうまくいかない。


理解不能な生き物、

それは当たり前、


だからってそれを恐れて、

身構えながら接したところで、

相手だって身構えてしまう。


前に友人から言われた言葉、


「ますをは誰がどう見たっていい人なのだから、

自然に接していれば嫌われることはないんじゃないの」


「私は女好きです」って、

伝わるくらいがちょうどいいのかもしれない。


伝えようとしたところで、

うまく伝えられるわけがないのだから、


だから、

もっと仲良くなりたいって、

女の子と近づきたいって、

いい匂いをかぎたいって、

肌に触れたいって、


もっとガツガツいけばいいのかもしれない。


もともとフリーだけれども、

本格的にフリーになった。


もはやなんのしがらみもない。


誰に気兼ねするでもなく、

自由に女性を求めればいい。


裏切ったとか、

裏切られただとか、

そんなことは後から考えればいい。


マダムと接するように、

自然と懐に入って、

女たらしを自認するくらいがちょうどいいのだろう。

 

もっと楽しく生きればいい。