バカッター問題

f:id:tureture30:20190213073035j:image


芸能人は因果な商売、

プライベートを切り売りしないと食べていけない。


一般人も好きでそうなってしまったのかな。

SNSで拡散して注目される。


「こんな事ができる俺すげーだろ」

「こんな特別な経験をした私すごいでしょ」


生活が満たされないからって、

そこに自分の存在価値を見出そうとする。

(ブログも同じだけれども)


そこで認められてしまうと中毒症状と同じ、

もっともっと注目されたい。

もっともっと私のことを見て、


一線を越えることに対する敷居が低くなって、

気がつくと後戻りできなくなっている。


制裁する側も同じ、

信用はコスト、

自分が安心・安全に過ごすために、

制約を課して社会にコストを支払って守られる。


だからルールを守らないのに、

社会から守られるタダ乗りのフリーライダーが許せない。


「自分はルールを守って生きているのに」

「ルールを守らないやつは爪弾きにされるべき」

「自分の正義を示したい」


制裁を加えることで、

自分の生き方を肯定したがる。


そりゃあそうだ。

ルールを守っていることが馬鹿らしくなるから、

それが秩序というもの、


メディアや被害者は、

再発防止を謳って見せしめに躍起、


そりゃあそうだ。

理不尽にこんな通り魔みたいなのに看板に傷をつけられたら、

たまったものではない。


実害を受けた人は、

とことん権利を主張すればいい。

それが法治国家なのだから、


でも、こうやってみんなで爪弾きにして、

二度と立ち直れなくなっても、

日本の社会保障は手厚いもので、

みんなが食わせていくことになる。


そうやって爪弾きにされた人たちで、

反社会的な徒党を組んで、

より大きな被害が生まれることもある。


いくらダメだとわかっていても、

気質的にバカなことをやめられないバカっているもので、

それが個性であり時には人気を集めたりもする。


「ルールを守らないと社会的に抹殺されますよ」

それでは自由なようで不自由、


「許せない。許せない。どうしても許せない」

「何が許せないって?」

「ルールを守っている自分が損することが許せない」

「でも結局は許せないことで損をしているみたいだよ」


いつだってそう。


何も悪いことをしていないのに、

「許すことをできない人」が自分で勝手に醜くなって一番損をする。


許容できないものには必要以上に関わらない。

結局それが一番損をしないのかもしれない。