30代童貞こじらせ男の記録

散りゆくままに、徒然と、

生きるということ

f:id:tureture30:20180718134056j:image

 

命をどう使うかは自分次第、

気がつかぬまま死に向かって歩みを進めている。

 

それと向き合った時に、

平静を保てるか。

それは日々の生き方によって決まる。

 

毎日、命を燃やしていれば、

それは日々死と向き合っている証拠、

一つの真理、

 

悔いのない人生は、

悔いのない日々の積み重ね、

 

しかし、立ち止まって見る景色の中にも

生の実感は満ち溢れている。

 

大事なことは自分の時間を生きていること、

その実感があるかどうか。

誰しもが生き方を選択できる。

 

その積み重ねだけが自分の人生、

 

例え手足を縛られていても、

自分らしく生きたい。