責任を持って女性を愛するという経験

f:id:tureture30:20190604064734j:image

 

私に欠如しているもの、

 

唯一の彼女は「愛」とはまた違ったものだったし、

「好き」と思える女性ができたところで、

関係が先に進まなければ責任感は全くない。


だから女性が何を考えて、

何に苦しんでどう生きているのか。

それに思いを馳せる機会が極端に少ない。


だから少し裏切られただけで、

そのすべてを否定して、非難して、遠ざけて、

そういうことになる。


要は女性を知らなすぎるのだ。


だから、

「責任を持って女性を愛する」

そんな経験が必要、


それは無理に求めることではないけれども、

自分の中での試金石になることは間違いない。


今までの私は、

①「いいなと思う」→

②「本当に好きなのかを疑う」→

③「結婚を考えられる相手なのかを吟味する」→

④「そう考えられて初めてアプローチを開始する」→

⑤「相手の気持ちはもう離れている」


こんなパターン、


②と③は不要なのだ。

「いいな」と思ったらアプローチすればいい。

私は関係が進んで責任を取らないほど愚かではないはず、


その積み重ねの中で出会う、

あるいは最初の一人が運命の相手かもしれない。


そうやって、

関係を進めて、

相手に責任を持って、


そういう中でしか、

「女性」というものを知ることはできない。


相手とともに進むことにならなくてもいい。

自分が先に進むための恋愛があってもいい。


「誠実さ」って、

目の前の一人に対して向けるもの、

先のことにまで責任を持てるかはわからない。


場合のよっては、

「誠実さ」が「煩わしさ」に変わることもある。


だから、

その時の精一杯で、

相手と向き合えばいい。

自分の気持ちと向き合えばいい。


先のことなど誰にもわからないのだから、