これから書きたいこと

f:id:tureture30:20190603064852j:image

 

先日の「パニック障害」の記事を投稿して、

「書きたかったこと」は書いてしまったように思う。

 

tureture30.hatenadiary.jp


そこからは間近に迫った300日連続を目指してきたけれども、

それも過ぎてしまった。


だから、これからは「書きたいこと」を探すところから始まるのかもしれない。


これまでの記事たちは、

ここに至るためのもの、


私に何があって、

このような人間になったのかのイントロのようなもの、


何があったかの種明かしは、

パニック障害」の記事までに粗方済ませてしまった。


だからそこから先って、

全く別物になるのかもしれない。


婚活の様子を綴ったり、

日々の気持ちを書き留めたり、

書いていることはあまり変わらないけれど、

気持ちは別物、


なんだかそんな気がする。


大きな転機があった。

苦しむだけ苦しんだ。


だから、

「これから書きたいこと」

それは幸せへの道筋を綴ることなのかもしれない。


「幸せって何?」

わからない。

だからそれも含めて、


まだ引きずってはいるけれど、

私の女性に対する見方はだいぶ割り切ったものになった。


女性を強く求めている。

そしてそれは綺麗な感情ではない。


チェリーボーイに変わりはないが、

夢見る少女ならぬピュアボーイじゃいられないのだ。


本当はもっと早くに、

こうやって先に進むものなのだろう。


私は干支一回りほど遅れていて、

文字通り周回遅れ、


長かった3年、

遠回りをしたようで、

必要な時間だったのかもしれない。


遅すぎた春、

しかし幸いにも男としての需要はまだあるようだ。

手遅れではなさそうなのが救い。


ここから先は別物、


さあショウタイム、

人生を楽しもう。


何も性別を楽しむのは女の特権ではない。


男に生まれたのだから、

男を楽しまないと、


思いっきり、

火傷をしない程度に、


人生を楽しもう。