活字の海に溺れる

f:id:tureture30:20190219070537j:image

 

今年に入ってから2ヶ月もしないのに14冊も本を読んでいる。

昨年1年間で35冊だった私にしては驚異的なペース、


そういう時期なのだろう。

どこかに答えがないか探している。

答えはなくてもヒントになる何かがないか、


一度読んだものを読み返していることが多い。

特に村上春樹さん、


デビュー作の『風の歌を聴け』から読み直して、

羊をめぐる冒険』が終わったところ、


ちょうど全てを失って、

これから時間をかけて徐々に取り戻す。

一つでも間違ってはならない。

正しいステップを踏み続けることに夢中になって、


活字はそこにあり続けているのに、

受け取る側が変わるとこんなにも意味が違って見えてくる。


環境や性格や性質、

立場や年齢で、

意味のなかった言葉に意味があるように見えてくる。

逆も然り、


スマホをいじっては活字、

スマホを離れても活字、

風呂に入っていても活字、

寝る前も活字、


活字、活字、活字、

勝地涼前田敦子と結婚…


自分からそう仕向けているのだけれども、

なんだか活字に囲まれて生きている。


言語優位な人間なので、

おそらくそこに何かを見つけたがっているのだけれど、

溺れてしまう前に手立てを考えないといけないな。


風景だって写真だって、

何かを訴えかけているし、

人とのふれあいの中に答えがあることは多い。

 

そっちの方が今の悩みには望ましいのだろうな。

そう感じている。


行動から心を裏読みしないこと、

女性と心を通わせること、

些細な前進に喜びを感じること、


細かな課題は多い。

考えすぎるからいけない。


チャラ男でも目指すとするか。


「きみ、きゃわうぃーねー」


もはや私ではないな。

でも心が死んでしまうよりはマシか。

 

 

昨日の記事ははてなブックマークに掲載されたみたいですね。

みなさんに10もブックマークをつけていただき、

普段の3倍ほどアクセスがありました。


実は昨日の写真は自分で撮ったやつなのです。

よく撮れました。話題のiPhone恐るべし、


いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。