婚活というもの

f:id:tureture30:20190731064312j:image

 

脱力感がつよい。

抑うつ状態と言ってもいいのかもしれない。

手足が重くて動くのも億劫だ。

 

ストレスからか胃腸の調子まで悪い。

手先が痺れる。

自律神経がバカになっているのだろう。


「指先から始まる恋」


はじめは抵抗があった。

条件で選んで選ばれる。

気に入らなければ簡単にさようなら、


「不誠実な出会い」


そう思っていた。

だけれどもすっかりそれに染まってしまった。


今や7人と同時にやり取りをしている。

もはや誰とどんなやり取りをしたか。

履歴を振り返らないとわからない。


そんな心のこもっていない文章のやり取りを繰り返して、

その末に「とりあえず会ってみる」

そして気に入らなければさようなら、


そういうもの、


本気になるのは危険、

多くの人は「恋愛」をしたいのではなくて、

「結婚」をしたいのだ。


だから割り切って接しないと、

「危険」なのだ。


婚活市場は戦場、

女性はパートナー候補ではない。

獲物でありハンター、


そしてそれはお互い様、

きっとそういうもの、


戦場に出る覚悟もなく、

婚活市場に出るからこういうことになる。


「遊びではない」


仕留めたと思って近づいて、

油断していると返り討ち、

こっちが仕留められてしまう。


仕留められたらあとは相手の思うがまま、

進むのもよし、捨てるのもよし、


か弱い女性なんてものは、

婚活市場に出てこないのだ。

出てきてもすぐに淘汰されてしまう。


プロフィールが薄っぺらいと、

よほどの美人しか相手にされない。

やり取りが始まっても、

面白みがなければすぐに途切れてしまう。


男なんてもっとシビア、


彼女たちはハンターなのだ。

そう思って接しないといけない。


もはや心など許せるはずがないな。

こじらせ要素がまた一つ増えた。


こうしてどんどん結婚が遠のくのだ。


「気のあるふり」


あんな演技を見せつけられたら、

何を信じればいいのだろう。


不器用で真っ直ぐで誠実で、

気持ちがわかりやすくて、

一途に好きになってくれる。

 

私の重たい愛情と釣り合いの取れる、

そんな人と出会いたい。


私は「婚活」というステージに上がれていない。

きっと「恋愛」がしたいのだ。


その先に「結婚」があればいい。

「結婚」を目的とした出会いはもうたくさん、


久保建英くんみたいに、

しっかりと地に足つけて、

2部リーグからやったほうがいいのだろう。


ちゃんとお互いが好きになる。

そういうところからはじめたい。


そうじゃないと、

心が明後日の方向に進んでしまうから、

虚しさばかりが募る。

 

「もう恋なんてしないなんて、

言わないよ絶対」

 

この歳にもなって恥ずかしいけれど、

私は恋がしたいのだ。