「誠実な女性」って天然記念物か何かなのかな?

f:id:tureture30:20200212065739j:image

 

私はどんな出会いであっても、

関わった人に対しては誠実に向き合いたいと思っている。


だから必要以上に自分を飾らないし、

下手に気持ちを掴むようなことはしない。


だけれどもネットでの出会いって違うのかな。


あまりにも浅はかで不誠実な女とばかり関わるものだから、

「女」自体がそういう生き物なのかなと、

勘違いしてしまいそうになる。


私の家族に関わる悩みを打ち明けた時に、

真摯に「応援している」と励ましてくれた。


だけれども、

それはその場限りの言葉だった。


いろんな人とやりとりをしていたのだろうけれど、

その話をしたことすら覚えていなかった。


「いい女を演じるための道具」


そうやって言葉を使う。


心にもない言葉で、

心を繋ぎ止めようとしたところで、

どこかでボロが出るよ。


ましてや、そういうお仕事をしているプロでもないのだから、

簡単にメッキは剥がれてしまう。


「好きになったら一途」


どの口がいうのだろう。

自己分析からやり直したほうがいい。


あれだけ前のめりに接してきて、

次に会う約束までして、

「少し違うかな」と思ったら音沙汰なし、


女って怖い。

一瞬で変われるのだな。


それとも初めから終わりまで、

ずっと演技だったのかな。


不器用なふりをして、

誠実そうに見える着ぐるみを着て、

着ぐるみの中では入念に品定め、


ネットでの出会いだからそうなのか。

それとも婚活ってそういうものなのか。

はたまた「女」ってそういう生き物なのか。


もはやわからない。

 

「誠実な女性」って、天然記念物か何かなのかな。

 

少なくとも私の周りには、

そう見える着ぐるみを着ただけの紛い物ばかりのようだ。


自分の身を守るために、

男を不安を解消するための道具として使い捨てる。

 

こちらが誠実に向き合おうとするだけ損をしてしまうのかな。


「不器用で、真っ直ぐで、誠実そう」


今回の子は私からはそう見えていたから、

こういう感じで終わるとは思わなかった。


少なくともわかったことは、

「私には女性を見る目が全くない」ということ、

 

いくら出会いを重ねても、

それは変わらないことなのだ。


改めていい機会だったな。