嫉妬

f:id:tureture30:20180918073430j:image

 

自分が幸せであれば、

周りの幸せなど気にならない。


毎日がたまらなく充実していれば、

人を羨むことなどない。


幸せになりたいと願っていること自体が、

満たされていない確かな証拠、


人は一点の曇りがあるだけで、

全てにおいて自分を否定してしまう。


誰しも嫌いな自分は必ずいる。

嫌いな自分を他の誰よりも知っている。


それだから、

「この悩みが解消すれば、どれだけ生きやすいことか。」

と、悩みにばかり目を向けてしまう。


しかし、

それを包み込むだけの幸せは自分の中にあるのかもしれない。


無いのものを嘆くよりも、

有るものに目を向けて、

それが有ることのありがたみを噛み締めたい。


人には人の幸せがあり、

自分には自分の幸せがある。

 


自分らしさの発揮、

それを自然とできる人は嫉妬などしないはず、


最後に幸せになれば、

眠れない夜も良い思い出に変わる。