もう奇跡なんていらない

f:id:tureture30:20190726063659j:image

 

自尊感情は地に落ち続ける。

底が見えたと思ってもさらに底がある。


「女性と結ばれる」


私のその点においての能力は、

おそらく人間の枠を超えて、

全生物中でも最低クラスだろう。


犬も猫も鳥も魚も虫だって、

つがいになる。


私は独り、


機会を求めずに結ばれない人はいる。

ハナから諦めている人もいる。


だけれども私の場合は、

これでもかってくらいに動いて、

その結果いいところまで行ってダメ、


いつもそう。

いいところまで行ってダメ、

だからかえってダメージが大きい。


何なのだろう。


見えない力が働いて、

結ばれないように仕向けているとしか思えない。

もはや奇跡、


何度も奇跡が続く。

私は奇跡の人か。


ここまで行ってダメ、

もはや常識は通用しない。

女性の態度を信じることができない。


10日も経たない少し前までは、

「愛の言葉」のようなものを、

ささやきあっていたはずなのに、

本当に何なのだろう。


自分の不安を解消するために、

人を道具のように使って、


いつだって私は使われる側、


心は傷だらけで、

傷のないところを見つけるほうが難しい。


純粋を装って、

いい子のように振る舞って、

最後は冷酷に切り捨てる。


いい雰囲気だったのに、

他から言い寄られるとそっちに靡いて、

幸せを見せつけてきたり、


結婚が決まっているくせに、

マリッジブルーの隙間を埋めるために、

思わせぶりな態度で言い寄ってきたり、


社内での立場を守るために、

「うちに来てほしい」だなんて言って、

女を使って言い寄ってきたり、


甘い言葉を餌に心をつかんでおいて、

面倒になったら自分の都合で180度態度を変えてきたり、


女ってなんなの?

みんなサイコパスなの?


それとも私が食い物にしやすいから、

そんなのばかりが寄ってくるだけか。


きっとそうなのだろう。

 

私が奇跡の人だから、

救いを求めて言い寄ってくる。

哀れなストレイシープたちが、

 

私が差し出す「愛」に、

女としての自尊感情が満たされて、

意気揚々と去っていく。

 

私に残るのは、

使い古した靴底のように、

不恰好に磨り減った心だけ、

 

なんだこれは、

人助けか。

私の恋って人助けなのか。


もう奇跡なんていらない。

普通の幸せがほしい。