あなたにとっての素敵な人

f:id:tureture30:20181210072214j:image


相手に対する気持ちの振れ幅の大きさが、

「好き」という証明、


嫌でも相手に期待してしまう。

その期待が大きければ大きいほど、

不安やもどかしさが大きくなる。


一挙手一投足に振り回されて、

自分らしさを失ってしまう。


自分を見失った状態で、

いくら条件の良い素敵な人と思っても、

盲目なのだから、

自分にとって本当に素敵かどうかわからない。


「自分を殺す恋愛をするくらいなら一人で良い」


そう思えた時に初めて、

本当に素敵な相手と巡り会えるのかもしれない。


人は自分と釣り合いの取れる相手を求めるもの、


見失った自分と釣り合いの取れる相手など、

自分を取り戻した時に幻滅してしまう。


背伸びして釣り合いの取れる相手といたら、

背伸びすることに疲れてしまう。


まずは自分らしさを見つけること、

それを土台にして生きること、

そうすれば自分にとっての素敵な人に気がつけるはず、


自分らしく生きる中で、

その人に会えた時、

居心地の良さと尊敬の念が生まれれば、

きっとその人があなたにとっての素敵な人、


恋は盲目、

好きになった方が負け、

イムリミットもあるかもしれない。


でも、目的は子供でも安定した生活でもない。

死ぬまで自分らしく寄り添える伴侶を得ること、

 

そのことだけは忘れずにいたい。