愛のあるXXがしたい

f:id:tureture30:20190812075443j:image

 

理想は多少揺らいでいるけれども、

私はそのチームに属する。


だけれども世の中には色んなチームがある。


「愛なんて必要ないチーム」

「愛だけがあればいいチーム」

「できれば愛があったほうがいいチーム」


「することでしか愛を感じられないチーム」

なんてものもあるだろうか。


きっと挙げればキリがない。

それだけ多様な捉え方がある。


「私はこのチームだけれどもあなたはどうなの?」


そんなことは聞けない。

だから態度で察するしかない。


「愛だけがあればいいチーム」が所属する「したくないリーグ」

なんてものもあるだろうけれど、

多くは「したいリーグ」に所属しているはずでしょ。


なのにこれだけチームがあったら、

どうしたらいいのかわからない。


「嘘や演技」


そんな物が溢れているから、

そもそも二人の間に「愛」があるのかなんて、

確認のしようがないのかもしれない。


「愛」が必要ならば、

結局は自分の「ほとばしる熱いパトス」を、

どれだけ上手に伝えられるかなのかな。


紅に染まったこの俺を慰めるやつはもういないのだ。


「X!!」

 


「X!!」

 


「SE…!!」


あっ、

以下、自粛


夏だな。

熱い、熱い、夏だ。

 


ここで一句、


気をつけろ!

危険な恋への

熱中症


ますを

 

 

恋の熱中症にもご注意を、